JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

ご相談です。 娘が3年前他界致しました(享年33歳)!その際預金及び保険金を残しました その場合の相続税というの

解決済みの質問:

ご相談です。
娘が3年前他界致しました(享年33歳)!その際預金及び保険金を残しました
その場合の相続税というのはかかるのでしょうか?
内容は、郵便定期 4,540,000 郵便普通 67,000 銀行預金 2,240,000
生命保険(死亡保険) 3,500,000 と 360,000 全労災(死亡保険)716,000

ちなみに家族は 私 (父親)と妻(母親) すでに結婚している娘(次女)がいます
遺産分配を含めてアドバイスを頂ければありがたいです
よろしくお願いいたします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
わかり易い回答を心掛けておりますが、ご不明点がございましたらお気軽にご質問ください。
お力になれれば幸いです。

一点確認させてください。
娘様は配偶者もお子様もいらっしゃらなかったということでよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
遅くなりました!
娘は配偶者がいて、子供も二人います 
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

「その場合の相続税というのはかかるのでしょうか?」について一般的な回答させていただきます。
相続税を計算する場合に必ず行うのが基礎控除です。基礎控除の額は、
5,000万円+(1,000万円×法定相続人数)
で算出されます。
本件の場合に落とし込むと、相続人が配偶者と子ども2人になりますので、基礎控除の額は、
5,000万円+(1,000万円×3人)=8,000万円
となり、この金額が相続対象財産から差し引かれます。
相続対象財産の全額が基礎控除を下回ることになれば、相続税はかからないことになりますが、本件は相続税の対象財産が約1,150万円ほどになりますので、この計算でいけばかからないことになります。

※ただし、最終的には課税当局が判断を出しますので、税務署に必ずご確認くださいね。

「遺産分配を含めてアドバイスを頂ければありがたいです」とのことですが、具体的にはどのようなことがお知りになりたいでしょうか?

また、生命保険金は受取人が受け取っていると思いますが、それ以外の金銭は娘様の銀行預金になっているのでしょうか?現在も銀行預金は凍結されている状態ですか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
質問された内容について、当職からの回答に納得頂けましたら評価を頂けますと幸いです。

なおわからない点がございましたら、補充説明をさせていただきますので、評価をされずにお気軽にご返信ください。
宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 4 年 前.
返 信が遅れまして申し訳御座いませんでした!
実は回答機能が遅れないトラブルが発生し、動きませんでした。
今日は大丈夫そうです!!

ご回答いただいた件、実は私の問い合わせの仕方が不十分で
誤解を与えてしまいました。
亡くなったのは長女(被相続人)で、独身で配偶者も子供もいません。
ですから、私たち両親とすでに嫁いだ次女(これが結婚しています)
両親がいる場合は兄弟には相続権が無い、ということはわかりました。
それでよろしいでしょうか!

それから私たち夫婦(両親)が相続を受け取る場合、ご回答いただいた
ように5,000万+法廷相続人数(今回は2人になるのでしょうか)の範囲
内ですの金額は問題ないと思いますが、分配金額は平等に分けるべきか、
または たとえばどちらかが800万円と300万円のように分けても問題は
無いのでしょうか?
一度口座に入ってしまえば、その後に金額を移した場合は贈与になって
しまうのでしょうか?
細かいことですが、まったくわからないものですからお手間でしょうが
ご回答を頂ければありがたく思います。

よろしくお願いいたします
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。
回答させていただきます。

>亡くなったのは長女(被相続人)で、独身で配偶者も子供もいません。
ですから、私たち両親とす でに嫁いだ次女(これが結婚しています)
両親がいる場合は兄弟には相続権が無い、ということはわかりました。
それでよろしいでしょうか!
→その理解で結構です。

>それから私たち夫婦(両親)が相続を受け取る場合、ご回答いただいた
ように5,000万+法廷相続人数(今回は2人になるのでしょうか)の範囲
内ですの金額は問題ないと思いますが、分配金額は平等に分けるべきか、
または たとえばどちらかが800万円と300万円のように分けても問題は
無いのでしょうか?
→どちらの分け方でも問題ありません。

>一度口座に入ってしまえば、その後に金額を移した場合は贈与になって
しまうのでしょうか?
→遺産分割協議に沿って分けた後にお金を渡していれば厳密に言えば贈与です。ただし、夫婦は相互に扶養義務があり、生活に必要な最小限の金品を出し合うことは、税法上の贈与には当たりません。
【国税庁 贈与税がかからない場合】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
質問された内容について、当職からの回答に満足頂けましたら評価を頂けますと幸いです。

なおわからない点がございましたら、補充説明をさせていただきますので、お気軽にご返信ください。
宜しくお願い申し上げます。
gyoenlegalをはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中

相続・事業承継 についての関連する質問