JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4870
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

遺言上の検認について聞きたいのですが、検認を行うと

質問者の質問

遺言上の検認について聞きたいのですが、検認を行うと 相続人のそれぞれの元へハガキが届くということですが、どのような内容のはがきが送られるのでしょうか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 1 月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。自筆証書遺言の場合、家庭裁判所に検認の申立をしないと相続手続きが出来ません。申立人が、検認の申立をする時に、相続人全員を記載しているので、まずは、家庭裁判所から検認日の通知が来ます。一般的に相続人全員が来ないといけないとありますが、現状は、申立人だけがこれれば、他の相続人が来なくても問題はありません。遺言の有効無効を認めのではなく、遺言が存在したことを認めるだけだけだからです。検認すると、検認済証明書を申請出来、それがないと相続手続きに進みません。また、欠席した相続人には、検認済通知書が送られてきます。ご相談者様は、検認済通知書のことを言われているのではないでしょうか。あくまで、これは検認しただけで、遺言の内容が有効と認めたものではなく、争う場合は、家庭裁判所の遺産分割協議の調停等を申立てることになります。

相続・遺言 についての関連する質問