JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2291
経験:  東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
67942392
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

夫婦の財産についてです。共働 きのですが、生活費及び養育費 等は、殆ど夫の私が払っていま す。貯金が底を付きそうなので

ユーザー評価:

夫婦の財産についてです。共働 きのですが、生活費及び養育費 等は、殆ど夫の私が払っていま す。貯金が底を付きそうなので 、妻に援助を頼んでも私が働い て貯めたお金だから払わないの 一点張りです。 夫婦で貯めたお 金は、共有の財産で有ることを 分かってくれません。子供が私 立中学に入学することになり、 入学金を払ってもらう様頼みま したが、「私が働いて貯めたお 金だから払わない」っと言うの です。結婚してから20年です が、生活費の殆どは私が払って いるため、妻の貯金が額は多い と思います。そこで相談ですが 、妻に共有の財産である事、現 在貯金が幾らあるか知りたいで す。良い方法は無いでしょうか ?宜しくお願い致します。
司法書士です。よろしくお願いします。

妻の貯金がいくらあるかを知るためには、妻に直接聞くか通帳を見せてもらうしかあり ません。
確かに婚姻関係にあるかぎり、妻が働いたお金も夫婦の財産と言えますが、銀行に聞いても名義が妻の場合は教えてくれません。したがって本人に直接聞くか、通帳を見るしか知る術はありません。なお、妻の通帳を勝手に見たとしても差し支えありません。夫婦の共用財産だから質問者様にも見る権利はあります。

また、妻にどうやって生活費を負担してもらうか、ということですが話し合って無理なら家庭裁判所に調停を申し立てるしかありません。夫婦はお互いに婚姻費用を分担する義務を負っていますから、その費用を負担するように家庭裁判所の調停委員を交えて話し合いをすることになります。
家庭裁判所の調停は弁護士に依頼しなくても自分で申し立てることができます。費用も1200円と郵便切手が数千円なので費用もかかりません。

参考:婚姻費用請求調停 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_03/index.html

なお、婚姻費用は別居している場合だけでなく、同居している場合も請求することができます。
shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
例えば、離婚する場合、二人で貯めた財産は共有財産になると思いますが、妻の預金額が分からない場合、どの様に共有財産を分ければよいですか?
これも財産分与調停をすることになるでしょう。

財産分与手続では、双方の財産を全て開示することが必要ですが、預貯金を隠す当事者もいます。その場合には、預貯金の金融機関が特定できれば、調査嘱託制度利用して、相手が開示していない預貯金を開示させることができます。

参考:財産分与調停 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_04/index.html
shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
離婚してなくても調査嘱託制度を利用できるのでしょうか?1
>離婚してなくても調査嘱託制度を利用できるのでしょうか?
→できます。
離婚が成立していない段階で家庭裁判所の調査嘱託を利用するには「離婚調停」を申し立て、そこで財産分与について協議していくことになります。その調停の中で財産についつ調査嘱託を利用することが可能です。

参考:離婚調停
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_01/index.html
質問者: 返答済み 5 年 前.
すいません、言い換えます。 離婚しなくても離婚が前提でなくても、調査嘱託を利用できるのでしょうか?
離婚が前提でなければ裁判所は動きません。したがって、財産を開示させるためだけに調査嘱託を利用することはできません。

相続・遺言 についての関連する質問