JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
67942392
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

先日母が亡くなりました。父親は健在ですが 亡くなった母が私の父親と結婚する前に 違う男性と結婚しており 男子の乳児が

質問者の質問

先日母が亡くなりました。父親は健在ですが 亡くなった母が私の父親と結婚する前に 違う男性と結婚しており 男子の乳児がおりましたが 旦那さんが戦死され 子供を養子にだしました。そして その後に私の父親と知り合い 私が生まれました。養子縁組は普通か特別どちらかわかりません。 特別の場合は遺産相続の必要はないと聞きましたが 普通縁組の場合は 母親名義の遺産だけが対象で 私の父親名義は対象外でいいのでしょうか。また今後 父親が亡くなった時には 遺産に関する問題は発生しないでしょうか。それと 養子縁組が 普通であったか特別であったかを知る方法はないでしょうか。   よろしく お願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。


>特別の場合は遺産相続の必要はないと聞きましたが 普通縁組の場合は 母親名義の遺産だけが対象で 私の父親名義は対象外でいいのでしょうか。
→お母さんの養子に出したお子さんをAとします。Aが特別養子縁組に出されたのであれば、Aはお母さんの財産を相続しません。
普通養子縁組であれば、Aはお母さんの財産を相続する権利があります。しかし、Aは質問者様のお父さんとは何の 血のつながりもありませんので、お父さんの財産については相続する権利はありません。



>また今後 父親が亡くなった時には 遺産に関する問題は発生しないでしょうか。
→ありません。Aが相続に関係してくるのは、Aが普通養子縁組に出された場合で、お母さんが亡くなったときだけです。


>それと 養子縁組が 普通であったか特別であったかを知る方法はないでしょうか
→お母さんの戸籍謄本を取得して古いものにさかのぼっていけば、お母さんの戸籍にAの記載がされているはずです。そのAの記載に普通養子縁組か、特別養子縁組かの記載がされています。
ただし、古いものだと解読が難しいですし、戸籍をさかのぼって取得するのにも大変な場合があります。その場合は司法書士に依頼して見てもらえば、丁寧に教えてくれますよ。


以上になりますが、参考になりましたでしょうか?不明な点がありましたら補足いたしますので、遠慮なく返信してください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

もう一点よろしいでしょうか? 母名義の遺産は 今のところ銀行預金で その四分の一でいいですか? その場合 葬儀費用はひけないですか。それと 生前に私が母から貰った 百万単位の現金  たとえば留学資金とか  そういうものは含まなくていいのでしょうか?


よろそくおねがいします。


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
母名義の遺産は 今のところ銀行預金で その四分の一でいいですか? 
→Aが普通養子縁組をして養子になっていても、お母さんの前の結婚相手との間の子どもであれば「嫡出子」ですので、質問者様と同じ割合で相続します。つまり、お父さんが2分の1、質問者様が4分の1、Aが4分の1の相続分です。

>その場合 葬儀費用はひけないですか。
→葬儀費用は原則として喪主が支払うものとされています。本人が相続財産から葬儀費用を出して欲しいという希望があれば、相続財産から支払うことも可能です。
しかし、原則として葬儀費用は「香典」から支払って足りない分があれば、相続人で話し合いの上相続財産から捻出することになるでしょう。


>生前に私が母から貰った 百万単位の現金  たとえば留学資金とか  そういうものは含まなくていいのでしょうか?
→最近の裁判の傾向としては、留学費などの学費は相続にあたっての「特別受益」とならないとされているようです。ただし、兄弟間で学歴に差がある場合は特別受益となり、その金額を相続財産に含めて相続分を計算する必要があるでしょう。
ただし、相続人の間で話し合って特別受益にする必要がない、となればそれについて考慮する必要はないでしょう。



以上になりますが、参考になりましたでしょうか?不明な点がありましたら補足いたしますので、遠慮なく返信してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.


恐れ入りますが最後にもう少しお願いします。生前 母も仕事をして いくらかの収入があったのですが 家の名義は父名義で 預金もほとんどちちめいぎです。母の遺産としては 母名義の銀行預金だけとの解釈でいいでしょうか?


 


   何度もすみませんが よろしくお願いいたします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
大丈夫ですよ。納得いくまで聞いてください。


>預金もほとんどちちめいぎです。母の遺産としては 母名義の銀行預金だけとの解釈でいいでしょうか?
→その解釈で問題ありません。

不動産がお父さん名義であれば、お母さんの財産とは見なされません。預金に関しても同じことです。

したがって、お母さんの相続財産はお母さんの預金だけと考えていいです。

shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご丁寧にありがとうございました。 おかげさまでよくわかりました。


有難うございました。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
お役に立てて幸いです。ありがとうございました。

相続・遺言 についての関連する質問