JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
67942392
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

父が亡くなりました。数十万ですが、私が保証人になっているアパートの家賃の不払いがあり、債務超過と思われるため、相続放棄をしようと思います。その場合親族のうち、どこまで放棄をする必要

解決済みの質問:

父が亡くなりました。数十万ですが、私が保証人になっているアパートの家賃の不払いがあり、債務超過と思われるため、相続放棄をしようと思います。その場合親族のうち、どこまで放棄をする必要があるのでしょうか。
また保証人になっている家賃も放棄できるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
まず、一番大切なことは、質問者様が父親の債務は放棄することが可能ですが、その場合でも質問者様自身の保証人としての債務は無くなりません。
したがって、質問者様が父親の相続放棄した場合、父親の債務は免除されますが、保証人として家賃を支払わなければなりません。その点ご注意ください。
そして、それでも相続放棄をしたいという場合にどこまで放棄する必要があるか、ということですが、まず配偶者(つまり質問者様の母親)がご存命ならば、母親は放棄する必要があります。また、質問者様がに兄弟姉妹がいるならその方たちも放棄する必要があります。そして、次に父親の両親がご存命ならその方たちも放棄する必要があります。そして父親に兄弟姉妹がいれば、その方たちも相続放棄する必要があります。
とりあえず、そのくらいまで相続放棄すれば債権者も債権回収を断念するでしょう。
不明な点があれば当初の質問の範囲内で補足しますので返信してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
早速のご解答有難うございます。
家賃の件は理解いたしました。
その他、通販等の債務が有りそうです。
この先何が出てくるか恐ろしいので、念のために相続放棄はしておきたいのですが、そうした場合、遺品の整理等はできなくなるのでしょうか?
借りている部屋の片付けはどうすればいいのでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>念のために相続放棄はしておきたいのですが、そうした場合、遺品の整理等はできなくなるのでしょうか?
→財産になりそうなもの(高価なものは)手をつけられません。もし自分のものにしたり処分すると相続放棄をすることができなくなってしまうからです。
常識的に、売れば値段のつくものは手を付けないで、衣類や写真など身の回りのものは整理することができると考えれば良いでしょう。
>借りている部屋の片付けはどうすればいいのでしょうか?
→上記に述べたように、相続放棄してしまえばもはや質問者様たちの責任ではなくなります。不払いの家賃や部屋の明け渡しに関しても処分の責任は家主にあります。質問者様は上記の範囲で遺品整理をして、あとは家主に処分を委ねるしかありません。
shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問