JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
67942392
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

今、このページを見ています。 http://www.justanswer.jp/inheritance-law/7n6nd-.html 専門家:

質問者の質問

今、このページを見ています。
http://www.justanswer.jp/inheritance-law/7n6nd-.html
専門家: Customer返答済み 1 年 前.
もし、通知しなければ遺言執行者としての任務懈怠により遺言執行者としての地位を失う可能性があります。とは言え、それは通知したくない兄弟が気付いた時点で遺言執行の手続きが終わっていれば問題ないことですが。
「通知しなかったための任務懈怠」とする定義は何でしょうか。被相続人が亡くなって何日過ぎた時点で通知していなかったことになるのでしょうか。それとも遺言執行後(出金など)始めた時点で通知していないと「通知していなかった」となるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
Customer: 質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunです。遺言執行者は執行者に就任してから、相続人に通知する義務があります(民法1007条)。その義務を怠るならば任務懈怠となり、解任される可能性があるということです。被相続人が亡くなって何日以内という具体的な日数はありません。ただ、遺言執行者に就任しなければ、被相続人の財産に関する執行はできませんから、少なくとも被相続人の財産を出金する前には、相続人に通知をする必要があると言えるでしょう。
Customer:

回答を閲覧後は返信または評価をしてください。

相続・遺言 についての関連する質問