JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

父が叔母から相続した財産(預金)にかかる税金についてお尋ねします。 叔母が亡くなった時点で預金は1700万円

解決済みの質問:

父が叔母から相続した財産(預金)にかかる税金についてお尋ねします。

叔母が亡くなった時点で預金は1700万円ほどでしたので、これを父が
相続することとなりました。
この場合の相続税(の計算方法)は、基礎控除以下であると考え、不要 と
なるのでしょうか?

また、上記の算出結果の多少に関係なく、相続による収入は所得と考えて
所得税の課税対象となるのでしょうか?
もし課税対象になるとしたら、どのような算出方法(あるいは税率)にな
るでしょうか?

また、このようなケースは税の二重取りであると思うのですが、現実にそ
うなっている税金も全くないわけではないので不安です。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

遺産が1700万だけでしたら、相続税はかかりませんし、その申告も不要です。

また、所得税もかかりませんのでご安心ください。

kanekiyoをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問