JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

何回もお世話になります。 今までの質問にも関係するのですが、新しい質問をさせてください。 回答が早いのには驚いて

解決済みの質問:

何回もお世話になります。
今までの質問にも関係するのですが、新しい質問をさせてください。
回答が早いのには驚いています。そんなに急ぎませんのでよろしくお願いいたします。
遺言書は、自筆で作るつもりです。自宅に保管したいと思いますが、この場合、開封時に家庭裁判所に届けなければ無効になりますか。届けなくても良いのですか。
それとも、金融機関などの預金を下ろすとき、遺言状を見せれば問題はありませんか。金融機関等が要求する独自の資料はあると思いますが、それらには対応するとして。
財産は、債券、投資信託、預貯金のみです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
こんにちは、質問を投稿いただき誠にありがとうございます。
すべての金融機関で確認したわけではありませんが、自筆遺言の場合、家庭裁判所で検認したことを証明する検認証明書を遺言と一緒に添付しなければ各金融機関は弟さん一人での相続手続きを受け付けません。
検認を受けない場合、手続きには相続人全員の署名押印が必要になります。
公正証書の遺言であれば、検認の手続きは不要となり弟さん一人でも手続きできます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

私の場合は、兄弟が5人で、そのうちの、一番下の弟1人を相続人にします。

この場合、兄弟には、遺留分がないのっですから、それでも兄弟全員の署名押印は必要ですか。また、必要な場合は、兄弟の誰かが、死亡していた場合、その子供(私から見れば甥や姪)の署名押印も必要ですか。

専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
遺言書(公正証書による遺言を除く。)の保管者又はこれを発見した相続人は、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、その「検認」を請求しなければなりません。
また,封印のある遺言書は,家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています。
検認は「しなければいけない手続き」であり、それを知っていて相続人が検認手続きをしないのであれば、遺言書のない通常の手続きを踏む必要が出てくるのです。
「検認をしなくてもいい、遺言通りにみんなで手続きしよう」と相続人みんなが思うなら、相続人みんなで手続きするよりないのです。
>必要な場合は、兄弟の誰かが、死亡していた場合、その子供(私から見れば甥や姪)の署名押印も必要ですか。
そうなります。
兄弟の相続には再代襲は無いので兄弟の子どもまでです。
sakurabitoをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

お世話になります。

再度のご回答に満足しております。

甥や姪の押印も必要なこと、再代襲についても良く分かりました。

ありがとうございました。

専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
評価並びに返信いただきありがとうございます。
希望に叶う手続きができることを願っています。

相続・遺言 についての関連する質問