JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

寝耳に水の土地問題が起こりました。法律事務所から、いきなり書類が送られてきました。内容は、私の祖母名義の土地があり、

質問者の質問

寝耳に水の土地問題が起こ りました。法律事務所から、いきなり書類が送られてきました。内容は、私の祖母名義の土地があり、祖母の養子になっていた私の父が亡くなっているので、母と、私たち兄弟に土地所有移転の委任状等、数枚の書類です。その数枚の書類に、実印を押して、印鑑証明を2枚つけて送り返して欲しい との内容で、送り返さない場合には、訴訟を起こし、私たちにも迷惑を掛ける事になる と書いてありました。その土地は、もう一人の相続人である祖母の弟の係累が、使用しているらしく、固定資産税を払い、権利書も所有されているそうです。昭和9年に祖母の土地になり、昭和35年に祖母は亡くなっていますし、いろいろな事情で、現在所有している相続人は、私たち兄弟にとって 会った事も聞いたこともない見ず知らずの人達です。もちろん、土地の権利を主張するつもりもありません。
お聞きしたいのは、
①法律事務所からの説明文は、なんとなく感じが悪く、最後の訴訟を起こす の件は、脅迫か?と思わせるよ うな文面です、相続人からの直接の依頼でもその前にあれば、又は、手紙でも同封されていれば気分が違 うと思いますが、気持ちよく捺印できません、送り返さなければどうなりますか?
②印鑑証明にもお金がかかりますが、私たちが払わないといけないのでしょうか?
です。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です 。
わかり易い回答を心掛けておりますが、分からない点がございましたらお気軽にご質問ください。
お力になれましたら幸いです。

登記をし忘れた結果、今になってあわてて関係人から書類を取りつけているケースですね。
①及び②について回答させていただきます。
>①法律事務所からの説明文は、なんとなく感じが悪く、最後の訴訟を起こす の件は、脅迫か?と思わせるよ うな文面です、相続人からの直 接の依頼でもその前にあれば、又は、手紙でも同封されていれば気分が違 うと思いますが、気持ちよく捺印できません、送り返さなければどうなりますか?
→お気持ちは非常によくわかります。ただ訴訟を起こすという文面は法律事務所特有の常套句だと思ってください。本心はお話合いで解決したいけども、ごねるようだったら裁判で決着付けますよ。だから協力してください。くらいのイメージです。
このまま捺印して返して頂いてもいいですが、その法律事務所に電話していただき、事情を担当弁護士ないし事務員から聞かれてもよろしいかと存じます。
なお、そのまま放置すると文字通り裁判を起こされるでしょう。
ちなみにこの裁判は民事訴訟と呼ばれるもので、悪いことをしたから訴えられるものではありません。お話合いで解決しない場合の紛争の解決のための手段です。

②印鑑証明にもお金がかかりますが、私たちが払わないといけないのでしょうか?
です。よろしくお願いします。
→この点は交渉です。
向こうもできれば裁判をしたくないのが本心です(時間や費用がかかるため)。ですので、協力はするけどわざわざ時間割いて(場合によっては仕事を休んで)印鑑証明書を取りに行くんだから、印鑑証明書代にプラス1-3万円くらいは出ないんですかと聞かれてもいいです。相手方が話のわかる方ならそのくらいならばと言って応じてくれる時もあります。(もちろんそんなお金一切払わないですよと逆の事を言ってくる場合もあります。)
ですが、向こうは裁判をせず終わらせたいと思っていますから、あちらの言い分をすべて鵜呑みにするのではなくこちらの希望は全て言ってください。いくら弁護士が付いているとはいえ誰かわからない人に印鑑証明書は簡単には渡したくないですよね。
悪いことをしているわけではありませんので、そういう心持ちで交渉していただいても構わないということです。
gyoenlegalをはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

わかりやすく教えていただきまして、ありがとうございました。姉と私と母は、その気になれば捺印して送り返せますが、兄達とは疎遠で、どうするかわかりません。私たちだけでも 返送すればいいのでしょうね、でも、昨日、印鑑証明を取りに行ったひとり暮らしの母が自転車で、転倒し、入院してしまい、ますます気分が硬化してしまいました。
また、質問です


①訴訟になった場合、私たちに裁判所から出頭命令が来るのですか?そし      て、行かなかった場合はどうなるのでしょうか?


②捺印する書類の中に、登記原因証明情報 というのがあって、昭和30年に本件の土地が祖母から相続人に移転した との旨を確認する書類があるのですが、私は、昭和33年生まれですのでその時点で生まれていません


それでも 捺印すべきでしょうか?


何度も質問してすいません


 


 


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。
不明点がなくなるまで何なりとご質問下さい ね。

①訴訟になった場合、私たちに裁判所から出頭命令が来るのですか?そして、行かなかった場合はどうなるのでしょうか?
→訴訟を起こされた場合、裁判所から訴状といついつに裁判がありますので来てくださいという旨の期日呼出状という書類が届きます。
行かなかった場合は、相手方の主張をすべて認めたという取扱いになり、相手方の勝訴判決が出ます。
相手方はその勝訴判決をもとに単独で(ご質問者様達の協力なく)登記申請を行い、祖母の名義から相手方へ登記名義の変更を行います。

②捺印する書類の中に、登記原因証明情報 というのがあって、昭和30年に本件の土地が祖母から相続人に移転した との旨を確認する書類があるのですが、私は、昭和33年生まれですのでその時点で生まれていません
それでも 捺印すべきでしょうか?
→登記原因証明情報の記載を見ないと何とも言えませんが、おそらく昭和30年に祖母の土地の名義を相手方に移さなければいけなかったのに、登記をし忘れてしまったのだと思います。登記のし忘れであれば、当事者双方が協力して印鑑を押せば登記は変更できますが、今回当事者である祖母が亡くなっていらっしゃるので、その権利を承継しているご質問者様に協力してくださいという話が来ているものと推測されます。
ですので、あーなるほどなと思えば捺印すればいいでしょうし、何で一銭ももらえないのに協力しなければいけないの。祖母名義なんだから私たちも権利があるよねと拒絶することもそれは構いません。
そこはみなさまのお考えいかんによります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。知り合いに詳しい方がおらず姉と困っていましたが、わかりやすく親身になって解答下さり 感謝いたします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ありがたいお言葉ありがとうございます。
弁護士さんに電話するのは少々怖いかもしれませんが、向こうも決して敵対しようとは思っていませんので、お電話できるようであればしてみてください。

今後何かわからない点がありましたら、引き続き相談に乗りますので何なりとご質問ください。

相続・事業承継 についての関連する質問