JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tatsunoko1952に今すぐ質問する
tatsunoko1952
tatsunoko1952, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 34
経験:  1974年大学卒業後商社入社。2012年3月末退職
65459328
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
tatsunoko1952がオンラインで質問受付中

父は9人兄弟の末っ子で家と土地を相続しました。 しかし、父の兄が、土地の半分を他の兄弟には相続の権利放棄の書類とは

質問者の質問

父は9人兄弟の末っ子で家と土地を相続しました。
しかし、父の兄が、土地の半分を他の兄弟には相続の権利放棄の書類とは説明せずに
名前と印鑑を取り、勝手におじの会社名義の土地にしてしまいました。
この場合、土地は取り返せるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  tatsunoko1952 返答済み 5 年 前.

ご質問有難うございます。

 

相続人には民法で「遺留分」という権利があり、最低限の財産相続をする権利が保証されています。現状では遺留分割合は以下の様になっています。

①配偶者は法定相続分(1/2)の1/2、つまり1/4が遺留分となる。

②子供は法定相続分(1/2)の1/2、つまり1/4が遺留分となります。子供が9人いるという

  事は一人当たりで計算すると、法定相続分は1/18、遺留は1/36となります。

相続財産の合計額は文面から判読出来ませんが、仮に土地を含む相続財産が2億円

だとした場合、お母様は最低限5,000万円の遺留分を主張する事が出来る訳です。

他の子供達もそれぞれ1/36づつ(約5.5百万円づつ)は主張出来ます。

この遺留分を取り返そうとする場合は、相続開始日または遺留分を侵された日から

1年以内に請求する事で取り返す事は可能です。尚、この手続は裁判所で実施しなくとも

配達証明郵便等で遺留分を侵害した者に意思表示をする事で、一般的には成立する様

です。

相続・事業承継 についての関連する質問