JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4868
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

わたくしと弟の2人姉弟です。 平成6年に父が亡くなりました。その際、姉弟で相続放棄をしました。しかし、その2年後、

解決済みの質問:

わたくしと弟の2人姉弟です。
平成6年に父が亡くなりました。その際、姉弟で相続放棄をしました。しかし、その2年後、弟は結婚し、その際の結婚費用約260万を母(父と結婚して以来、専業主婦)に出してもらい、更に住宅購入時の頭金約700万も母が支払っていることが分かりました。住宅購入以降、母は弟と同居していましたが、最近になってうまくいかなくなり、わたくしのところへ来ております。同居を条件に母は頭金を用立てたと思いますが、今になって、わたくしのところへ押し付けるような身勝手は何とも許しがたいです。遺産相続も放棄してしまったのですが、今、何か出来ることはないでしょうか。
ご助言をよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご不明の部分もございますが、わかる範囲でご回答致します。

相続放棄をされたと言うことは、お母様がすべての財産を相続したと言うことですね。

その場合、遺言があったのか、遺言が無く、家庭裁判所に相続放棄手続をしたのか

そうでは無く、遺産分割協議書で放棄した形にしたのかによって異なります。

多分、遺言は無いのではと思いますので、家庭裁判所の相続放棄手続か

遺産分割協議書だと思いますが

家庭裁判所の手続きをした場合は、原則、相続放棄の取消ができません。

ただ、例外は有ります。脅迫や詐欺にあった場合などは取消は可能です。

とは言え、そのことを知った時から6か月、除斥期間は10年になりますので

いずれにしても、相続放棄の取消は今からでは無理と言えます。

 次に、遺産分割協議書の中での実質、相続を放棄した形であれば

遺産分割協議には、時効がないので、推定相続人の全員が合意すれば

遺産分割のやり直しは可能です。

 この場合、争うようであれば、家庭裁判所の遺産分割の調停を申立てることもできます。

それと、お母様の相続の件ですが、弟様がもらった結婚及び住宅の頭金などの資金は

相続財産の特別受益と判断することも可能なので

相続が発生した場合は、特別受益の持ち戻しとして法定相続分を請求は

可能です。

それだけの額になると、贈与税もあり得ますが、そうでなけれな

借金とお母様から主張してもらい、返還請求をしてもらう手もございます。

相続は、他人なら遠慮もありますが身内ほど遠慮がないので骨肉の争いになります。

協議で和解できることが一番ですが、とりあえず、生命保険金の受取人を

ご相談者様にしていただくとかの対処は必要です。

生命保険金は、相続財産ではないので、法定分割はされません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問