JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
67942392
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

父が自己破産手続き中に死亡し相続放棄したが父名義の車がのこってしまい、どう処分すればよいのか

解決済みの質問:

父が自己破産手続き中に死亡し相続放棄したが父名義の車がのこってしまい、どう処分すればよいのか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

回答のために確認させて下さい。
お父様の自己破産手続きは、お父様の亡くなった後には続行されなかったのでしょうか?

お父様の相続財産に関して自己破産手続きはせずに手続きを終了し、その後に質問者様は相続放棄の手続きを家庭裁判所にしたということですね?
質問者: 返答済み 3 年 前.


そうです。車は、2年以上放置してます。当時20万から30万くらいの価値でした。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
そうでしたか。

その場合に最善の対処方法としては、家庭裁判所に相続財産管理人の選任を申し立てることです。

質問者様は相続放棄をしていますので、お父様の車の「処分」をすることはできません。つまり、勝手に名義を変えたり、売ることはできないのです。
車を処分するために、相続財産管理人の選任をして、その相続財産管理人が車両を売却して債権者に代金を配当することになります。
ただし 、もし車両の価値が全くない(ゼロ円)場合に車両の廃車手続きをすることは「処分」ではないので、相続放棄をした質問者様でもすることができます。

まずは、車両の査定を何社かにしてもらいましょう。車両の価値が全くなければ廃車手続きをしても構いません。その場合でも車に乗り続けることは避けてください。きちんと廃車にしてください。
もし、価値があるなら家庭裁判所に相続財産管理人の選任を申し立てることになりますが、司法書士が必要な書面を作成することができます。手続きが複雑なので、司法書士に書面の作成を依頼したほうがいいと思います。

ただ、もうほとんど価値がなくなっているなら少し放置しておいて、価値がなくなってから廃車手続きをするという選択肢もあると思います。













質問者: 返答済み 3 年 前.

 最後に相続財産管理人の選任をして裁判等の手続を踏むと費用が大分かかると聞きました。このような状況のため費用が算出できないためよい方法がないかと質問しました。車輌を放置する時間も場所もなく、今回のご返答を持って評価させていただきます。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
正当な手続きをするのに費用がかかるのは仕方のないことです。

ですが、費用をかけずに何とかしたいのであれば、車両の査定をしてもらって、価値がないことを確認してから廃車手続きをすることです。
残念ながらそれ以外に方法はありません。

shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問