JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

sakurabitoに今すぐ質問する

sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

家内の相続について質問します。私は長女の夫です。 兄弟は長女(姉:静岡県在住)、長男(弟:神奈川県在住)の2人

解決済みの質問:

家内の相続について質問します。私は長女の夫です。
兄弟は長女(姉:静岡県在住)、長男(弟:神奈川県在住)の2人。
共に配偶者有り。父親は他界。母親は、病床で余命いくばくです。
実家は、母親一人暮らし。(三重県)
相続対象は、
①実家の家と土地
②生命保険(内容・金額は不明)
③証券会社に株と投資信託・・数百万はありそう
遺言書の作成は、していないようです。
弟は、50代前半で生計は神奈川県ですが、実家は自分が住むものという
意思があり、年金をもらうようになったら住むと言ってはいます。
実家で同居であれば、どうこう言うつもりはなくなるのでしょうが・・
相続人同士の協議ですめばよいのですが、もめそうな気がします。
家内は、生前に弟があれこれ手続きや処分をされるのではないかと心配しています。
こういう場合、
①弁護士?とか入ってもらうのがよいのでしょうか?(費用はやむをえないでしょうが)
どれくらいかかるものでしょうか?
②母親は病床のため銀行印は弟が持っていますが生前に何かできてしまうことがありますか?
(普通預金は、わずかで定期預金は無いようですので気にはしていませんが)
③不動産・有価証券を相続する場合、すべてを評価して等分するという方法になりますか?
不動産を希望したとしても平等に分けるという考えでよいのでしょうか?(協議は必要でしょうが)
④権利書だけで、名義変更などはできないと考えて大丈夫ですか?(実印は不明です)
⑤証券会社関係の手続きは、亡くなったあとに出向いて内容伝えれば
処理の方法を教えてもらえるものですか?
以上よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
こんにちは、質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。
順にお答えしようと思います。
こういう場合、
①弁護士?とか入ってもらうのがよいのでしょうか?(費用はやむをえないでしょうが)
どれくらいかかるものでしょうか?
ここに書かれている「こういう場合」というのは、相続の開始後の場合ということでよろしいでしょうか?
相続開始後に相続人間で遺産分割について協議が整わない場合の選択肢としては家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てて話し合う方法が一般的です。
調停の手続きはからずしも弁護士さんを必要とはしませんが、遺産分割調停の場合、戸籍を揃えたり相続財産の資料を揃えるためにそれなりに手間と労力は掛かります。
最初から弁護士さんを委任する方もいますし、調停の途中から弁護士さんを委任する方もいます。
弁護士の報酬は、個々の事務所によって違いますので一概にはお答えできません。
委任する前には相談をされると思います。相談の際に報酬について納得できる説明を受けてから依頼されるとよろしいかと思います。
弁護士さんのHPには報酬について明記している事務所もありますので、参考にされると良いと思います。
なお、遺産分割調停で話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に審判手続が開始され、裁判官が遺産に属する物又は権利の種類及び性質その他一切の事情を考慮して審判をすることになります。
②母親は病床のため銀行印は弟が持っていますが生前に何かできてしまうことがありますか?
(普通預金は、わずかで定期預金は無いようですので気にはしていませんが)
預けているのが実印ではなく、通帳と銀行印だけであるなら、預金を全額おろすまでが限界だと思いますので、残高が無くなる以上の大きなリスクは無いと思います。
もちろん、預かっているからと言って弟さんがお母さんの預金を私的に使っていいわけではありません。相続開始後には預金通帳の履歴を見るなどして使途不明金がないか確認されると良いと思います。
③不動産・有価証券を相続する場合、すべてを評価して等分するという方法になりますか?
不動産を希望したとしても平等に分けるという考えでよいのでしょうか?(協議は必要でしょうが)
法定相続分で考えた場合、すべての遺産を評価したうえで、2分の1に分けることになりますが、分け方はいろいろあって構いません。
不動産を含むすべての遺産を一人が相続するかわりにもう一人の相続人が代償金として法定相続分に見合う分の現金をもらう形で解決する方法もあります。
また、
不動産を2分の1ずつの共有名義で登記し、その他の財産も半分に分ける。
方法もあります。
すべてをお金に換えて半分にする方法もあります。
もちろん、相続人間で協議して合意が必要になります。
④権利書だけで、名義変更などはできないと考えて大丈夫ですか?(実印は不明です)
お母様が生きている今の段階で不動産の権利書だけが弟さんのもとにあっても、お母さんが実印・印鑑証明を渡さなければ勝手に不動産を売ったり名義変更はできないと思います。
印鑑証明・実印まで弟さんに渡しているようであれば、少々危険だと思います。
⑤証券会社関係の手続きは、亡くなったあとに出向いて内容伝えれば
処理の方法を教えてもらえるものですか?
そうですね。電話で亡くなったことを伝えても必要な書類を郵送してくれると思いますので、まずは電話で説明を受けたらよいと思います。
以上、お答えいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

私事になります。

母は他界、父は健在、兄弟は長男、長女、次女 全て既婚者

父は、既に公証役場にて遺産分割の手続きをしてあります。

その内容で、金額ではなく金融機関ごとあるいは株券、不動産などでの分け方をしました。

当然、普通預金などは変動しますし株や不動産は価値が変化します。

①最終的に証書通りに分けられるだろうと思いますが、もし差が出た場合

協議で何とかなれば良いのですが、ならない場合遺留分とかあると思いましたのでどういう割合まで問題ないことになりますか?

②不動産の価値は、路線価格とか評価額とかありますが何で判断しますか?固定資産の評価額なら通知でわかりますが・・

③現状、父は既に施設にお世話になっており、長男の私が実質父のお金は管理しています。

父が亡くなった際に、それまでの入出金に対し兄弟にあれこれ追求されるのはかないません。最終的に、通帳というより金融機関で残高証明のようなもので開示するでもかまわないものなのでしょうか?

証書に書かれているものは、手を付けることはできてもやるつもりはありませんが、普通預金については変動(父の生活費など)しますのでそこまでは開示したくは無いのが本心です。実際、自分のお金からも父の物を購入したりとか分けることは難しいです。

よろしくお願いします。

(1通目と内容が変わってますが大丈夫でしょうか?)

専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
順にお答えします。
①最終的に証書通りに分けられるだろうと思いますが、もし差が出た場合。協議で何とかなれば良いのですが、ならない場合遺留分とかあると思いましたのでどういう割合まで問題ないことになりますか?
回答1
遺留分は権利であって義務ではありません。
結果的に遺留分を侵害する遺言になったとしても、相続人が問題視しないのであれば、0対100の遺言でも有効です。
子供だけが相続人の場合、遺留分は法定相続分の半分です
子供3人の法定相続分はそれぞれ3分の1ですから、遺留分は6分の1です。
②不動産の価値は、路線価格とか評価額とかありますが何で判断しますか?固定資産の評価額なら通知でわかりますが・・
回答2
不動産の評価は、それぞれです。
みんなが固定資産額で良いならそれでよいですし、何人かが不動産屋さんに簡易評価してもらって、平均を取る場合もあります。
一つだけに評価方法が限定されていないのが現状です。
③現状、父は既に施設にお世話になっており、長男の私が実質父のお金は管理しています。
父が亡くなった際に、それまでの入出金に対し兄弟にあれこれ追求されるのはかないません。最終的に、通帳というより金融機関で残高証明のようなもので開示するでもかまわないものなのでしょうか?
回答3
引出の履歴よりも、引き出したお金をどのように使ったかが問題です。
こまめに領収書などを保存しておく、領収証の無い支払いについてもノート等に支払先を記録しておくことをお勧めします。
遺産分割で問題になるケースには「使途不明金」が多いです。
支払先を証明できないと、使途不明金・特別受益として遺産分割協議で紛争になりますよ。
④証書に書かれているものは、手を付けることはできてもやるつもりはありませんが、普通預金については変動(父の生活費など)しますのでそこまでは開示したくは無いのが本心です。実際、自分のお金からも父の物を購入したりとか分けることは難しいです。
立て替え金は定期的にでも清算しておいた方が良いと思います。
亡くなってしまうと、清算すらできなくなる可能性が高いです。
3の回答とかぶりますが、使途不明金などと追及されないようにお父様の財産は分けて管理されることをお勧めします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

いっぺんに質問できずすみません。

不動産についてですが、この不動産とは別に実家(長男ですが他に住んだ為)の土地があります。

ここは、父の妹(独身)が家を建て、祖母と同居していましたが既に祖母は

他界しています。

証書でこの土地は私が相続することになりますが、叔母が健在のうちはそのまま現状維持になると思います。

もし、叔母が亡くなったときに家を処分するような状況になったときは手続き的にどうなってしまいますか?子供もおりません。

父にはあと、弟がおり健在です。

叔母も私が相続することは承知はしています。

先の質問で、父の生活費等ですが証書の中に「割り当てられた相続分以外の財産は、長男に・・」という内容があったと思います。

これにより、細かい部分に意義を申し立てられずにすみますか?

よろしくお願いします。

専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
1、
もし、叔母が亡くなったときに家を処分するような状況になったときは手続き的にどうなってしまいますか?子供もおりません。
答え1
土地が父親のものであったとしても、家は叔母のものですから、叔母さんが亡くなった時の叔母さんの相続人たちで家について分割協議をすることになります。
2、
先の質問で、父の生活費等ですが証書の中に「割り当てられた相続分以外の財産は、長男に・・」という内容があったと思います。
これにより、細かい部分に意義を申し立てられずにすみますか?
答え2
父親の生活費に使っている口座の預金について自分以外の誰かが受取人に指定されていないなら問題ないと思うでしょうが、亡くなった時のすべての残高・評価等を確認しなければ総遺産額を確定できません。
総遺産が分からなければ自分の受け取り分が遺留分を満たしているかどうかも相続人は分からないわけです。
亡くなる直前に預金から大きく引き出されていれば総遺産額が減るわけですから、やはり引き出し履歴を確認することはあり得ますし、使途を証明できないことで問題が起こる可能性は否定できません。
あくまでも可能性ですので、何の問題もなく分割手続きを終えることが出来ることも十分あり得ます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

いろいろありがとうございました。

独身の叔母さんの相続人は、兄弟でよろしいのですか?

もし、兄弟が亡くなって叔母1人となった場合は誰になりますか?

よろしくお願いします

専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
1、
独身の叔母さんの相続人は、兄弟でよろしいのですか?
答え1
独身で子供がなく、両親も亡くなっているなら兄弟になります。
2、
もし、兄弟が亡くなって叔母1人となった場合は誰になりますか?
答え2
兄弟に子供が居れば、代襲相続します。
(代襲するのは兄弟の子供までです。孫の代には再代襲しません)
子供が居なければ、法定相続人は居ないことになります。
被相続人に法定相続人がいない場合、遺言書も残されていなければ、相続財産は行き場がなくなってしまいます。
この場合、家庭裁判所は利害関係人等が請求することによって、被相続人の財産を管理したり負債の清算を行う「相続財産管理人」を選任します。
相続財産管理人が選任されたら、まず相続人捜索の公告を行います。
それでもやはり相続人がいない場合、家庭裁判所が相当と認めるときは、被相続人と特別の縁故のあった者の請求に、清算後に残った相続財産の全部又は一部を与えることができます。特別の縁故というのは、たとえば内縁の妻などがこれにあたります。
そして、特別縁故者に対する財産分与がされなかった場合、相続財産は国庫に帰属することになります(つまり、国のものになります)。
兄弟による相続には遺留分は無いので、叔母さんが遺言書を遺してくれると一番スムーズかもしれません。
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 250
経験: 行政書士事務所代表
sakurabitoをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    122
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    122
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    52
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    17
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    11
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    49
    東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    42
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    31
    民事法務専門
 
 
 

相続・遺言 についての関連する質問