JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

お世話になります。最近亡くなった伯父と、3年前に亡くなった叔母の相続協議がやっと終了したのですが、6人の相続人が手元

解決済みの質問:

お世話になります。最近亡くなった伯父と、3年前に亡くなった叔母の相続協議がやっと終了したのですが、6人の相続人が手元におく協議書はコピーでなく自筆の署名、実印押捺も済ませた原本を持つべきでしょうか?また、今後の金融機関等への手続き代行を行政書士の方にお願いするのですが、委任状は伯父用、叔母用ということで6人の相続人が2通ずつ用意する必要がありますか?また、印鑑証明も必要かと存じますが、委任するのはおひとりの行政書士の方なので6人が1通用意するだけでよろしいでしょうか?
宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

回答いたします。

まず,相続人は各自原本を持つべきです。

何かの際に必要となることがありますから。

そのため,原本を最低限人数分作成する必要があります。

委任状は,伯父用,叔母用別個に作成する必要があります。

印鑑証明は,その行政書士の指示に従ってください。

通常は,金融機関ごとに1枚必要となることから,1枚では足りないことが多いと思います。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問