JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

相続について教えて下さい。私(無職62歳)には母(92歳)と姉(独身67歳)、妻(公務員)と二人の子ども(長男は既婚

解決済みの質問:

相続について教えて下さい。私(無職62歳)には母(92歳)と姉(独身67歳)、妻(公務員)と二人の子ども(長男は既婚、次男は独身)がいます。6年前に父親が他界した際には相続手続きはしませんでした。不謹慎ですが、今後母親が亡くなっても、めんどくさく相続手続きをしたくありません。相続手続きをしない場合、何か不都合なことがあるのでしょうか。母親には借金はありません。ほっておけば子どもが相続することになるのでしょうが、何か問題があるのでしょうか。
なお、相続価値は2000万円以下です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

supertonton :

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。お話から、相続手続きを放っておくとどうなるかですが、お父様が亡くなった時に現時点と同じ家族構成だと、相続人は、お母様とお姉様とご相談者様の3人となります。相続は大きく、遺言がある場合と無い場合に手続きが分かれます。お話からだと遺言が無いパターンだと思います。そうなると、遺産分割協議書で相続人全員の合意があって初めて、相続が開始ができます。それまでは、相続人の共有財産と言う扱いになります。もし現金だけで銀行にも預けてないなら、ある意味問題がないとも言えますが、仮に、金融機関に預けてあると、10年放っておくと債権は時効で消滅するので、無くなってしまうこともあります。仮に、ずっと放っておけば、相続人の誰かが亡くなれば、次の相続が始まり、より複雑な手続きとなります。民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生に相続手続きを早期にお願いしていた方が無難とは言えます。頑張って下さい。

Customer:

①複雑な手続きとは?姉は独身です。②預金だけでも相手続きはできますか。

Customer:

③ほっておけば子どもが相続することになるのでしょうか?

supertonton :

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。亡くなられた方の預貯金の解約や名義変更には、相続人全員の戸籍謄本や印鑑登録証明書などが必要になってきます。そのため、放っておくと相続人が増える分だけ、面倒になってきますし、まず、相続人全員で遺産分割協議書を作成しないといけません。預貯金だけの相続手続きもしてくれる前述した専門家はいると思います。頑張って下さい。

supertonton :

相続人が亡くなると、その子供などが更に相続人となり、相続人がどんどん増えていくことになります。遺産分割協議書が面倒なら、遺言を生前に作成していただくことです。

Customer:

すみません。相続人が増える?私と姉も亡くなれば相続人は私の妻と子ども2人ですよね。その際に相続手続きをしたら何か問題がありますか。

supertonton :

預貯金なら10年で消滅時効にかかります。10年以内にご相談者様が亡くなると言うことは無いと思いますが、預貯金が無くなることが問題で無いと言うことであれば、何ら問題はないとも言えます。相続は、子供達に受け継がれていきます。お金が使えない状況で進むだけですが、一般の方は、そこを問題と考えますが、どうでしょうか。現時点では、相続税とか、そちらの問題は無いと言えます。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問