JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 499
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

腹違いの姉妹(独身)が、何かあった時の為に財産(自宅、株、預貯金)処理を頼みたいと言ってきました。近所に住んでおり、行き

解決済みの質問:

腹違いの姉妹(独身)が、何かあった時の為に財産(自宅、株、預貯金)処理を頼みたいと言ってきました。近所に住んでおり、行き来もあり、家族ぐるみの付き合いで関係は良好です。最近病気がちで不安になったようです。どちらの家族も手に職があり経済的な心配はありません。どのようにすれば良いでしょうか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  dai60962000 返答済み 1 月 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

腹違いの姉妹といいうことですが、その方に兄弟はいらっしゃらない、相手の母親はすでにお亡くなりになっているということでしょうか。

そうしますと、その方には親族はいないことになり、あなたに頼ってくるのでしょう。

財産の処分といっても、不動産・株式・預貯金などあるのでしょうが、そのままでは相続人不存在として国庫へということになってしまいます。

それを防ぐためには遺言書または双方合意の上で作成する死因贈与契約を結ぶことで、遺産を受けとることができます。

きっと病弱になったときに面倒を看てほしいという願望もあるでしょうから、身の回りの世話や、もし先に亡くなってしまった時の祭祀など、世話をする範囲を決めた死因贈与契約を結ぶのが、ベターなケースでしょう。

もし遺言書や死因贈与契約がなくても、面倒を看てあげたという実績があれば、特別縁故者として応分の分与を受けられます。

質問者: 返答済み 1 月 前.
26089;速の回答ありがとうございます。
妹さんがいますが、遠方で、体力的、経済的に余裕のある方を選んだと思います。お母さんの事は分かりませんが、姉も70代ですので、他界されているのではないかと思います。主人共、双方の両親の時は相続放棄の形をとり、このような事に関する知識は皆無です。遺産に関する希望はありませんが、姉の意思に添うようにと思います。突然のアクシデント時に私が種々の処理が出来るように事前に作成しておいた方がいい書類の種類(自宅、株式処理も含め)、それらの頼み先、大阪でのお勧め所、などを教えて頂ければ幸いです。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 月 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

母親が亡くなっていれば、この方の推定相続人は妹さんになります。(妹さんが先に亡くなられた場合はその子)

妹さんは「親族」ですので、面倒を看る義務がありますが、それを他人のあなたに頼みたいということですから、「頼まれる範囲」を決めておくべきでしょう。

あなたもそれなりのお歳とお見受けしますので、無理のない範囲で面倒を看たいでしょう。

身体的に不自由な時に対処できる「委任契約」、認知症になる場合に対処する「後見人」などもあります。

死後の財産の処分については遺言書または死因贈与契約、死後の祭祀については遺言書の付言事項に記載してその方の意思を示すことになります。

あなたが対応できなくなった時のことを考えて、委任契約や後見人は、行政書士や司法書士などの専門家に頼むこともできます。

身の周りの世話は、地元の福祉協議会などに相談すれば、対処してくれると思います。簡易な祭祀なら手配してくれる場合もあります。(これについては地域により事情が違いますので、あなたのお住まいの市役所に相談することをお勧めします)

質問者: 返答済み 1 月 前.
38972;み先: 司法書士
作成書類: 委任契約、後見人、死後の祭祀の項目を含めた遺言書
という理解で正しいでしょうか?
専門家:  dai60962000 返答済み 1 月 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

委任契約書→行政書士(公証役場で完成させる委任契約公正証書の作成でサポートしてくれます)

任意後見契約書→行政書士(後見人になる方を予め決めておく方法。最終的には公正証書にします)

後見申し立て→司法書士(認知症になってしまった後に後見人を選任する場合。家庭裁判所への手続きをしてくれます。後見人は、候補者は出せますがその通りになるとはがぎりません)

遺言書→行政書士(祭祀を含めた遺言書作成のサポート・公正証書遺言の作成を承ります。死因贈与契約書も行政書士へ)

dai60962000をはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。
姉とは一回り以上離れ、子育ての頃、さんざん世話になったので、老後は私が、と思っています。
またお世話になり事もありかもしれません。その際は宜しくお願いします。

相続・遺言 についての関連する質問