JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

bhsy202に今すぐ質問する

bhsy202
bhsy202, 弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 416
経験:  弁護士
84237273
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

①遺産分割で預貯金は、審判の対処外だったのですか?

質問者の質問

①遺産分割で預貯金は、審判の対処外だったのですか?
10年以上前、家裁で調停、審判をしましおた。今も、当時、遺産範囲か否かで合意できなかった財産を、地裁で遺産のの範囲確定で係争中です。
本日のニュースで、預貯金はこれまで審判の対象外とのことであったが、審判の対象外か否かで最高裁で弁論が開かれるとの放送されていました。
②過去の審判で、不動産も家裁指定の鑑定士による評価額で、預貯金も含めて分割の審判が下りました。分割対象となった預貯金を含めた審判書は有効なものと思っていましたが、例外だったのでしょうか? いずれにせよその審判は確定ですね?
③10年前の審判は確定有効と考えてよいですね?
④-1 被相続人の可分財産(預貯金など)は、死亡時に法定配分に従がい各相続人の財産になっているとの理論によるものだったのですか?
④-2 もし、その理論だったら、遺産である預貯金や株券や現金を相続人の1人が法廷相続以上に引き出したり、使用したら不法行為?で地裁の管轄だったのでしょうか?
④-3 そうだとしたら、勝手に相続人の1人がしようしたら、時効があるのでしょうか?
➄-1被相続人の負債は、第3者が家裁での審判の対象外と家裁で当時聞きましたが、被相続人の負債か否かで相続人間で争いがある時、複数の借入先がある場合、借入先の負債ごとにに複数の裁判を起こさねばならないのでしょうか?
➄-2その場合で管轄裁判所はどこですか?、
➄-3被相続人の負債か否かや負債の継承で1人が原告になるとしたら、被告は他の相続人に加えて借入先も加わるのでしょうか?被告は誰にするべきなのでしょうか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

預貯金ですが,法的な理解としては,預金している人が亡くなった段階で,各相続人に分割される,分割するとの協議はいらない,

そういう扱いでした。当然に分割される,ということでした。

しかし,実務上は,預貯金も含めて,分割協議の対象にすることが多くありました。みんなで分割の対象にしようというのだから,それでいい,ということです。

最高裁は,こういった実務をふまえて,分割対象にできるように判断するものと思われます。

いずれにせお,②③は確定ですね。さかのぼってどうこう,ということまで最高裁は影響しないはずです。

④に関してですが,預金は金銭債権で分割しやすいからそう判断されていたのですが,株券となると分割しがたいもののあるので,当然分割にはなりません。

法定相続分以上の引き出しは,金融機関が応じません。仮に応じていたとして,後に,遺産分割で調整するか,相続権侵害か,というところになります。

⑤相続人の負債かで争いがあるとなると,債権者を相手に訴訟かと思いますが,その場合は複数の債権者を同時に訴えることはできるので,そうすれば裁判はひとつで可能です。

質問者: 返答済み 1 月 前.
62;法定相続分以上の引き出しは,金融機関が応じません。仮に応じていたとして,後に,遺産分割で調整するか,相続権侵害か,というところになります。
に関して下記の疑問点にお答え願えれば幸いです。現実には、被相続人の預貯金は、同居や管理していた相続人か知らず、他の相続人は預貯金の口座や金融機関を知ることができないことが多々あります。金融機関も被相続人死亡したことを、相続人が知らせないと預貯金は凍結されず、全容を知っている相続人が、カードや印鑑で引き出し可能で、事実私の場合も、被相続人の遺産の預貯金や死亡後不動産賃貸料収入から、一部の相続人が勝手に数年間引き出していました(他の相続人が被相続人の預貯金口座を発見して、その金融機関に死亡を知らせるまで)。
死亡後の遺産の果実は遺産分割訴訟の対象ではないそうで時効が発生するとききました。
①遺産分割には時効は存在しないと聞いてますが、それは可分債権を家裁で審判で判断して貰った場合で、預貯金とうの可分債権は死亡時に各相続人に法定相続分に従って、自動的に分割されているとこれまでの法的理論に従がって訴えば、1部相続人の預貯金の勝手な引き出しは、不法行為等になって時効が存在するのですか? 可分債権の訴え方が家裁か地裁かでで時効の有無も変わるのでしょうか?
②実務上は、家裁でも分割していたとのことですが、本来なら預貯金の遺産の分割に関しては地裁でするべきであって、地裁でも分割や勝手に出金した金員の返還訴訟で訴えることもできるのでしょうね?③預貯金の分割も、家裁では家裁で手続きするように指導するようにしどうする弁護士が大半で、家裁の手続き相談窓口でも家裁で調停・審判するように指導していました。可分債権が自動的に分割され、地裁でもできる可能性がある理論は、家裁の相談窓口の担当員も知らず、書記官に聞いて、初めてその理論があることを知らされましたが、地裁での手続き等はわからないとのことでした。 私も最初はある弁護士の見解でで地裁で訴えることができると聞いて、その弁護士を代理人にして訴訟を提起しましたが、他の複数の弁護士に相談したら、地裁では遺産の預貯金も遺産の範囲確定の請求等しかできないと聞き、裁判官も当初の訴状の書き方に意見を加えていたそうです。そして、遺産の範囲確定に絞って請求の趣旨を書き直した訂正訴状に変更したのです。法理論とは異なる方法が実務では一般化し、預貯金分割等の地裁への訴えはむしろ稀で実務では実行困難だったのでしょうか?
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

①については,以前に回答したことと重複しますが,相続人間で,他の相続人を害するような引き出しをしている場合,

不法行為というよりも,相続権侵害,ということになると,相続回復請求の話になって,通常は時効の主張は認められない,という考え方です。

そのため,遺産分割のなかで話すようにしていけばいいと思います。

②については,そこまで厳密でもないと思います。相続回復となれば,家裁での判断もあり得ますし。

③については,最高裁の判断の変更がありうる状況となっていますように,実務的には家裁でやっていましたね。

管轄は法的には決まっていても,相手が応じると事実上そのままやることもありますし,あまり厳密にやっていなかったように思います。

実行困難ということはなかったと思いますが。

質問者: 返答済み 1 月 前.
26368;初は、祖母、父、母各被相続人の遺産分割が地裁で一括で可能との弁護士の意見で始めましたが、先に書いたように、他の弁護士はそれは困難、時効の問題が出てくる可能性があるとのことで、各被相続人ごとにすることになりました。最初の方法でも相続権侵害で時効の恐れはなかったのですね。
話しは変わりますが、今回の最高裁での弁論まで言ったのでしょうかね?4000万預貯金法定相続で分けられても、片方の相続人が生前に5000万貰っていたら特別受益を申し立てれば、結局同じことになるのになぜ最高裁までいったのでしょうか?
PS:ところで先生はどちらの方にお住まいですか?
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

考え方が別れてもしょうがないような話ではあるので,どちらの弁護士が正しかったか,という判断は難しいかもしれません。

今回の最高裁の件は事案の詳細を把握していないので分かりませんが,法定相続分しか引き出していない場合でも,それを考慮して遺産分割するかどうか,そういったあたりにも影響することですので,事案が関係しているかも知れません。

当職は九州から回答させていただいております。

bhsy202, 弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 416
経験: 弁護士
bhsy202をはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12393;うも有難うございました。
当初まとめて」できるということで、これまで付き合いのあった弁護士さんに依頼し係争していたのですが、セカンドオピニオンを聞いて、依頼人を変えて費用は掛かるが、各事案ごとに係争中です。控訴もされましたが、これまでは、ほぼ私の請求が通っています。
九州でしたら、遠方ですので面談は困難ですね。
ありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 月 前.
34987;相続人(父)は、精神疾患で、兄が保護義務者になっていました。当時は、成年後見人制度がなく、父存命中、兄と親族関係の調停も行いましたが、父存命中の遺産の話は、公序良俗に反するとして退けられました。父は直前(数分前)や新規の記憶が出来ないが、文字を書く、読むはできる(但し、3分前のことは覚えていない)という特殊な疾患でした。当時、兄は、私と父の面会も許しませんでした。また、当時弁護士に相談しても、禁治産は無理だろうが、準禁治産にはなるだろうが、準禁治産では、父の契約が有効になるので、両刃の剣と言われ、有効な手段がありませんでした。
さて、先生は、不法行為と言うよりは、相続権回復という請求なら時効はないとおっしゃっています。
今、訴訟中の案について、2人の弁護士とも、時効で請求は無理と聞かされています。
父は不動産賃貸として1000万円以上/年の収入がありました。
①父生前の兄の私用流用(証拠のあるものは少ないが、土地売却代金等が兄名義の口座に入金されている等の証拠はある)も相続権回復か、特別受益で請求の可能性があるのでしょうか?父死亡後約20年経過してます。
②父死亡後の遺産の果実(不動産賃貸収入)も、兄の生活費にしていました(父死亡後も、私に賃貸人の入金口座を複数持ち、それらの口座を明かさず、数年経過後審判確定後に、賃貸人の振り込み口座を1つの口座にまとめて報告してきましたが、既にほとんど引きだされ残高はわずかでした。この父死亡後の遺産の果実からの兄の流用も、弁護士からもう少し早かったら時効にならなかったのにと聞かされています。
①②の父死亡前と後の兄の流用に対して、時効に引っ掛からない訴え方があるのでしょうか?前後とも先生の言う相続権の回復で訴えれる可能性があるのでしょうか?
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

まず,遺産分割にあたって,特別受益を考慮する,ということであれば,仮に20年前だとしても,その証拠があって,

それが特別受益といえるなら,考慮される余地はあります。

ただ,特別受益は,簡単に言えば相続の前渡しがあるから,これを含めて遺産分割時に清算しようというものです。

あまり前になると,前渡しという側面は薄れてきますので,認めてもらえるか,という問題はあります。

あまり前のことまでは,遺産分割では考慮しないことはあります。

ここは,相手が,特別受益として考慮することを認めるか,ということにもよると思います。

2の果実の流用という話ですが,果実を生む不動産について,遺産分割で誰が相続するか,その話をしているはずです。

そうすると,通常は,果実を有無不動産を引き継ぐ相続人は,被相続人の死亡時からその不動産を所有していたことになるので,

果実も取得できた,だから,実際に取得していた人物に対して,自分に戻せ,そういう構成が考えられますが,

1のことも含めて,不法行為で考えるとすると,たしかに,時効の問題になると思います。それは私も否定しません。

だから,相続回復請求の話に乗せないと,時効と言われて終わりになってしまう,

あとは,その話にのるかどうか,ということでして,ここは争いがあるところではあるので,この構成でいってみるしかないのではないか,

そういう意味での回答です。

質問者: 返答済み 1 月 前.
19981;法行為でなく、相続回復請求の話に乗せると時効の問題が解消される可能性があるとのお話は、数人の弁護士に聞きましたが、そのような手法は初めて聞きました。有難うございます。ただ、どの依頼弁護士もそれぞれ独自の考えてプライドがあるので、相続回復請求の話に乗せて切れるか否か疑問です。事実、弁護士が知らないことを素人が言うなと一喝されたこともあります。
さて、20年位は、その土地を取得した相続人が、その土地から生まれた果実(不動産収益等)が独占して取得できると聞きましたが、複数の弁護士に聞くと、当時でも、遺産の果実はその不動産を分割で取得した相続人が独占できるとの判例はもはや過去の判例で、遺産の果実は分割によってその不動産の取得するのではなく、相続人が法定相続によって別途分割すると言うのが主流の判決で、もはやその説が定着しているとのことでした。
即ち、先生がおっしゃる、その不動産を遺産分割によって取得した相続人が、その不動産から生まれた遺産の果実を独占できるとの説はもはや過去の説で、遺産の果実はその不動産を取得した相続人に全て帰属するのではなく、相続人全体で遺産の果実は別途法定相続によって分割されるとの説が現在の定説であると言うのが法う等でしょうか? 先生の説とは異なりますが。
遺産の果実は分割訴訟は、地裁等で別途の訴訟になるのでしょうか?
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

遺産の果実の点ですが,法定相続での分割という考え方が多いのは,その通りだと思います。

ただ,不動産取得者が,という考え方にしたがっているものもあります。

例えば,賃貸物件のある相続案件で,長男が,父が死亡後に賃貸物件を管理,家賃ももらっていた,

この遺産分割で賃貸物件を長男が相続することとなった場合,ではもらっていた賃料はどうするかというと,

それは長男が取得して,あえて分割しない,そういう処理をしている遺産分割調停はあります。

結局のところ,遺産分割調停は,お互いの話し合いで合意できれば,それが最優先する,というところがありますので,

このあたりは,裁判所の判例と,実際の処理とが異なっていることも多くある,というところかと思います。

今も,15年ほど前の相続案件で,預貯金しかない事案で,一部の相続人が多く受け取っていると思われる,そういうケースで,

遺産分割調停をしています。預貯金だから,当然に分割されるはず,ですが,それでも遺産分割調停は受け付けられていますし。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    118
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    118
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    47
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    17
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    11
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    49
    東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    42
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    31
    民事法務専門
 
 
 

相続・遺言 についての関連する質問