JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

100mほど離れた所に住む父(母死亡、独居、要介護3)にほぼ毎日食事を作って届けています。食費は月いくらまででしたら

質問者の質問

100mほど離れた所に住む父(母死亡、独居、要介護3)にほぼ毎日食事を作って届けています。食費は月いくらまででしたらもらってだいじょうぶでしょうか。(贈与税非課税内でおさまるでしょうか。)食費の領収書などは保管しておいてほうがいいのですか。こちらの家庭の食材と一緒に購入しておりますので、厳密に分けるのはむずかしいです。父は厚生年金・企業年金で月40万と家賃収入月20万ほどの収入ありです。私は夫と二人暮しの専業主婦で無収入です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それはいろいろお悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、お父様への食事は、お父様からの指示で行われているものでしょうか?
ある意味、ヘルパーと同じ感覚であれば、それは、仕事ですからいくらもらっても
お父様が合意されていれば、贈与でも何でもないでしょう。
あくまでもお仕事に対しての給付です。
ただ、年間103万円を超えると所得税の課税がございます。
また、仮に贈与でも負担付贈与と言うのがありますが、それは負担分を差し引いた部分に
贈与税がかかります。
例えば、年間、200万円もらって、材料費や調理代が100万円なら
差し引いて110万円以内なので、贈与税がかからないと言う考えもあるでしょう。
 それと、現在、相続で親のお世話の寄与分と言うのは、ほとんど認められていないので
相続時の寄与分は期待しない方が良いでしょう。
親の面倒を金でみるのかと言う家庭裁判所の考えです。
それならば、お仕事として給付を受けるなり、お父様とご相談者様が養子縁組をして
相続人に加えてもらうなどの対応が良いでしょう。
最低でも、ご相談者様に有利な遺言の作成をしておいてもらうなどです。
頑張って下さい。

相続・遺言 についての関連する質問