JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4333
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

Message body 相続のことで質問をさせていただきます。

質問者の質問

Message body 相続のことで質問をさせていただきます。 私は兄・姉、私の3人兄弟です。両親ともに健在ですが、万一父が亡くなったときの相続について心配しています。諸事情により両親はできれば兄に相続をしたくないと考えています。兄は自分ができるだけ多く相続したいと考えています。私と姉はできるかぎり財産を母に相続したいと考えています。父がなくなる前に名義人の変更や生前贈与が可能な法律の制度があれば知りたいと考えています。 それに付随していくつか質問をさせてください。 1.両親は会社を経営しておりましたが、10年ほど前に会社は兄が継いでいます。父は生活の糧となる会社を兄が継いだのだから、他の不動産や金銭を兄に相続させる必要がないと言っています。会社の経営権は相続にあたるのでしょうか?経営権は相続とは全く無関係なのでしょうか?会社の事業内容は変わりませんが、兄は継いでまもなく会社名を変更しています。また、両親が経営していたときの土地と建物を残し、5年ほど前に他の場所に引っ越しています。2.兄が引っ越した後の土地と建物についてお聞きします。こちらの土地はすべて父の名義です。建物は一度増築しておりまして、旧建物が2階建てで、この2階部分だけが兄の名義になっています。1階部分は父の名義です。増築した3階建ての建物はすべて父の名義です。(会社ではなく父の個人名義です)。こちらを売却あるいは解体処分をするのに兄の名義分があるため兄の了承がなければ不可能ですが、法律的にこれらを可能にする手だてはあるのでしょうか?数年前、両親はこちらを解体しようとして兄の了解を得た上で業者に依頼をしましたが、兄が解体日当日、業者の方に
“解体したら裁判沙汰にする”と電話で脅し中止となりました。売りに出そうとしても兄の名義分が問題になり事が進みません。ある不動産会社に見積もって頂いたところ兄の所有分は150万円ということでした。3.2の土地と建物は両親で経営していたときのものなのですが、名義は父個人となっています。これらを母が父からの生前贈与という形や、あるいは父が亡くなったあと相続する場合においても優遇措置というものはあるのでしょうか?名義人は父ですが、ほとんど共同経営のような形でしたので実際には母の財産といっても過言ではありません。法律上はやはり優遇は難しいのでしょうか?4.同じく2の土地と建物ですが、もしこれらを母や私が相続した場合、2階部分の建物のみを所有する兄から土地使用料として、家賃のように土地借用料をもらうことは可能なのでしょうか?可能である場合、過去何年間まで遡って使用料金を請求できますか?5.同じく2の1階床部分はコンクリートですが、兄が両親に無断で床の4隅をブルドーザーで壊してしまっています。この場合の破損代金(損害賠償)を請求できますか?6.2の土地および建物とは別に、今両親が住んでいる自宅の土地と建物があります。土地はずいぶん前に父が6割、母が4割という割合で名義人を変更しています。同居して25年(20年?)が経過すると税金がかからないで夫から妻に名義人を変更できると聞いていますが、今回のような場合、父の持っている6割の土地と父の名義になっている建物分の名義人を母に変更することは可能でしょうか?可能ということであれば、税金がかからない範囲の割合を教えていただけますか?7.現在、父は認知症を患っており介護度4度です。認知症を発症する前に遺言を書いております。公正証書手続きはしておりません。弁護士さんの立ち合いの元で記入をし、現時点では弁護士さんに預けています。このようなとき、この遺言書は有効なのでしょうか?公正証書ではないので無効となってしまいますか?
両親は兄に無理矢理会社を追われ、複雑な思いがあるようです。 父が他界したあと、できるだけスムーズに母に資産を残したいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。 PS.料金についてですが、2015年2月23日に25%割引メールを頂いております。そのメールのボタンからこちらの質問ページにアクセスしていますが、こちらの質問はその割引に該当するのでしょうか?ホームページを拝見するとそのような内容が書かれていないので、無効なのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ご不明な部分もございますが、分かる範囲で順番にご回答できればと思います。
1、経営権と言うのは、基本的には、会社の持ち株のことになります。
持ち株をお父様がまだ持っていれば、相続の時に、指定が無ければ、法定相続に
なってしまいます。既に、生前に会社の持ち株をお兄様に贈与していれば
経営権を相続していると言えます。
2、共有不動産の処分行為は、共有者全員の同意が必要になります。
売却するには、お兄様から名義を買い取るしか方法は無いかもしれません。
3、不動産の贈与税の場合、夫婦関係が20年以上の場合は、2000万円までの控除額があります。
相続時精算課税を使えば、2500万円までの特例があります。
これは、税務署や税理士の先生にご確認された方が良いでしょう。
4、現時点で、賃貸としていない場合は、少し問題はあるでしょうが、可能ではあります。
5、無断で破損すれば、請求されても構わないでしょう。
6、不動産は、名義を変更することは問題はありませんが、税金の特例などがあるので
その都度、税務署などに確認をしておいた方が良いでしょう。
7、弁護士の先生が預かるとかに関わらず、自筆証書遺言でも遺言としての効果はあります。
ただし、相続時に、家庭裁判所で検認が必要になりますし、内容までは保証されません。
サイトの料金は、こちらでは分かりませんので、サイトの管理者にご確認下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
supertonton先生お忙しい中、早々に回答をしてくださりありがとうございました。
参考になりましたが、いくつかもう少しアドバイスを頂けますでしょうか?1の会社の経営権が相続に値するかということについてですが、両親が経営していたのは株式会社です。ですので、両親の持ち株分について先生の回答も理解できます(微笑)。もう少し言い方を変えると、社長という立場を兄に譲渡し、それによって会社を運営することによって兄の生活が維持されていると両親は考えています。それで、それ以外の不動産を兄に相続する必要がないと考えています。法律的な面での言葉はよくわかりませんが、株ではなく、実際に会社の社長という立場を譲り実際にその会社から得られる利益を得ているという事実については相続とは無関係なのでしょうか?無関係ということでしたら、何か対策として考えられることは、考慮される内容等があれば教えていただけませんでしょうか?3の会社の土地と建物の相続の件ですが、生前贈与の場合には2000万円まで控除できるということですね。これは土地建物のトータルの評価額と考えてよろしいですか?
また、相続時精算課税というのは父が亡くなってから相続した場合のことですね。
亡くなってから相続したほうが優遇されるということであっていますか?
税務署や税理士の先生に確認するのは、母が父の名義の土地や建物を譲り受けるということに関して現評価額を示し、どう相続したら良いのかを具体的に訊いてみればいいということでしょうか?6の住居の名義変更の件ですが、こちらは3の会社の不動産ということではなく現時点で住んでいる住居についてです。先に質問に書かせて頂いた「25年同居すると税金がかからない」という部分に、父の持ち分は該当するのでしょうか? それとは別に他にも税金の特例があるので税務署に確認したほうが良いということですか?7.自筆証書遺言についてですが、内容が保証されないということは遺書としての効果はあっても公正証書とは扱いが異なり、必ずしも遺言通りにはできないということで解釈はあっていますか?父は介護度4と認定され認知症が進んでいます。弁護士さんのところに預けているのはそれ以前に書いたものです。この段階で公正証書を書くのはなかなか厳しいと思いますが、可能であれば書いておいたほうが良いのでしょうか?質問がしつこくなってしまい本当に申し訳ございません。
子供の頃から兄は自分が全財産を相続すると言いきってきました。親に介護が必要になる前から実家には立ち寄ることすらしていません。また、会社関係の税理士さんが相続を専門にしていることもあって、父に何かあったときのことを考えると母は気持ちが休まらないのです。そういう母を見てとても心が痛みます。
お忙しいところ、お手数をお掛けして申し訳ございません。
どうぞよろしくお願いいたします。村松里枝子
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
相続問題は、いろいろなことが複雑にからみ、特に、法定相続や遺言を無視したり
また、親の意思も無視したりする人が一人でもいるともめるものです。
家庭裁判所の調停や裁判をしても、結果としてもめ続けます。
なぜなら、遺産分割協議には、時効がないからです。
そう言う意味では、公正証書遺言を作ってもらう意味は非常に大きいと言えます。
それでは、分かる範囲でご回答致します。特に、相続税は、税理士の先生の専門であり
もっと言えば、税務署が認めない限り何を言っても無駄と言うのもありますので
税金を誤魔化すと言う言い方も変ですが、一般的な特例などの節税や生前贈与ならまだしも
特殊なやり方はまず成功しないと言えるようです。
1、法的な経営権の意味合いは、株をどれだけ所有しているかです。
株が多ければ、社長を解任も出来ます。
その後の社長の給与などの問題は、関係がありません。
もし、相続をさせたくないのであれば、生前の相続放棄は出来ませんが、生前の遺留分放棄は
出来ますので、お兄様にしていただくことです。
それプラス、公正証書遺言で、シャットアウト出来ます。
3、家も土地も含みます。現金でも構わないのです。
相続時精算課税と言うのは、本来贈与税がかかるのを、相続時に相続税としてみなすと
言うことです。生前贈与の時にします。
贈与税が、一番税として高いからです。相続税を支払う方が得なのです。
6、住居の特例は変わることが多いので税務署にご確認された方が良いでしょう。
7、公正証書遺言は、認知書だから書けないことはありません。正常な時に作成すれば
問題は、ありません。医師の立会いもあるので、問題ありません。
自筆は、トラブルが多いので、やはりできれば公正証書です。
早急に、専門家の先生にリアルにお願いしておいた方が良いでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
supertonton先生お忙しい中、早々にご回答を下さり心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。とても参考になりました。両親は兄から会社を取り上げる(経営権を与えない)ということは考えていないようです。
父は兄に裏切られたという気持ちがとても強く、兄には会社を継がせたのだからそれで十分だと考え、それ以外(会社以外のもの)を相続させたくないと考えている半面で、自分が遺言という形で書くことによって兄から嫌われたくないという気持ちもあるようです。複雑な親心なのだと私は理解しています。父は、「兄が“家業を継いでいる”=(イコール)生計を立てられるだけの収入を得られる」状態であることが、現金や不動産など、他のどんなものよりも価値のあるものを譲り渡したと考えているのです。自分の亡き後のことを語るとき、まず言う言葉は、「もう充分相続させている」ということなのです。母もそれに同意しているところもあって、「相続には当たらない」ということを明確に伝える必要があると私は感じています。そして、両親が考えている相続をするためには公正証書を作ることが必要なのだと理解してもらえたらと思います。それで、両親に明確に伝わるように確認をさせていただけますでしょうか?
世間一般でいう、いわゆる“家業を継いだ”という事実が相続の内容に当たるのではなく、株式会社である以上、相続に当たる部分はあくまでも現時点の父の持ち株の金額であるということですね?父が築いた会社を今、兄が継いでいるということそのものは、相続の内容とは関係がない(相続内容にはならない)という解釈でよろしいでしょうか?最後に、両親が先に進んで行くためにもうひとつだけお願いします。
認知症の父が公正証書を書く場合、私達が最初にお願いに行くのは相続関係の税理士先生のところであっていますか?医師が立ち会うというのは、税理士先生から言われてから主治医の先生にお願いするのでしょうか?それとも、前もって私達から主治医の先生にお願いする必要がありますか?(主治医の先生は内科医です)
あるいは、公正証書を書く時には専属の医師の先生が担当されていらっしゃるのでしょうか?Supertonton先生も大変お忙しいことと存じます。
何から何まで細かいことを訊いてしまって本当に本当に申し訳ございません。
どうぞよろしくお願い致します。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
お父様に、相続は充分させたと言う意思があれば、そのように遺言をすれば良いのです。
遺言には、財産目録のような部分だけではなく、付言事項と言って
自分の思いを書くところがあります。
長男には、十分生前にしてやったのだから、遺産は他のものに残すみたいなことを
しっかり書くのです。
それでも、遺留分は残ります。
また、厳密なことを言うと、親の会社を継いだと言うことは親の財産形成に寄与した
ことになり、寄与分と言う他のものより財産をもらう権利が出て来る場合もございます。
あまり、会社のことは深追いしない方が良いでしょう。
それと、遺言作成の専門家は、弁護士と行政書士だけで、税理士は、相続税の専門家であり
遺言作成や遺言執行には、適さないと思われます。
報酬額をたくさんかかるだけかもしれません。
遺言を作成したりすることは、相続にトラブルを起こさないためのものです。
相続トラブルに詳しい専門家でないと難しいと言えます。
公正証書遺言は、公証人が出張してくれますので、公証人と打ち合わせて
医師もかかりつけの内科医でもかまいません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
Super Tonton 先生
こんにちは。
お忙しい中、早々に回答を下さり、心から感謝申し上げます。
先生から頂いた回答を母に渡し、読んでもらっています。
母にこの内容について何か追加して訊きたいことがないか確認をしておりますので
評価をさせていただく前にもう少しだけお時間を頂きたく存じます。
先生には心から感謝しております。
本当にありがとうございます。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
よろしくお願い致します。
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4333
経験: 中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
supertonton先生こんにちは。
ご連絡が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
母と姉と父と話をしたようです。
公正証書を書くということを父の了承したようです。
姉は父は認知症の診断が出ているわけではないので、そのまま公正証書を作ろうと考えているようです。
また、兄に何も残さないのはもめるもとになると考えたようで、父の死後、母の生活が困らないように不動産を確保した上で兄弟で等分することになりそうです。
私は話し合いに立ち会えたわけではないので、両親が本当に納得しているのかどうかがとても気になっています。
兄弟姉妹といえども、やはりそれぞれ家庭を持って独立をすると考え方も価値観も変わってきますね。
純粋に両親のことだけを考えるというのは理想でしかないのかなと感じました。
難しいなと思います。この先、どんな風に話が進んでいくのかわかりませんが
SuperTonTon先生にアドバイスを頂いたことで前進することができました。
本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
少しでもお役に立てたようで良かったです。
また何かございましたらお気軽に
ご相談下さい。
よろしくお願い致します。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    121
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    121
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    50
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    17
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    11
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    49
    東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    42
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    31
    民事法務専門
 
 
 

相続・遺言 についての関連する質問