JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

gyoenlegalに今すぐ質問する

gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

お祖父さんが死んで父の兄弟4人で相続すべきなのですが、もめてそのままになしてる。 年月が経ち、兄弟2人が死亡。残り

解決済みの質問:

お祖父さんが死んで父の兄弟4人で相続すべきなのですが、もめてそのままになしてる。
年月が経ち、兄弟2人が死亡。残りは姉妹で1人は嫁いでます。
もう1人の方が相続する予定です。
この場合どんな書類が必要ですか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
わかり易い回答を心掛けておりますが、ご不明点がございましたらお気軽にご質問ください。
お力になれれば幸いです。

「この場合どんな書類が必要ですか。」とのことですが、お祖父さん名義の不動産がありそれをお祖父さんのお子さんの1人の名義にするにはどういった書類が必要なのかと言うことでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

大筋は、「お祖父さん名義の不動産がありそれをお祖父さんのお子さんの1人の名義にするにはどういった書類が必要か」です。宜しくお願いします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

もう一点確認させていただけますか?
「父の兄弟4人で相続すべきなのですが、もめてそのままになしてる。年月が経ち、兄弟2人が死亡。残りは姉妹で1人は嫁いでます。」とのことですが、
お祖父さんのお子さんは、
1.兄(死亡)
2.弟(死亡)
3.ご質問者さまのお父さん(健在)
4.姉(健在)
5.妹(健在・嫁いでいる)
の5人で今回は「3.ご質問者さまのお父さん」が相続されるということでよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

3.ご質問者さまのお父さん(健在)で無く


1.兄(死亡)の長男か質問者です。


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

大変失礼いたしました。

1.兄(死亡・ご質問者様のお父様):A
2.弟(死亡):B
3.姉(健在・今回相続される方):C
4.妹(健在・嫁いでいらっしゃる方):D
という前提で、Cの方がご自身でC名義を移すために必要な書類を回答させていただきます(便宜アルファベットを振ります)。

・遺産分割協議書
→A相続人全員、B相続人全員、C、Dで協議していただきます。
お祖父さんの不動産をCがという内容にして頂いて、A相続人全員、B相続人全員、C、Dの実印を押してください。

・戸籍謄本
→今回お亡くなりになっている方全員の出生にさかのぼるまでの戸籍謄本(除籍謄本)が必要になります。具体的言うとお祖父様、A、Bです。
また、ご健在の方(A相続人、B相続人、C、D)の現在の戸籍謄本も必要になります。

・相続関係説明図
→今回のお亡くなりになった方や遺産分割協議を行っていただいた方の関係性を図で示して頂きます。家系図よりも簡易な記載で結構です。

・印鑑証明書
→遺産分割協議書に押印した方全員のが必要になります。
具体的に言うとA相続人全員、B相続人全員、C、Dの方のが必要になります。

・住民票
→不動産を取得される方のが必要になります。
具体的に言うとCの方のが必要になります。

・戸籍の附表又は住民票の除票
→お祖父様の登記簿上の住所と亡くなった際 の住所地が異なっている場合、お祖父様の戸籍の附表又は住民票の除票が必要となります。

・固定資産税の評価証明書
→登録免許税算定のために必要です。不動産を管轄している役所の固定資産税課で手数料を払えば相続人であれば交付してもらえます。その際相続人であることを証明する書類(戸籍謄本・身分証明書)が必要です。

・登記申請書
→ひな形は法務局でもらえます。今回はCの方の印鑑を登記申請書に押して、上記の書類と一緒に法務局に提出していただくことになります

遺産分割協議書、相続関係説明図の具体的な記載例などは法務局に行けば相談に乗ってもらえます(無料)。
また、遺産分割協議書、戸籍や住民票は原本の還付ができますが、サイト上で説明するのが難しいのでその方法も申請前に法務局の相談窓口で聞いていただければと思います。

なお、今回の相続登記は不動産を管轄している法務局に申請してください。
京都地方法務局の管轄一覧を下記にあげておきますので、URLをコピーしてご参照ください。
http://houmukyoku.moj.go.jp/kyoto/table/shikyokutou/all.html

また登記には登録免許税という税金がかかります。
固定資産税の評価証明書に物件の評価額が載っており、今回の場合は、評価額×1000分4を収入印紙で納付していたくことになります(収入印紙は法務局でも買えます)。

その他わからない点がございましたら、お気軽にご質問下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

A相続人全員、B相続人全員とは子供のみですか


 


今回お亡くなりになっている方全員の出生にさかのぼるまでの戸籍謄本(除籍謄本)が必要になります。具体的言うとお祖父様、A、Bです。


A、Bはお祖父さんの場所が本籍地です。


これで出生にさかのぼるまでの戸籍謄本(除籍謄本)になりますか。


お祖父さんは明治生まれです。


お祖父さんの生まれた本籍地が定かで無い。


知っている方がいない。


忘れていた事が有ります。お祖父さんが死亡した時、お祖母さんが存命でした。1ヶ月後、死亡しました。


お祖母さんも出生にさかのぼるまでの戸籍謄本(除籍謄本)が必要ですか。


 また、戦争で役所に残って無い時はどうなりますか。


 順次質問します。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
>A相続人全員、B相続人全員とは子供のみですか
→ お祖父さん⇒A,Bさんの順番でなくなった場合(数次相続と言います)はA,Bのお子さんだけでなく、A、Bの配偶者もA,Bの権利を承継しますので、お祖父さんの遺産分割協議に加わります。

>今回お亡くなりになっている方全員の出生にさかのぼるまでの戸籍謄本(除籍謄本)が必要になります。具体的言うとお祖父様、A、Bです。
A、Bはお祖父さんの場所が本籍地です。
これで出生にさかのぼるまでの戸籍謄本(除籍謄本)になりますか。
→そうです。本籍地を管轄している役所の戸籍課に行っていただき、出生にさかのぼる戸籍すべてくださいと言えば戸籍課の人はわかってくれます。

>お祖父さんは明治生まれで す。
お祖父さんの生まれた本籍地が定かで無い。
知っている方がいない。
→戸籍を遡って行けばどこにもともと本籍があったのかの記載が必ずありますのでご安心ください。

>忘れていた事が有ります。お祖父さんが死亡した時、お祖母さんが存命でした。1ヶ月後、死亡しました。
お祖母さんも出生にさかのぼるまでの戸籍謄本(除籍謄本)が必要ですか。
→お祖父さんの相続人に該当しますので必要です。

>また、戦争で役所に残って無い時はどうなりますか。
→その際は戦災により焼失という役所からの証明が出ますので、それを法務局には提出します。

 順次質問します。
→サイトの規定では当初の質問に満足頂いたらそこで評価を頂くことになります。もし当初の質問とまったく異なる質問の場合は新しい質問をしてください。今回は付随する質問として回答いたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

>A相続人全員、B相続人全員とは子供のみですか
→ お祖父さん⇒A,Bさんの順番でなくなった場合(数次相続と言います)はA,Bのお子さんだけでなく、A、Bの配偶者もA,Bの権利を承継しますので、お祖父さんの遺産分割協議に加わります。


上記に付いて、Aの配偶者死亡、Bの配偶者健在です。


 


Aの配偶者死亡、出生にさかのぼるまでの戸籍謄本(除籍謄本)が必要になりますか。


Bの配偶者健在、戸籍謄本だけですか。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
>A相続人全員、B相続人全員とは子供のみで すか
→ お祖父さん⇒A,Bさんの順番でなくなった場合(数次相続と言います)はA,Bのお子さんだけでなく、A、Bの配偶者もA,Bの権利を承継しますので、お祖父さんの遺産分割協議に加わります。

上記に付いて、Aの配偶者死亡、Bの配偶者健在です。

Aの配偶者死亡、出生にさかのぼるまでの戸籍謄本(除籍謄本)が必要になりますか。

Bの配偶者健在、戸籍謄本だけですか。
→であれば遺産分割協議にはBの配偶者は加わっていただきます。
Aの配偶者がAより後に亡くなっていらっしゃればAの配偶者分の出生にさかのぼるまでの戸籍は必要になります。
Bの配偶者は現在の戸籍謄本で足ります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お祖父さんが死亡後、時系列順に死亡した相続人の戸籍謄本(除籍謄本)が必要と言う事ですね。


遺産分割協議書とは、


お祖父さんの不動産をCさんへ名義変更に異議ありません。


相続人の全ての住所・氏名・続柄・実印を押してもらう。


健在の方の戸籍謄本と印鑑証明が必要ですね。


上記の内容で宜しいですか。


役所の書類は有効期限が有ったと思います。


有効期限が切れ書類は使用出来ますか。


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
お祖父さんが死亡後、時系列順に死亡した相続人の戸籍謄本(除籍謄本)が必要と言う事ですね。
→その通りです。

遺産分割協議書とは、お祖父さんの不動産をCさんへ名義変更に異議ありません。
相続人の全ての住所・氏名・続柄・実印を押してもらう。
健在の方の戸籍謄本と印鑑証明が必要ですね。
上記の内容で宜しいですか。
→その通りです。そして不動産を取得されるCさんはその書類以外に住民票が必要 になります

役所の書類は有効期限が有ったと思います。
有効期限が切れ書類は使用出来ますか。
→不動産登記の中には確かに有効期限のある書類もありますが、相続登記では有効期限の心配はいりません。
但し戸籍謄本の発行日には注意が必要です。
被相続人や相続人の戸籍謄本については、相続が開始した後に取得したもので無ければなりません。これは、相続が開始した時点で、法的に有効な相続人であることを明らかにするためです。
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 485
経験: 中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
gyoenlegalをはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
< 前へ | 次へ >
  • ありがとうございました。とてもわかり易く説明してくれました。 東京都在住
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • shihoushoshi

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    8
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    8
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/BO/bonnofp/2011-5-22_1335_IMGP0066.64x64.JPG bonno-fp さんのアバター

    bonno-fp

    1級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    4
    ファイナンシャルプランナーCFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャル・プラニング技能士(資産設計提案業務)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/IC/ichinomiyacpta/2012-3-14_23516_240315jibun.64x64.JPG ichinomiya-cpta さんのアバター

    ichinomiya-cpta

    税理士

    満足した利用者:

    2
    昭和52年 名古屋国税局平成21年 半田税務署総務課長で退官平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/07/07kazun/2011-10-1_43321_005.64x64.JPG 07kazun さんのアバター

    07kazun

    公認会計士

    満足した利用者:

    2
    大手監査法人退職後、独立開業中。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    2級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    21
    都留文科大学卒業後企業に就職、経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
  • /img/opt/shirt.png fplawyer さんのアバター

    fplawyer

    1級FP技能士・CFP・弁護士

    満足した利用者:

    12
    弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    1級ファイナンシャル・プランナー

    満足した利用者:

    12
    独立系FP事務所
 
 
 

相続・事業承継 についての関連する質問