JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
67942392
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

相続登記において、ある不動産が売却による換金ができないとき、土地建物そのものを相続人の数に応じて分割することになるのでし

解決済みの質問:

相続登記において、ある不動産が売却による換金ができないとき、土地建物そのものを相続人の数に応じて分割することになるのでしょうか。
この場合、現場における境界線はどうなるのでしょうか。できればこの場合の遺産分割協議書の書き方について、教えてください
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
質問者: 返答済み 1 年 前.
質問を訂正します。遺産として一か所しかない土地建物を複数の相続人が分割相続する場合の遺産分割協議書の記入について教えてください。なお、現地における境界線などはどうなるのでしょうか。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
不動産を複数の相続人で相続する場合は、その不動産を「共有する」ことになります。つまり、不動産そのものを分割するのではなく、持分として所有することになります。したがって、境界はそのままです。だれがその不動産を利用するかは、協議して決めることになります。利用する者は、持分を持っている他の相続人に対して「利用料」を支払うことになります。利用料も全員で協議して決めることになるでしょう。遺産分割協議の書き方は、たとえば 当該不動産(土地、建物)を下記の持分割合で相続することにする。相続人A持分3分の1相続人B持分3分の1相続人C持分3分の1 上記のような仕方で書けるでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問