JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonno-fpに今すぐ質問する
bonno-fp
bonno-fp, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 39
経験:  ファイナンシャルプランナーCFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャル・プラニング技能士(資産設計提案業務)
60089769
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
bonno-fpがオンラインで質問受付中

先日、父親(地方都市で独居老人として居住)が亡くなりました。 遺品整理の際に、銀行通帳や郵便物を見ましたところ、

解決済みの質問:

先日、父親(地方都市で独居老人として居住)が亡くなりました。
遺品整理の際に、銀行通帳や郵便物を見ましたところ、
預金残高が40万円くらい、カードローン残高が60万円くらい有りました。

私は1人娘で兄弟は居ませんし、母( 亡くなった父の配偶者)は亡くなってます。
亡くなった父の親兄弟のうち、兄1名と弟1名が健在で両親(私の祖父母)は遠い昔に亡くなってます。

私が相続放棄をした場合、父の兄弟が負債を抱えることになりますか?
また、私が相続放棄をするためには何をすればよろしいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  bonno-fp 返答済み 5 年 前.

質問をご投稿いただき、ありがとうございます。
回答させていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

相続開始後3カ月以内であれば、相続放棄は比較的容易に認められます。

ご質問者が相続を放棄された場合、相続者は被相続者のご兄弟になりますので、無用なトラブルの原因を生じないように「相続放棄の件」を事前にご説明されて方が良いと思います。

場合によっては、ご相談のうえ同時に「相続放棄申述書」を提出されてもよいと思います。

但し、3か月を過ぎての「相続放棄の申述」は相当な理由が必要とされて受理が難しくなりますので、相続放棄を希望される場合は必ず3か月以内に申請してください

 

【真実に必要な書類】

●相続放棄申述書(家庭裁判所にあります)
●申述人(相続人)の戸籍謄本
●被相続人の戸籍謄本等(除籍簿)
●被相続人の住民票の除票
●収入印紙(1人800円)
●返信用の郵便切手(1人400円分)
●申述人(相続人)の認印

【その後の経過】
●相続放棄申述書を家庭裁判所に提出後、1週間ほどで家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」が郵送されます。
●この照会書にいくつか質問事項がありますので、それに回答し、家庭裁判所に返送し、問題なければ、相続放棄申述受理通知書が家庭裁判所から郵送され、これによって相続放棄が認められたことになります。

bonno-fpをはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中

相続・事業承継 についての関連する質問