JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 818
経験:  弁護士,税理士
60911264
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

父の死亡により、家作と法人を相続の予定です。共に借り入れ過大で相続放棄も一案ですが、高齢の母と途方にくれます。法人の

質問者の質問

父の死亡により、家作と法人を相続の予定です。共に借り入れ過大で相続放棄も一案ですが、高齢の母と途方にくれます。法人の借り入れにつき、私の預金で私が債権を買い取る(負債の一割ほど)話がありました。買取が実現すれば残りの負債はギリギリ返済可能です。ただ債権者より税務上の問題(贈与?)があるとの事です。余力がありません、助けて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。
こ んばんは。

法人については,「借り入れ」とありますので,
債権者は金融機関ではないかと思われます。
債権の一割程度を買い取ることで債務の圧縮が実現するとすれば,
金融機関に残債権の一部放棄をさせることになりますので,
その分は法人が贈与を受けたことと同じこととなり,
おっしゃるとおり贈与税が発生します(高率です)。

そのため,厳しいのであれば,(相続放棄も一案とされていることにも鑑み),
いっそ,法人について破産させてはいかがでしょうか。
被相続人であるお父様が法人の債務につき連帯保証なさっていなかったならば,
あなたとお母様は,法人の債務については免れます。

または,法人に将来にわたり収益が期待できるのであれば,
相続なさった法人を売却なさる道も,場合によってはあり得ます。

以上についてご検討なさるとよろしいかと思います。

相続・事業承継 についての関連する質問