JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ネットビジネスでMLM方式の報酬を受け取る仕組みで、自分が紹介して後に参加した人から発生した報酬の半分もしくは全額をその

質問者の質問

ネットビジネスでMLM方式の報酬を受け取る仕組みで、自分が紹介して後に参加した人から発生した報酬の半分もしくは全額をその紹介者にあげる(贈与)ことは法律上問題はありますか?
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 10 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。お話から、ご不明な部分が多いですが、マルチ商法で報酬だけが発生するものは、金品の配当目的となり、ねずみ講として禁止されます。また、商品を販売する場合でも、マルチ商法は連鎖販売取引法でかなり厳しく規制されています。今回の例では、報酬の半額や全額を紹介者に贈与する場合、実際の価値が著しく低い商品の販売として、金品配当目的と判断され、ねずみ講となり禁止される取引です。それとマルチ商法の場合、会委員等を勧誘するシステム自体の制限が厳しいので、実際に運営することは難しいと言えます。またマルチ商法の場合、最近の法改正後、解約がし易いので、商売にならないとも言えます。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
21830;品を販売するというものではありません。お金がかかるとすれば、登録料の25ドルもしくは、登録料の50ドルと毎年更新料として50ドルかかるものです。ネットビジネスと言っていますが枠組みとしてはアフィリエイトになるそうです。
その内容としましては、全世界でスマートフォンなどのアプリは毎日数百個作られているそうで、そのアプリをダウンロードして評価をすると言ったものです。ちなみに全て無料アプリだそうです。1アプリ=1P(1P=$0.50 )毎日10〜20アプリをダウンロードでき、こなした分だけ報酬が発生します。また自分が紹介した人たちがこなした分の半分の値(例えば、紹介した人が月に400アプリをこなしたとすると、400アプリ×0.5ドル=200P、この200Pの半分の100P=50ドル)が報酬として発生します。お尋ねしたいのは、本来なら自分より後に紹介した人からしか報酬は発生しないものを紹介した人が、紹介された人のこなした分の報酬を贈与などしていいかどうかと言うことです。
専門家:  supertonton 返答済み 10 ヶ月 前.

ビジネスではなく、単に贈与契約をするのは問題は無いと思いますが、ビジネスのシステムとした場合は、大いに問題がありますし、現実的に月に400アプリを評価するのは難しいと言えます。50ドルは、5,000円程度であれば、割の良い副業ではないでしょう。

相続・遺言 についての関連する質問