JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

AEに今すぐ質問する

AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

叔母から父への財産(預金)の遺言による相続についてお尋ねします。

解決済みの質問:

叔母から父への財産(預金)の遺言による相続についてお尋ねします。 95歳になる叔母が、糖尿・褥瘡・肺炎・心不全などを併発し、明日にも危ないという状態です。 状態の良いときでも、叔母は糖尿による視力障害および筋肉の拘縮に加え、数度の脳出血の影響で言葉を発することができません。 しかし8年前、まだ話ができる状態のとき、公証役場に頼んで遺言状を作成しました。 内容は「叔母がなくなった場合、弟に財産(銀行預金)を譲渡する」というものです。 その弟というのは私の父で、叔母の身元保証人となっていますが、最近は黄斑変性症による視力障害と認知症で、対応が 難しく、老人ホームや病院の対応などは私がやっています。 さて、もし叔母が亡くなった場合、叔母の葬儀費用が問題になります。最小限の内容で行うつもりですが、僧侶への支払いや、叔母本人の希望する墓地への埋葬などを含めると、80~90万円程度は必要というのが、親戚の人たちの見解であり、葬儀社でも同様な見積りでした。 父と私の蓄えがわずかであることに加え、父の年金と私のわずかな下請け収入で生計を立てているので、叔母の葬儀費用の捻出は簡単ではありません。 (私は家族の面倒を見るために会社を辞め、在宅勤務可能な安い下請けの仕事などを行っています) 叔母自身が所有する預金を運用できれば問題ないのですが、叔母の状態では無理な話です。 費用を一時的に親戚などに借りることはできても、返済のためには叔母の預金がどうしても必要です。 そこで銀行に相談してみましたが、譲渡にあたって父自身が署名できない場合、裁判所を介して後見人を立てる必要が出てくると言っていました。 後見人に財産を管理されると、よほど差し迫った費用でない限り支出が認められないという話を聞いたことがあります。 そうなれば、かなり時間のかかることはもちろん、父の財産であっても自由にはできない可能性も出てくると思われます。 私と父は、叔母の預金が使えるようになったら、これまでに父が負担していた諸々の出費や、私が仕事を休んで手続や見舞いに費やした分の何分の一かでもいただき、世話になった親戚の方々にも謝礼をしたいと思っておりますし、場合によっては父と母の生活費や介護費用にも充てたいと思っています。 このような状況で、財産の譲渡がスムースに行うためにはどんな方法があるでしょうか。 ご存じでしたら、ぜひご教示ください。 補足説明1 叔母は息子夫婦を持つ夫と、いわゆる後妻として結婚しましたが、夫はかなり以前に亡くなっており、義理の息子夫婦とは絶縁していると言っていましたが、夫の性はそのままです。 何らかの手続を踏んで「絶縁」と言っているのかは不明です。 老人ホームの費用は、夫の遺族年金で支払っています。 義理の息子夫婦とは大変関係が悪く、老人ホームや病院にも、見舞いに来ることはありませんでした。 老人ホーム入居にあたり、叔母が住んでいた家屋と土地は息子夫婦に譲渡しましたので、財産は預金のみです。 補足説明2 銀行との相談の際、譲渡される財産を担保にして融資を受けることができるか尋ねてみましたが、不可能とのことでした。 補足説明3 私は3年前、父の目の手術に前後して、近所に住んでいる母方の叔母(独居老人)の栄養失調による入院が重なり、会社勤めを断念しました。 家族構成は父(83歳)、母(93歳)、私(55歳)、私の妻(65歳)です。 妻は中国人で、日本語は堪能ではありません。生活には困りませんが、父や母に付き添って医師とのやりとりを行なったり、いろいろな手続に必要な書類の理解はできません。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

叔母様の財産である預金を使いたいというご希望については、叔母様の遺産(銀行預金)をお父様の名義に変更するということと、お父様の名義になった財産を使うことについて分けて考える必要があります。

 

まず、現状叔母様が明日にも危ないという状態ですので、銀行で手続きをして叔母様の遺産を引き出したり、生前にお父様の名義にすることはできないと思います。もしキャッシュカードが手元にあり暗証番号がわかっているのであればATMで数日にわたり出金して現金に変えておくことで、亡くなってすぐに必要な葬儀費等の分くらいは用意することが可能です。
ただし、これは厳密に言えばあまり適切とは言えない方法ですので、引き出した現金の使途はきちんと記録し、領収書なども相続の手続きが全て終わるまでは保存しておくようにしましょう。
叔母様が亡くなった後であれば、8年前に作成したという公正証書遺言が有効ですので、遺言公正証書とともに戸籍等の銀行の要求する戸籍を持っていけばお父様の名義に変更することができます。
ただ、お父様ご自身が署名できない状況の場合は、家庭裁判所で遺言執行者または後見人を選任してもらわなければ手続きができません。今後のお父様の財産管理を考えると、後者の後見人を選任してもらうべきです。

 

後見人が付くことでお父様が行うはずの銀行での手続きは全て後見人が行うことができますので、相続手続きはもちろん、今後銀行から預金を引き出すなどの銀行取引は全て後見人が行うことになります。

逆に言えば、それ以外の方法ではたとえご親族であっても、お父様の財産を他人が使用する方法というのはないのです。
後見人がつくと「差し迫った費用でない限り支出が認められないと」お聞きになったことがあるようですが、それは誤解ですので大丈夫ですよ。
後見人の役割というのは被後見人(お父様)の権利を守ることにありますので、お父様の生活費や医療費など必要な支出や、これまで立替えていた費用などは問題なく認められます。
親族への謝礼など、対価なく金銭を贈与するようなものは認められにくいですが、一般的な儀礼の範囲であれば全く認められないわけではないので、裁判所や後見人と相談してみましょう。
後見人にはあなたがなることもできますし、ご自信でなるのが責任が重いとお感じであれば、裁判所で弁護士・司法書士・社会福祉士等の専門職を選任してもらうことも可能です。

後見人が付いてお父様の代わりに動けるようになるには最短でも申立をしてから3週間程度かかりますし、事案によっては2~3ヶ月かかることもありますので、早めに動くべきです。


ます行うべきなのは裁判所提出用の診断書の用意ですので、お父様の主治医の先生に診断書を依頼してください。
ご自身で手続きをすすめるのが難しいとお感じになった場合は、弁護士・司法書士に依頼するとスムーズに進みます。

AE, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 748
経験: 民事法務専門
AEをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    123
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    123
    中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    53
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    17
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshi/2012-1-25_52227_IMG0066.64x64.jpg shihoushoshi さんのアバター

    shihoushoshi

    司法書士

    満足した利用者:

    11
    東京司法書士会所属。東日本大震災法律相談員。都庁クレサラ相談員。相続手続き・借金問題に詳しい法律家。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    50
    東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
  • /img/opt/shirt.png kanekiyo さんのアバター

    kanekiyo

    司法書士

    満足した利用者:

    42
    大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    31
    民事法務専門
 
 
 

相続・遺言 についての関連する質問