JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 137
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私は、関東に住んでいる57歳いの男です。相続と遺言書について教えてください。

質問者の質問

私は、関東に住んでいる57歳いの男です。相続と遺言書について教えてください。
私には、妻と二人に息子がいます。長男は、東北地方で結婚しましたが、結婚後連絡を取らなくなってきています。二男は、自宅付近についています。まだ、結婚はしていません。
私には、わずかばかりの土地と家を所有しています。しかし、現金資産については、わずかです。そこで、仮に私に何かあった際、平等に分ける事ができないので、遺言書を作成して、連絡の取れなくなっている長男には、相続させず、妻と二男に相続をさせたいと考えていますが、可能でしょうか?また、相続でもめないようにするには、どうしたらよいでしょうか?
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  koutouji 返答済み 3 ヶ月 前.

遺言書で妻と二男に相続させます。

長男には遺留分が8分の1あるので、

遺留分権行使をさせないためには、

8分の1を長男に相続させます。

まったく0にするには、贈与税のかから

ない範囲で妻と二男に毎年贈与を繰り返し

て遺産を0に近く持って行きます。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12372;回答ありがとうございます。
「遺留分権行使をさせないためには、8分の1を長男に相続させます。」の意味が理解できませんが、1/8は、遺言書を書いても長男の所に行くことになるのでしょうか?
専門家:  koutouji 返答済み 3 ヶ月 前.

はい。遺留分は遺言書があっても、請求できる権利なのです。

ただし、請求者は相続人に対し、1年内に請求する必要があります。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
20998;かりました。ありがとうございます。

相続・遺言 についての関連する質問