JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 800
経験:  dasdasd
84237273
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

この度ご相談お願いします私は、**といいます。 私は、お寺の住職を務めております。

解決済みの質問:

この度ご相談お願いします私は、**といいます。
私は、お寺の住職を務めております。
先日、20年程前に一人息子さんを亡くされておられる80代のAさんご夫妻が、私のところへご相談にみえて、「奥さん(私の妻)と養子縁組みをして、自分たちが死んだあと、財産を引き継いでもらって、供養をしてほしい」とのことでした。
私は、財産を個人に頂くのは、私ども(山本家)の後継者が今後も引続き存続する保証もないし、お寺を離れることさえあるかもしれないので、養子縁組みというお話しを受けるのは気がすすまないので、「今後のご不安は十分わかりましたので、すこし考えさせてください。」と言って、その日はお帰り願いました。
そこで、この度ご指導を仰ぎたいのは、「できれば、財産をお寺に寄付して頂くことはできないのでしょうか。」ということです。
もし、できるのであれば、どういったことに気をつけないといけないのでしょうか。ご教示お願い申し上げます。
財産は、ご夫妻の住んでいるご自宅の土地と建物、別の場所に2ヶ所貸している土地がある。地面3件は奥様の名義、自宅建物は、ご夫妻の名義とのことです。
よろしくお願い申し上げます。合掌
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 9 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、養子縁組を断る理由がご不明ですが、相続よりも寄付の方が、税金的に有利と言うことでしょうか?基本的に、ご相談者様の奥様と養子縁組をしても、戸籍の筆頭者でなければ、養親の苗字に変わることはありません。また、お子様がいらっしゃらない方の場合、配偶者がいなければ、お子様にすべての財産が養子でも法定相続されます。お子様もいなければ、その方のご兄弟に相続権があります。何もしなければ兄弟にもっていかれるでしょう。次に、養子縁組をしない場合は、遺言の作成をしてもらえば、兄弟には、遺留分がないので、すべての財産を譲り受けることが出来ます。必ず、遺言が無いと兄弟の方と揉めるパターンが多いと言えます。遺言も公証役場で作成する公正証書遺言が安全です。民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されるとスムーズに作成が出来るでしょう。頑張って下さい。

専門家:  bhsy202 返答済み 9 ヶ月 前.

財産を寄付していただくには,生前に寄付していただくか,死後に寄付していただくか,ですが,

死後の場合は遺言で寄付すると残しておかないと手続ができません。公正証書遺言を作成し,宗教法人に寄付することと,遺言執行者をきめておくこと,が必要かと思います。

ご夫婦ということですので,ともに亡くなられて寄付,となるでしょうか。そうすると,それぞれの遺言で,自分が死んだら配偶者に,配偶者が先に死亡していたら宗教法人に,という遺言でしょうか。

一方,寄付してもらう宗教法人の側としては,税金の関係を注意しておかなければなりません。宗教法人の施設などとなれば非課税となるでしょうけれども,そうではないかぎりは課税対象となります。どういう財産として管理していくのか,非課税にするには申請書類がいろいろとありますので,その準備をしなければなりません。

このあたりはご承知かと思いますが,具体的には役所や檀家,総代会などと相談しながら,となると思います。

bhsy202,
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 800
経験: dasdasd
bhsy202をはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問