JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

遺書をたよりに、自殺者に精神的に苦痛を与えた者に法的処置を与える事はできますか。

解決済みの質問:

遺書をたよりに、自殺者に精神的に苦痛を与えた者に法的処置を与える事はできますか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
裁判においては間接的な証拠の証拠能力はあまり強くありません。
書面に記載された内容について、相手方が争いをしなければいいのですが、
そうでない場合には、書面の作成者本人に法廷に出頭を求め、承認として
発言を求めるのが一般的な手順になります。

しかし、ご質問のケースでは、書面の作成者はなくなられているわけですから、
このようなことはできません。
したがって、遺書をいくつかある資料にはなりますし、あるいは刑事事件としての
捜査が始まるきっかけになることは十分考えられますが、遺書を証拠としての
中心におくことは難しいと考えます。


houmuをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問