JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒業行政書士事務所経営
62775484
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

財産に関する事に関係なく、自殺したいと思ったときに 恨みなどを書いて残しておきたく思っています。 効力はあります

解決済みの質問:

財産に関する事に関係なく、自殺したいと思ったときに
恨みなどを書いて残しておきたく思っています。
効力はありますか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 遺書ということですね。遺言書は遺言事項といって、財産に関係あることしか効力を発揮しません。

 自殺の遺書の場合、たとえば、イ 犯人が犯罪行為を自白する内容の場合、ロ イジメられて死んだ被害者が加害者の名前を記載した場合などは、犯罪の決め手として重要な証拠資料になることがありますが、そのほかに法的効力はないと思います。

 なお原本だけだと心もとないので、コピーをとって、その控えに「この写しは原本と相違ありません。氏名 印」と自書しておくとよいでしょう。

 ★民亊法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
kionawakaをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問