JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 495
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

宜しくお願いします 今回は財産分与の件でお聞きしたいのですが 先日、義父が亡くなり財産分与と言う話になり

解決済みの質問:

宜しくお願いします
今回は財産分与の件でお聞きしたいのですが
先日、義父が亡くなり財産分与と言う話になり、原戸籍を取り寄せました。
その時に初めて判ったのですが、義母と結婚する前に結婚をしていてその時に3人の子供を設け
理由は不明ですが、離婚をして義母と再婚して主人達が産まれました
義父は自分で鉄工所をしていてその稼業を弟が継いでいます。
義父の代から借入金が約3000万円あり、今も少しずつ返済しています。現預金は殆どなく他の有価物は
土地建物くらいで評価価格で約5000万円くらいです
(随分前に確認したので多少金額の誤差はあると思います)
義母は健在で当方の兄弟姉妹は4人(兄弟姉妹は財産放棄すると言っています)
腹違いの兄弟3人とはこれから財産分与の事の関しては話をします
(先方は腹違いの兄弟がいることを知っていたかは不明です)
現金は殆どないので、出来れば腹違いの兄弟にも財産放棄をお願いしたいのですが・・・
と、こちらでは勝手に思っています
これから、財産分与の話をするのあたって何をどう進めていいか
具体的に教えて頂ければと思います。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
借入金と固定資産を相殺すると、残余が出そうだ、ということでしょうか。
負債は義父個人の負債なのでしょうか。
曖昧なのであれば、限定承認をしてみてはいかがでしょうか。
相続人が遺産を相続するときに相続財産を責任の限度として相続すること。相続財産をもって負債を弁済した後、余りが出ればそれを相続できます。
なお、腹違いの子たちはどうするかはその人たち次第です。
相続放棄してほしいと言っても、その通りになるわけではありません。プラスの財産が出ると分かれば(固定資産だけであっても)、放棄しないことも予想されます。
腹違いの子にもあなたたち同様法定相続分があります。
土地建物をあなたたちが取得しようとするのであれば、法定相続分相当額(負債分はマイナスする)を現金などで分与してはいかがでしょうか。
いずれにしても腹違いの子たちに遺産目録を見せ、遺産分割協議をしなければなりません。
協議がこじれるようなら、弁護士に依頼しましょう。
dai60962000をはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問