JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 1級FP技能士・CFP・弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 ファイナンシャルプランナー(CFP)
71156846
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

妻の実家の相続問題に巻き込まれています。 今うちで面倒をみている妻の祖母が入った保険(死亡した際の受取人は妻になっ

解決済みの質問:

妻の実家の相続問題に巻き込まれています。
今うちで面倒をみている妻の祖母が入った保険(死亡した際の受取人は妻になっています)の証書を、伯父(祖母の息子)が見てしまいました。伯父は実の母親である祖母の面倒もろくに見ず、そのため祖母は遺産をあげたくないということで、銀行と相談し、保険という方法で秘密裡に相続しようとしていましたが、その後祖母が認知症になってしまいました。
伯父は常に恫喝するような言い回しをし、時には暴力も振るうため、祖母の意志で行ったと言っても信用されないばかりか、おそらく逆上するでしょう。
早く会いに来いと催促されていますが、妻は数年前から患っているうつが酷くなり、会いに行くことはできない状態です。
対応するとすれば、私か妻の弟になりますが、いずれにせよ直接やりとりすることに身の危険を感じます。
年末年始どこも法律事務所がやっておらず、こちらにご相談しました。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
まず、保険について確認します。
契約者は奥様の祖母、保険料支払者も祖母、受取人は奥様(妻)ということでよろしいですね。
また、契約は祖母が行い、契約後、現在は認知症ということですね。
まず、保険金は、(保険金支払い事由発生後は)受取人の固有の財産で、相続財産になりませんので、妻の固有の財産として受取ができます(保険金は勇んでない以上、伯父は、保険金に対し、何らの権利も持ちません。)。
ただし、契約者は、自由に受取人を変更できますので、その意味で、受取人の地位は確定的なものではありません。
ところで、現在、祖母は認知症ということですが、認知症も中度、重度で、契約等に関する判断能力がないといえる場合、受取人を変更は契約行為であるため、判断能力のない人は受取人の変更をすることはできません。してもそれは無効となります。
なお、判断能力がない人が契約行為をするために成年後見人をつける場合がありますが、成年後見人は、本人(祖母)に必要があって保険を解約して解約返戻金を本人のためにつかう、ということは考えられますが、そのような解約の必要がない場合に、受取人だけを変更することは適切とはいえないと考えられますので、成年後見人をつけても受取人を変更することはできないと考えます。
以上を前提に、伯父に対しては、祖母が認知症である現状からは、保険については変動できず、このままということになる、という説明をするということが良いと考えます。
伯父が、受取人を変更しろ、と要求してきても、上記のとおり、もはやできない、認知症であるため、保険会社が受け付けない、といって拒絶するべきです。
このような主張をするためにも、祖母について診断書をとっておくべきと考えます。
暴力的で話し合いが難しいと言うことであれば、文章で応答することもやむを得ないでしょうし、当事者はあくまで奥様で、奥様がうつ病で面会が難しいということでしたら、面会を拒絶してもし方ありません。
そもそも、上記のとおり、保険契約について法的に伯父が口を挟む余地はなく、話し合いをしても、伯父が望むであろう解決はできないのですから、話し合っても仕方ない、といって拒絶してもいいでしょう。
(ただ、穏便にすすめるなら、ご質問者様が面会自体はした上で、上記のような説明をして、どうしようもない、と説明を繰り返すということも会って良いと考えます。)
以上ご検討ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
詳細かつ分かりやすいご回答ありがとうございました。
相続について、さらにお聞きしたいことが2点あります。
先ほどの祖母の保険は、祖母自身、伯父が遺産を独り占めした場合でも、最低限残るようにとしたものです。
したがって、現時点ではそれ以外の相続は、余計なトラブルも避けたいので放棄を考えています。その手続きの方法を教えてください。
また、現在祖母から衣食住に関わる費用として、毎月15万いただいています。上記の金額としては高額ですが、祖母の療育やそれによって妻が仕事をできない(現在はうつが重いので、難しいのもありますが)こともあり、ある程度は妥当と考えていますが、伯父としてはそれも面白くないのです。自分が面倒を見ないのに、将来自分が相続するお金が目減りするのがいやなのかもしれません。加えて、妻は外孫(親が離婚)なので、余計に面白くないのでしょう。毎月のお金について、納得してもらえる方法があれば教えてください。
以上、長くなりましたがよろしくお願いします。
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
お答えいたします。
1 放棄について
先にお答えしたとおり、生命保険は、遺産ではなく、受取人固有の財産となります。
このように、生命保険は、相続と関係ないので、相続について放棄しても、保険金を受け取ることができます。
そこで、相続に関与したくないのでしたら、相続放棄手続をすると良いでしょう。
相続放棄をすると最初から相続人ではなかったことになるので、相続と一切関係なくなります。
相続放棄は、相続を知ったとき(祖母が死亡したとき)から、3ヵ月以内に家庭裁判所に申し立てます。
手続等はこちらをご覧下さい。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_13/
ところで、奥様のお母様かお父様はお亡くなりになっているのですか。
祖母の子である父又は母がおられないので、奥様が相続人(代襲相続人)になるのでしょうか。
2 月額15万について
納得させる決定的な方法はございませんが、支出がある程度適正であること示す者として、支出一覧をつくる、もし外注したらこれくらいかかる、というような予想額を示すことぐらいしかないのではないでしょうか。
ご検討ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
祖母の娘が、妻の母親で既に他界しており、妻には弟がおりますので、相続人は伯父、妻、弟ということになりますか?(なお、伯父には娘が二人おり、どちらも成人していますが、仕送りをしているようです)。義弟も幼少期より伯父の傲慢な行いに辟易しておりましたので、祖母の面倒を見ない伯父に、祖母のものを相続させたくない気持ちはあるようですが、一方でトラブルに巻き込まれるのなら、前述の保険の受取だけでも仕方ないと考えているようです。
以上、上記内容で手続き等変わるようであれば、ご指南よろしくお願いします。
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
お答えいたします。
祖母には、姉(本件妻の母)、弟(本件の伯父)の二人の子どもがおり、姉はすでに死亡しているということですね。
この場合、相続には、弟(本件伯父)と姉の子(祖母から見て孫)の二人(本件妻とその弟)の3名です。
なお、相続割合は、伯父2分の1、妻・弟各4分の1です。
妻と弟が相続放棄した場合、相続人は伯父のみとなります。
手続き的には変わりはありません。
ご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問