JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4519
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

主人の父が亡くなり(母親はすでに他界)、3人兄弟のうち次女に遺産を相続させるという正式な遺書がありました。遺書を書く

質問者の質問

主人の父が亡くなり(母親はすでに他界)、3人兄弟のうち次女に遺産を相続させるという正式な遺書がありました。遺書を書くときに同行していたのは次女です。しかし、父がなくなり、遺書を3人で確認してからずっと、次女は3人で平等に分けたいと思っていると言ってくれていました。ただ、長女が父のお金を勝手に使っていた疑いがあって、これまでずっともめていて、そのうちに双方が弁護士を立ててやりあうようになり、やがて父が亡くなってもうすぐ1年という時期になっても次女と自分の間で遺産の分割に関する話し合いや書面のやりとりがなにもないことに気づきました。そこで専門家に相談する間もなく慌てて遺留分減殺請求書を次女に送りましたが、遺留分の割り合いを間違えて書いてしまったようです。それが有効な書類となりうるのか、もし大丈夫なら、この対応は正しかったのか、今後どう対処していくのがベストなのか教えてください。ちなみに月曜日に内容証明で送り、配達証明はまだ届いていません。姉2人が弁護士を立てているので、私も弁護士を立てないとだめでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
質問者: 返答済み 1 年 前.
すみません、主人のことなのに、「私」とか「自分」といった言葉を使ってしましました。遺留分減殺請求書は主人の意思で送っています。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、お母様は、正式な遺言と言うと、公正証書遺言を作成したと言うことでしょうか?
仮に、公正証書遺言の場合であれば、認知症等の疑いが無い限り有効と言えます。
次女様が、すべての財産を相続すると書いてあったのでしょうか。
遺言があっても相続人全員が、同意をすれば、遺産分割協議をして遺言を無視して3等分にすることは
可能です。
また、一度、次女様が、すべてを相続して、他の相続人に贈与すると言う方法もあります。
遺留分減殺請求は、遺留分の侵害を知った時から1年以内にしないといけません。
兄弟3人が、相続人であれば、遺留分は全体の6分の1になります。
遺留分減殺請求は、口頭でも構いませんが、証拠と言う意味では、内容証明で送ることで
充分です。どのような書き方をしたかがご不明ですが、遺留分減殺請求をすると
主張していれば問題は無いと言えます。
ご心配であれば、修正版の内容証明を送れらても良いでしょう。
それと、やはり、遺産分割で争うのであれば、家庭裁判所の遺産分割の調停を
申立てると良いでしょう。調停に関しては、弁護士の先生にご依頼される必要はありません。
調停委員が、公正公平に判断します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
義母はとうになくなっており、昨年義父が亡くなって、その遺言書(公正証書)の内容が「すべて次女に任せる」とあったと聞いています。(主人は見ていますが私は見ていません)次姉の口約束で安心していましたが、1周忌が終わった時点で弁護士を付けて話を進めているはずの次女から何の書類ももらえないことに疑問を感じ、義父の1周忌の直後、命日の日付の1日前の日に遺留分減殺請求書を送っています。遺産は3人で平等に分けると口約束はあったのですから、何もしないで待っていたほうがよかったのでしょうか? 余計なことをしてしまったのではと心配です。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
失礼しました、お父様の遺言が公正証書遺言ですね。
ただ、なぜ、そのようなトラブルになる遺言を作成したかが疑問です。
内容証明は、到達主義を取っているので、次女様にいつ着いたかが問題となります。
また、1周忌まで、何も財産の相続手続きをしなかったのでしょうか?
贈与すると、次女様が言っていた場合、民法では口約束でも成立しますが
争うとなると証拠が必要となります。
とりあえず、遺産分割協議をして遺産分割協議書を作成するか
家庭裁判所の調停か次女様に選択させましょう。
長女様とは、手を組んだ方が良いでしょう。
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4519
経験: 中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
長姉が1番のトラブルメーカーで、ないことまででっちあげて弁護士経由で色々な書類を送ってきたり、自分の息子を使って次姉に遺産相続をするのをやめたらと言ってきたりしています。話し合いをしようにもまともなやりとりにならないので、次姉の弁護士も無視してよいと言っているのだと思います。主人に関しては、遺留分減殺請求書の配達証明が来ていないことですし、期限内には届いていないということになりますね。ということは、次姉が遺産を一人で相続してしまっても、もう文句は言えないということですね。この場合、主人には遺産分割協議を申し出る権利もないということになりませんか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
長姉が1番厄介な人物なので、手を組むことは現実的ではありません。ないことまで色々でっち上げてくるので、次姉の弁護士も無視してよいと言っているのだと思います。これまでは、長姉が勝手に父の財産をわがものにしていたりしていたことについて、次姉がその分長姉の遺産の分割分を少なくしたいとしてもめ続けていて、遺産の相続が進んでいないと理解しておりました。しかし、主人にも遺産を分けるというのは口約束のみなので、遺留分減殺請求書を出しても配達証明が届かないし、期限内に届かなかったということになりそうですね。この場合、主人には遺産分割協議を申し出る権利はもうないということになるのでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のお話から、問題は、長女様にあるようですから
とりあえず、公正証書遺言があるので、一度、次女様が相続して
3分の1をご主人様に贈与してもらうで良いでしょう。
ただし、財産額によっては、贈与税はかかるかもしれません。
遺留分よりも多くなりますし、後は、長女様と次女様の問題です。
次女様と協議して行くだけで良いでしょう。
それと、なぜ、次女様に全額財産を与えるかが不明ですが
仮に、公正証書でも、被相続人(ここではお父様)が認知症等の疑いがある場合は
裁判で無効となることもあります。
もし、次女様が、認知症のお父様に勝手に遺言を作成させたら問題と言えます。
とりあえず、次女様に同調して相続手続きを済ませて、贈与する約束をしてもらいましょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
そうですね。裁判にまでなる可能性も高いので、そういう指摘をされることも考えられるかと思います。ありがとうございました。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
少しでもお役に立てたようで良かったです。
また、何かございましたら
お気軽にご相談下さい。
よろしくお願い致します。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    123
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    123
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    17
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    11
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    50
    東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    42
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    31
    民事法務専門
 
 
 

相続・遺言 についての関連する質問