JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

t-lawyerに今すぐ質問する

t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 581
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

初めまして、検索からこちらに辿り着きました。 相続関係と精神病関係の質問をさせて頂きます。 経緯の説明が必要な為

解決済みの質問:

初めまして、検索からこちらに辿り着きました。
相続関係と精神病関係の質問をさせて頂きます。
経緯の説明が必要な為長文になりますがご容赦下さい。
我が家は父(60代)、母(60代)、兄(30代)、私(20代)の四人家族。母が統合失調症を患っており、過去3度入院、現在通院しています。
母方の祖母が東京に土地を持っており、そこに建てられたアパートの一室に25年ほど住んでいます。
血縁者所有のアパートですが無賃ではなく、本来より少し安い家賃で住まわせて貰う代わりに管理人を任されていました。
私は自宅で出来る職業なので日中大体家で統合失調症の母の様子を見ながら生活をしています。
昨年3月にその祖母が胃がんで亡くなりました。
祖母は遠方に住んで居たのですが2年程前体調を崩し、こちらのアパートの一室で私達家族で介護することに。
母には兄(私から見た伯父)が居るのですが、祖母を自分が引き取るという話は一切せず気付いたら介護もこちらに任せるという形になっていました。
母は統合失調症ながらも祖母が好きで長生きして欲しいと思い、病気で思うように動かない体を一生懸命動かし介護をしました。父も積極的に介護に協力しました。
しかし現場に居ない介護の実態を知らない伯父から、こちらの介護方法について頻繁に口出しされ、出来ないと凄い剣幕で叱咤されたそうです。
叱咤の内容は祖母の不注意による事故(といっても誰が悪いわけでもないアクシデントのようなもの)が3回あった事や食事等。
我が家にも仕事や介護意外にやらなければいけないこと、母の精神病による限界があったため24時間つきっきりではいられないし、そこまで文句を言うのなら自分の所で引き取って介護をすればいいのにと私は思ってしまいました…過ぎてしまった話ですが。
こちらは出来る限りの事はやっていたし1度目の不慮の事故から祖母がいつでも助けを呼べるようにナースコールと徘徊防止機器を付け対策しました。
音が鳴ればすぐ飛んでいき要望を聞いたり話をしたり、事故を防ぐ為のものです。
2度目、3度目の事故は毎回着けるように言っていたその機器を祖母が自ら寝る時に外してしまった原因で起きました。
それでもこちらが100%悪く、何もしない伯父に攻め続けられるのです。
そのせいで母は日々の心労疲労もプラスし統合失調症による幻聴が悪化、毎日介護中祖母の声で悪口を言われていると思い込み精神的にも追い込まれて行きました。
そして祖母が亡くなり、そのショックもさらに心の負担になりました。
しかしショックを乗り越えていないまま相続の問題が出てきます。
祖父はだいぶ前に亡くなっているので、伯父と母の二人兄妹での分配になります。
大変な作業になるので病気が悪化した母だけでは対応しきれない部分がどうしても出てしまうため父が手を貸し、不正のないように記録を残し誠実に協力していました
しかしその場面でも母に対する伯父の攻撃は止みません。
亡くなった後も上記の不慮の事故を持ち出し何度も何度も攻め潰すのです。
祖母の介護にはアレコレと口出しだけはしてきたのに母の病気の事を気遣ったことなど一度もありません。
父は母を庇い応戦したらしいのですが更に尋常じゃない大声で怒鳴り散らし父と母の人格否定をしたそうです。
父は母の祖母とも祖父とも仲が良く、頼み事をされれば喜んでやる性格で、困った事があれば手を貸すのが当たり前の至って普通の人間です。
結婚前から病気だった母を支えようと子育ても積極的にやり今まで本当に頑張ってくれました。
伯父はそんな私達家族がこの土地に住んでいるのが気に食わなくて仕方ないらしく
「どうやって祖父、祖母を誑し込んだんだ」「お前は○○家の遺産を横取りする気だろう!」と父に叫び散らしたそうです。
それはとても尋常な様子では無かったそうで…その後も顔を合わせる度、電話で話す度一方的に烈火のごとくマシンガンのような怒声で母を蜂の巣にしてきたそうです。
なぜ人聞きのような書き方をしているかと言うと、私がその事実を知ったのがつい数週間前になるからです。
伯父は高学歴で大企業のお嬢様と結婚をしており金銭的に裕福な生活をしています。
その伯父の奥さんや子供である私、兄が一緒に居る集まりの時は至って普通にしており嫌な顔1つせず母や父にも優しく接していたのです。最初に母から打ち明けられた時はまさかあの伯父が…?と思いました。
母は病気で幻聴が聞こえるので、幻聴ではないか…と思ったのですが父が全く同じ事を言うので信用出来ました。
いくら父が言っても止まない徹底した母への暴言の数々…うちのめされて母は伯父の事を考えるだけで症状が悪化しおかしくなるようになってしまいました。
私はそれに気付いてから母の心のケアを以前よりもつきっきりに、親身にするようになり、不安定ですが気持ちが穏やかな時は笑顔を見せて冗談を言えるぐらいには戻す事が出来るようにはなりました。
しかし根本の伯父との遺産相続問題が解決していない為、すぐにまたダメになってしまいます…。
伯父が関わるととたん出来る事も出来なくなり、暴言の幻聴が聞こえ萎縮し、遺産相続に必要な頼まれ事も対応出来ず、その事でまた更に伯父が怒る悪循環に陥っています。
父は助けてやりたいそうなのですが遺産手続き関係に介入すると伯父がうるさく、いくら論理的に対抗しても相手が発狂したように怒鳴るだけ。
本当に確信を突くと黙りこむらしいのですが聞か無かった事にして話題を変え、また伯父の中だけにある正論を怒鳴り散らし、同じ事を繰り返しどうにも手がつけられない状況です。
伯父の様子があまりにも異常なためネットで検索した所『自己愛性人格障害』というものに9割当てはまっていました。
・自分より上のもの(地位もお金も自分以上にある奥さん)には一切逆らわない点。
・ターゲット(母、父)を常軌を逸した剣幕で徹底的に扱き下ろし潰そうとする行動、言動
・それ以外の人間(私、兄)にはいかに常識的でいい人間かを印象付ける行動を取る点
・頼み事は威圧的でやってもらうのが当たり前という態度
・基本的に人に感謝をしない、お礼も言わない。言っても本当に軽い心のこもっていないものだけ
・面倒事(祖母の介護)から逃げる癖にこちらのミスを扱き下ろす
・ターゲット以外が一緒にいる場(特に奥さん)ではターゲットの言うことも提案もニコニコ了承するが、対ターゲットだけの環境になるとその時の了承を180度変えて手のひらを返し激昂する
などなど…
論理性を母に求めたり卑怯者だと罵る癖に本人が矛盾だらけで卑怯です。
対奥さんではちょっとでも窘められればどんな事でもすんなりと言う事を聞くのに、対父では最初から激昂し
「俺は家族がいて妹(母)も元気だった頃が一番楽しかった!」
「俺だってイライラしているんだ!!」等と指摘された事とは無関係のキレ方をします。
母を甘やかし病気を悪化させ、祖母を誑かし殺したのは父だと勝手に思い込んでいるようです。
母は自分の病気もあり、介護に限界が来た為祖母の最期を病院に預ける形になってしまったのですが(医者と話をしているときは伯父もその件に了承)
その後自宅での話し合いで「親にあんなによくして貰ったのに引き取り拒否をするなんてお前は人間じゃない!!」とひたすら人格否定されたそうです。
母はあの時伯父が了承してくれて、すごくホッとしたと言っていたのに…もう言動行動が無茶苦茶です。
祖母が亡くなった際、最期を看取った病室で私や兄がいた手前殊勝な事を少し言っていましたが病室から出た後医者の悪口を言い、挙句「いい時期に死んでくれた」と言ったのを父が聞き、なんて奴だと思ったそうです。
(いい時期と言うのは祖母が亡くなったのが2014年3月で法改正で遺産の税率?が変わる前だから…というような理由でだったと思います。)
現在もまだ遺産相続が終わっておらず、私達家族が住むアパートの収入の分配や土地についてのアレコレを伯父と母で話し合っているようなのですが、今の所きちんと分配するつもりのようです。
しかしこのような人間が何故遺産分配の手続きだけはしっかりとやっているのかを私は疑わしく感じてしまいます…
一度母の意識が朦朧とし、書類の文章も読めないような状態で実印を押させた事があったらしいのです。
今のところそれで問題は起きていません…が、今後どうなるかはわからず悩んでいます。
アパートの残っていた借金は遺産で一括完済し残りは均等に分け、今後アパートの運用で入ってくる収入は均等に分配しようという話で纏まってはいるそうです。
母は統合失調症な上、伯父を相手にすると恐怖で何も出来なくなります。
私と父で母の精神面、体力面のケアは一生懸命やっているのですが…どうしても母がやらなければいけない事柄なので変わってあげる事が出来ず対処法がわかりません。
喚き散らす為父の介入も出来ず、もし何か出来るとすれば(伯父から見てまだ敵意の無い)私が作業や話し合い中常に横に付いて手伝ったり引き継いだり…しかないかと思うのですがどうすれば良いでしょうか?
こういった場合気をつけなければいけないことや注意しなければいけない事、知っておいたほうが良い事などあるでしょうか?
また、伯父の攻撃をやめさせる手段が何か無いか知りたいです。
関わりたくないのですが関わらざるをえないので逃げられません。このままでは母が自殺する可能性もあります…助けてあげたいです。
また、伯父は高学歴で教授をしているのでどういった手段を使ってくるかすらもわからず不安があります。(法学部ではないようですが)
奥さんに頭が上がらないのが弱点なのだとは思うのですが脅すような行為はあまりしたくありません。
遺産関係や法律の学がなく、検討もつかないためご教授頂けるとありがたいです。
何卒よろしくお願い致します。
長文失礼致しました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  t-lawyer 返答済み 1 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

回答いたします。

まず,お母様が統合失調症ですよね。

統合失調症だと,行為能力がない場合が多いと思います。

行為能力とは,民法で定められた概念で,有効に法律行為をする能力です。

行為能力のない者が行った法律行為は無効となります。

例えば,遺産分割協議がまとまったとしても,それは無効となるということです。

そのため,まずはお母様に成年後見人をつけた方がよいと思います。

成年後見の申立ては,最寄りの家庭裁判所でできます。

そのうえで,遺産分割については,余計な人格攻撃を少しでも避けるため,家庭裁判所に遺産分割調停を申し立て,裁判所という第三者がいるところで話し合ってはいかがでしょうか。

裁判所がいれば,伯父もそこまでおかしなことは言ってこないでしょう。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 1 年 前.

回答どうも有難うございます。

成年後見人のお話参考になりました。

質問があるのですがよろしいでしょうか?

>行為能力のない者が行った法律行為は無効となります。

というのは遺産相続に関する部分だけは不満がなく(均等に分配という姿勢を今のところ取ってくれてはおります…何故かはわかりませんが)円滑に最後まで相続手続きが行われたとしても無効になるのでしょうか?

"行為能力がない為後からでも無効に出来る" のか

"行為能力がないので双方の同意があっても必ず無効になる" のか、

"行為能力がないが申し立てなければ無効にならない"

なのかを詳しく教えて頂きたいです。

現段階では遺産相続手続きの部分だけでは何か問題のある行為はしていないため裁判所に話しを持って行くとなるとその事で伯父が怒り出す可能性があります。

こちらの判断だけで勝手に裁判所に行き、成年後見人を付けた後話し合いに持って行った方がいいのか、また、それは可能なのでしょうか?

しかしこちらも現状では向こうのやってくれている手続きには不満はないのです…大変な部分を引き受けたりしてくれている部分があるのは確かですしその点に関して有り難いのもわかってはいるのですが…。

母が文字を書いたり書類を読んだりと対応できない場面が多いのでどちらにせよ成年後見人制度を利用した方がいいという感じでしょうか…?

母はもう伯父に会うのも対応するのもすべてが辛い、嫌だと言います。

伯父は周囲の目のある所や人前では声を荒らげたり叫んだり等はしないのですが、以前「区がやっている財産分与、相続に関する無償の勉強会」のようなチラシが我が家に届いており、これからの遺産相続の勉強の為に行ったほうがいいか母が伯父に聞いたことがあるのですが

「そんなもん無償で親切心でやるわけがないだろ!絶対に行くな!」と怒鳴り散らされたそうです…。

人を一切信用せず、他人の親切や思いやりを裏の有る行為だと思っているようなのです。

なので成年後見人を母の為につけてあげたいと言ってもその場は許すかもしれませんが後々手のひら返しをして罵倒するかもしれません…。

また母の病気を理解する気が無いらしく、出来ないのはすべて甘えだと思っており、より攻撃材料になる可能性もあります…。

遺産相続関係以外でも納骨や祖母の家の片付け、処分時に顔を合わせる機会が有るためその時に成年後見人の事でボロクソに言うかもしれません。

(色々と解決策を練って頂いたのにもしかしたらの仮定の話で否定してしまいすみません)

頂いたご意見参考にし自身でも調べてみようと思います。

もしこちらの件で他に回答が頂けるのでしたらよろしくお願い致します。

専門家:  t-lawyer 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

私が申し上げるのもおこがましいのですが,いい質問だと思います。

「行為能力がないから無効」とは,「行為能力がないから法律的には無条件に無効,しかし,誰かがその無効を主張しない限りは無効であることが世に出ることはないから,誰も何も言わなければ無効であることが見過ごされて実質的に有効と同じようになる」ということです。

一番近いのは,「同意があっても必ず無効」ですね。

しかし,それは結局その後「無効だ」という人がいるから,無効であることが明らかになるのです。

後見人の件ですが,可能ならつけた方がいいと思います。
統合失調症の方が行った法律行為というのは,後々その有効性が問題となることがかなり多いです。
伯父の気持ちがもし変わったら,「無効だ」と言い出す可能性も否定できません。

成年後見人をつけることは,こちらの判断だけでできます。
伯父の許可などいりません。

また,仮に遺産分割調停をやることなく円満に遺産分割できたとしても,成年後見人をつけておくことはしておいて方がよいというのが,私の考えです。
それは,やはり今後お母様の財産を守る意味でも必要だと考えるからです。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 1 年 前.

回答どうもありがとうございます。

行為能力が無い場合は法的に必ず無効、なのですね。勉強になりました。

仮に途中から伯父がおかしな契約を母にさせたとしても、こちらから申し立てれば無効にできるという解釈も出来るという事ですよね。

また、お話して下さった"行為能力の無い人間が相続手続き等をした後に起こりうるトラブル"は母のこのケースだとどういったものが考えられるでしょうか?

こちらの情報が全てそちらに伝わっているわけではないので最初の記載にあります家庭環境からの憶測で構わないのですがt-lawyerさんが思いつくものを教えて頂きたいです。

また

>統合失調症の方が行った法律行為というのは,後々その有効性が問題となることがかなり多いです。
伯父の気持ちがもし変わったら,「無効だ」と言い出す可能性も否定できません。

というのは、伯父が分配手続きをした後、「妹(母)に行為能力が無い為無効にする」…という事だと思うのですが無効にしたとして伯父側に何かメリットがあるのでしょうか?

無効になった場合今までにやった全ての相続書類等をやり直す羽目になり得がないように思えるのですが…

こちらの2つの事について教えて頂いてもよろしいでしょうか?

度々の質問申し訳ありません。

よろしくお願い致します。

専門家:  t-lawyer 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

「行為能力がない場合は法的に必ず無効」
「法的におかしな契約をさせたとしても,こちらから申し立てれば無効」
はその通りです。

統合失調症の方が行った後によくあるトラブルは,後の説明とも重なりますが,例えば,以下の通りです。

今回,伯父と母が運よく平等な遺産分割をしたとします。
書面まで作ったとします。
しかし,何かのきっかけで伯父の気持ちが変わり,もっと自分に有利な方法で分けたいと考えた場合,「この遺産分割協議は無効だ」と主張されてしまいます。

これが成年後見人をつけていれば,無効になることはないので,伯父が一度成立した遺産分割協議をひっくり返すことはできなくなります。

伯父がこのようにするメリットはあります。
確かに手間はかかりますが,何かで気持ちが変わり,憎しみなどの感情が湧き,自分に有利なように分けると考えることもありうるからです。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 1 年 前.

回答有難うございます。

何度もすみません、質問があります。

伯父のメリットについてなのですが、無効だからと伯父から取り下げた場合果たして自分に有利なように…というのは可能なのでしょうか?

伯父が自分に有利なように進めた段階でこちらが行為能力無しの為無効、と申し立てをすることが出来るという話でしたよね?

また仮に伯父がこちらに憎しみを持ったとして、一度決まった公平な遺産分配を「妹(母)が行為能力無しなので取り下げる」と言った段階で母に行為能力が無い事実が公になります。

そうした場合やりなおしの段階で母に成年後見人のような代理をつけざるを得ない事態になるのでは無いのでしょうか?

今の遺産相続は受け取るべき権利のある親族全ての同意(印鑑を押した書類)が無いと受け取る事が出来ない…というような記事を読んだ記憶があるのですが…

これが私の勘違いで、

伯父が何かしら不正をし伯父1人で遺産を受け取るような事態があり得る、また、それが可能…という事ですか?

ご教授お願い致します。

専門家:  t-lawyer 返答済み 1 年 前.

もちろん伯父が無効とした場合,こちらに成年後見人をつけざるをえない事態になります。

しかし,二度手間ですよね。

あくまで可能性を述べたまでですが,現実にそのような例があるので申し上げました。

本件でどうなるかはもちろんわかりません。

伯父1人ではもちろん無理です。

よろしくお願いいたします。

t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 581
経験: 東京大学卒業
t-lawyerをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    121
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    121
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    50
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    17
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    11
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    49
    東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    42
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    31
    民事法務専門
 
 
 

相続・遺言 についての関連する質問