JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
67942392
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

初めまして。文章に自信がないのですが よろしくお願い致します。 離婚して12年たち、現在中学生の2人の娘と

解決済みの質問:

初めまして。文章に自信がないのですが
よろしくお願い致します。

離婚して12年たち、現在中学生の2人の娘と
3人暮らしです。
この間、元夫から一度も連絡もなく会ったこともなく、
養育費等も一切ありません。

今私が一番心配しているのは、
元夫が亡くなった時、
私達に借金などで迷惑がかかってこないかということです。

離婚原因も、元夫の無職や、借金だったので
現在の暮らしぶりは知らないけれど、借金とか
例えば車のローンを滞納とか、そういうことをしているん
じゃないかと思っています。

例えばまだ娘達が未成年や学生だったとしても、
父親の借金を払わないといけなくなるんでしょうか
未成年だから、その親である私に請求が
くるということはありますか?
(正しいお店じゃなくて、ドラマみたいな悪い人が
取り立てにくるような悪いお店で借りてた場合)

また、友人や知人に借金していたとして、
その支払いの請求が私達に来ることはありますか?

ラジオで、
「相続があることを知ってから3か月以内に放棄すればよい」と
言っているのを聞きました。

元夫が死んだら、すぐ知ることになると思います。
(割と近くに住んでいるし、新聞のお悔やみ欄などで
知れます。)

しかし、借金があるかどうかはその時にすぐ知ることが
できません。

元夫が死んだとして、借金があったとして、
死んだ連絡より後に、借金などの連絡が娘達の所に来たとして、
放棄の手続きをするのはそれからでも大丈夫なんですか?

それとも、こちらから、死んだことを知ったらすぐに、
完全に縁が切れているのに、元夫の実家に連絡とって
【借金ありませんよね?】とか確認した方がいいんでしょうか?
それとも何か連絡来るのをぼんやり待っていて
いいんでしょうか?

遺産相続の放棄をすると、負の分だけでなく、
+の分も全て放棄する、というのは理解しています。

文章がうまくなくてすみませんが
よろしくお願い致します
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。

まず、質問者様に関してですが、元夫が借金をしているからといって、それが質問者様に責任が降り掛かるということはありませんので、ご安心下さい。借りたお金は借りた本人が返さなければならないからです。質問者様のもとに請求がくることはありません。

問題は、お子さんの場合です。元夫が借金をしていてその元夫が亡くなった場合、その債務はお子さんに相続されてしまいます。お子さんに借金の支払義務があることになります。しかし、質問者様も述べていたように、この相続は放棄することができます。「相続放棄」です。家庭裁判所に相続放棄の手続きをすれ ば、その債務も相続することはありません。この相続放棄は「被相続人が亡くなったことを知ってから3ヶ月」までにしなければならないとされています。
しかし、この場合お金を貸した側が3ヶ月過ぎた頃を見計らって、相続人に対して「お金を返してもらおう。もう3ヶ月過ぎたから相続放棄できないぞ」と言われると相続放棄でいないのかというと、そんなことはありません。
たとえ、被相続人が亡くなってから3ヶ月が過ぎていても、その被相続人に「債務(つまり借金)があったことを知った日から3ヶ月」までに相続放棄をすれば、放棄は認められます。借金があったことを知った日とは、借金の返済を正式に(書面などで)受けた日ということになります。
つまり、質問者様はわざわざ、元夫が亡くなってから、借金があるのかどうかを確認する必要はありません。
借金の返済を請求されてから、相続放棄の手続きをすればよいことになります。

不明な点があれば補足しますので返信して下さい。
shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問