JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

以下の資産を1名で父から相続しました。母は他界、相続は私一人。 金融資産 5000万 借地権  6000万 債

解決済みの質問:

以下の資産を1名で父から相続しました。母は他界、相続は私一人。
金融資産 5000万
借地権  6000万
債権 (個人への貸付金)1000万

債権(貸付金)は差押をしており、毎月(年60万)返済されてますが、相手が近々定年で年金生活となり差押が不可能となります。他にめぼしい資産はありません。定年までには完済は無理で相当額が残ります。

そこで相談です。
1、この債権を相続して相続税を払っても全額は回収できない。相続税の方が多くなるならこの債権を放棄したほうが損得で言えば得となるか、それは可能か?
2、仮に債権を放棄した場合、現在の給与の差し押さえは終了となるか、その手続きは誰が先方に伝えるか?

以上よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
司法書士です。
分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

確認させてください。

1、この債権を相続して相続税を払っても全額は回収できない。相続税の方が多くなるならこの債権を放棄したほうが損得で言えば得となるか、それは可能か?
→この債権部分のみ相続放棄をしたいということでしょうか?それとも相続したうえで放棄をするということでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

どちらが有利ですか


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

①この債権部分のみ相続放棄をしたいということでしょうか?
→相続財産の一部放棄は法律上認められません。

②それとも相続したうえで放棄をするということでしょうか?
→いったん相続をして債権放棄しますので、定年までの分が入ってこなく なるうえに相続財産として計上することになります。

まとめると、①は法律上不可能であり、②にしても相続財産に計上しますので、財産として評価されればその分の相続税を支払わないようにするのは原則できません。
この債権につき、相続財産として計上したくなかった場合は、通常生前に債権放棄をして相続対策をしますが、行っていないため相続財産として計上せざるを得ません。

しかし、貸倒債権につき、財産評価基本通達205には次のように記載されています。

「前項の定めにより貸付金債権等の評価を行う場合において、その債権金額の全部又は一部が、 課税時期において次に掲げる金額に該当するとき その他その回収が不可能又は著しく困難であると見込まれるときにおいては、 それらの金額は元本の価額に算入しない。」

という通達がありますので、そもそも回収見込みがない貸付金は、相続財産とならないということになります。

ではこの貸付金が相続財産として計上しない債権か否かは、法律の専門家ではなく税の専門家である税理士さんに具体的に確認ください。

税理士さんから計上不要と言われれば、この分の相続税はかからないですよね。

もうひとつの質問ですが、
2、仮に債権を放棄した場合、現在の給与の差し押さえは終了となるか、その手続きは誰が先方に伝えるか?
→ご質問者様が裁判所に債権差押えの取り下げの手続きを行います。取り下げを行えば裁判所からその方の勤務先にもう給与の差押えをしないでくださいという通知が行きます。

わからない点がありましたら、当職への評価の前に必ずご返信ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

わかりやすくご回答ありがとうございます。


更に質問ですが


 


1の税理士さんが回収の見込みなしと判断した場合に、債権をそのまま放置しておき、時々預金等を差し押さえることは可能ですか?その回収した金額は相続税の対象となりますが、相続税の修正をすることになりますか?


 


2の質問です。、債権放棄だけして裁判所に取り下げをしないことはできないのでしょうね。何となく債務者の逃げ得のような気がします


 


これから外出しますので返信は遅くなります。よろしくお願いいたします。


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

遅くなりました。
回答させて頂きます。

1の税理士さんが回収の見込みなしと判断した場合に、債権をそのまま放置しておき、時々預金等を差し押さえることは可能ですか?
→債権放棄をしていないのであれば法的には可能です。

>その回収した金額は相続税の対象となりますが、相続税の修正をすることになりますか?
→この点は相続税をどう申告したかによって変わってくると思いますので、詳しくは税理士さんにお尋ね頂ければと思います。

2の質問です。、債権放棄だけして裁判所に取り下げをしないことはできないのでしょうね。何となく債務者の逃げ得のような気がします
→補足しますと債権放棄をしたのちに裁判所の取り下げを行っていただきますので、債権放棄だけして取り下げないことはできません。なお、給与差し押さえができなくなったら、年金が入ってくる口座が分かればその口座の債権執行を検討すべきかと存じます。


その他わからない点がございましたら、補充いたしますので当職への評価の前にご返信ください。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
司法書士のgyoenlegalです。
回答についてご理解いただけましたでしょうか?
質問された内容について当職からの回答に満足頂けましたら評価を頂けますと幸いです。

なおわからない点がございましたら、補充説明をさせていただきますので、お気軽にご返信ください。
宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


差押に関して質問です。


 


1、具体的に相手の口座を探す方法、期間、費用はどれぐらいかかりますか?(裁判所の費用等も含めて)


 


2、口座を変更された場合はいたちごっこですね。


 


3、年金のお金を差し押さえた場合、それが証明された場合は返金しなければなりませんか?年金は差し押さえできないと聞いております。


 


 


以上よろしくお願いいたします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
お答えいたします。

1、具体的に相手の口座を探す方法、期間、費用はどれぐらいかかりますか?(裁判所の費用等も含めて)
→債務名義があるようでしたら差押え自体に時間はほとんどかかりません。
費用も専門家の報酬を抜きにすれば1回1万円ほどです(印紙代+切手)。

しかし口座を探し出す時間は事案によってかなり変わります。だいたいの見当がついていればいいのですが、どこに口座を持っているかは弁護士・司法書士で もなかなかわかりません。最終手段としてその方の住んでいる周りの金融機関を口座あるないにかかわらず手当たり次第差し押さえたりします。

2、口座を変更された場合はいたちごっこですね。
→そのとおりです。


3、年金のお金を差し押さえた場合、それが証明された場合は返金しなければなりませんか?年金は差し押さえできないと聞いております。
→年金自体の差押えは確かにダメです。しかし年金の入ってくる口座自体の差押え自体は可能です。ただし、ご質問の通りその年金がなければ生活ができないレベルであれば返金せざるを得ません。

その他わからないことがあればご質問ください。
gyoenlegalをはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中

相続・事業承継 についての関連する質問