JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AKIRA IKEGAMIに今すぐ質問する
AKIRA IKEGAMI
AKIRA IKEGAMI, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 1
経験:  日本大学法学部 法律学科 現在銀行勤務
61947409
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
AKIRA IKEGAMIがオンラインで質問受付中

被相続人の孫(次女の次男)に土地、家屋を相続させたい場合の手続き方法は

解決済みの質問:

被相続人の孫(次女の次男)に土地、家屋を相続させたい場合の手続き方法は


相続者は、長女、次女、三女、長男 の4人です。

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 相続・事業承継
専門家:  AKIRA IKEGAMI 返答済み 6 年 前.

1級FP技能士のIKEGAMIと申します。よろしくお願いします。

 

ご本人様の土地家屋をお孫様の相続させたいとのご意向でよろしいでしょうか?

いくつか方法がございますが

 

①生前贈与する

 贈与税負担の発生や相続時にもめる可能性がございます。

②遺言書に残す

  自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の三種類ございますが、自筆証書遺言は  自身にて正確な遺言の要件に従って作成しないと遺言が無効となる可能性があること、また紛失のリスクがあることからお勧めしません。

後者2つは費用と手間はかかりますが公証人役場の手続きで証人も必要、家庭裁判のが検認が必要なため確実です。内容を秘密にしたいのであれば秘密証書遺言をお勧めします。

また手続きにあたり信託銀行の遺言信託を利用すればその他の相続時の手続きも専門化に任せることができます。

 

③保険を利用する。

 土地家屋にこだわらず遺産をのこしたいのであればお孫様を受け取り指定とした保険の加入も選択の一つです。相続時にはもっとも円滑に相続財産をお孫様に受け取らせることができる思慮します。

 

 

AKIRA IKEGAMIをはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中

相続・事業承継 についての関連する質問