JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4761
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

50代の男性です。下に弟がいます。親は土地、持ち家があり、自分が死亡後、土地と家は残したいと思っていますが、弟はそれ

質問者の質問

50代の男性です。下に弟がいます。親は土地、持ち家があり、自分が死亡後、土地と家は残したいと思ってい ますが、弟はそれを売って欲しいと言っています。売る場合は基本折半ですが、私は大学を出ており、学費は親にだしてもらっていますが、弟は高校でて3年後ぐらいに大学に行き、その学費は親はだしておりません。また私は独身時代にクルマのローンなど350万円借金があり、それを結婚前に
親が清算(肩代わり)しました。そのようはことで、弟は、兄ばかり可愛がっていると思いが強く、それを親が亡くなったあとの、土地。建物を売ったお金から、親にだしてもらえなかった学費とローンの清算
を求めてきています・。350万円と自分には出してもらえなかった学費は兄へ贈与であり、自分にも受け取る権利があるというのですが、本当にそう言う権利はあるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、まだ、親御様は亡くなってはいないと言うことですね。

確かに、お話のように、大学の費用や車の借金の立替は

相続では、特別受益と言う扱いになり

相続が発生した段階で、相続財産に入れて計算をすることになります。

推定相続人がご相談者様と弟様のお二人なら法定相続は折半となります。

これを、「特別受益の持ち戻し」と言います。

ただ、特別受益の持ち戻しは、微妙な部分も多いので、認められないケースもあります。

ただし、ご質問の権利としては有るかと言われれば、ありますとなります。

では、どう言う対策があるかですが、基本的には、遺言を親御様に作成していただきます。

公証役場で作成する公正証書遺言だとトラブルは少ないでしょう。

そこで、不動産はご相談者様が相続するとしてもらい

特別受益の持ち戻しを免除すると遺言に入れてもらいます。

免除の指定はできます。

ただ、お金の問題がやはりありますので、遺留分は覚悟が必要ですが

(弟様には、相続財産がないと遺留分減殺請求と言うのができます)

生命保険金の受取人を弟様にすることで、現金が入り問題は無いとも言えます。

生命保険金は、相続税の計算の対象になる、みなし相続財産ですが

本来の相続財産ではないので、受取人を指定すれば問題は無いでしょう。

そのことを、遺言の付言事項で触れておけば問題は無いでしょう。

公正証書遺言の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼すれば

スムーズに作成できるでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます、補足いたしますと、お話は少々複雑で、公正証書遺言はすでに 親が作っており、土地建物は売らずに、兄(私)には土地、家の権利、アパ-トの収入(家の2階は2件のアパートです)を渡し、その見返りlとして固定資産税の支払いが私になることと、あと、弟夫婦を無償で住まわせることなっています。親は母親だけ健在で、家を売ってもらいたくないという想いが強くでています。本音いうと私は、家を売らなくてもいいかなっと思っていましたが、相続税が2年後から370万円ほどかかることになるので、悩んでいるところです。(現在は親とは別のところに住んでいます)。弟夫婦は売りたいと言っていて、その場合、兄弟で折半になります。弟夫婦は半分を相続して、その上、特別受益を請求しています。
このような場合でも、いまの公正証書(土地や建物の売らないという公正証書)、特別受益の持ち戻しを免除する書いてもらえばよいのでしょうか?
それとも、売ることを前提とした公正証書を書いてもらい、特別受益の持ち戻しを免除すると書いてもらえばよいのでしょうか?親が土地を売らないという方針なので、弟夫婦ともめており、親がその特別受益分を払わないと、兄夫婦(つまり私夫婦)に請求すると言ってきています。親も高齢なので、売るうらないでもめているうちに、亡くなることなどがあって、特別受益の話が宙に浮き、私に請求してくるのがイヤだなと思っています。

また、このように、売った場合は弟夫婦にも相続財産があります。このようなときにも遺留分減殺請求ができるのでしょうか

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、弟様ご夫妻様は、お金に困っているのでしょうか。

お金の問題は税金も含め、不動産を維持するなら生命保険でするしか無いでしょう。

公正証書遺言と言えども、新しく作り直せば、そちらが優先ですし

特別受益は前述した通り、裁判になってもあまり認められていません。

なぜなら、自分の財産を親と言えどもどう使おうが自由ですし

子供にとやかく言う権利はないのです。

弟様は、少し財産を期待し過ぎでしょう。

本来であれば、遺留分分をもらえば、それ以上は争うことはできません。

その不動産を将来的に維持しても意味がないなら

早急に建て替えて、もっと収益の出るアパートなどにすると言う手もあります。

そこは、親御様を説得してみても良いでしょう。

遺言は、意味合いの一つとして相続人が争わないようにするためのものですから

もっと相続人の意向を聞いてもらって遺言を書き直してもらった方が良いかもしれません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

素早い対応、ありがとうございました。やはりそう思いますか。私どももお金に困っている状況ではないかと思っています。


 


ただ、アパートを建て替えることはとてもそのような体力はなくできません。


弟夫婦には、あんなアパートで人に貸すことができるのかといってます。


家の税金とマンション(今住んでいるところ)の税金とふたつ払えるのか


とも言っています。


 


特別受益のことはよくわかりました。ありがとうございました

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

少しでもお役に立てたようで良かったです。

また、何かございましたら、お気軽にご相談下さい。

相続・遺言 についての関連する質問