JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

弟がフィリピンで2~3年前から、病気療養中です。 昨年、父が亡くなりわずかばかりの遺産相続処理の為に印鑑証明が必要

質問者の質問

弟がフィリピンで2~3年前から、病気療養中です。
昨年、父が亡くなりわずかばかりの遺産相続処理の為に印鑑証明が必要と連絡したが
体調も悪く日本へ帰れる状況にないと「在留証明」を送ってきました。
又、印鑑証明カードは、所在不明状態だが実印だと送ってきました。弟は外国はサインだからと云う のですが?

昨日、弟が在住していた町役場に出向いたのですが、カードが無ければどうすることもできない。
①「代理人選任届」本人署名②照会書を登録住所に送る(現在空き家状態)③10日以内に回答書を役場へ持っていけばカード発行され 「印鑑証明」を受け取れるようです。つうじょうの手続きをするよう・・・指導されました。

弟は、半身不自由状態と心臓肥大症が在り投薬とリハビリを併用してるようです。
「20mも歩くと心臓が苦しくていろいろ言われても」と非協力的です。
交際電話をしても、電波状況がわるく、なかなか真意が伝わりません。

よろしく、ご指導お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

不動産や預貯金の相続手続きは相続人全員の意思を確認する必要がありますので、外国にいる弟さんの意思を証明するものが必ず要求され、一般的には署名と実印・印鑑証明書により確認をすることになります。

 

外国にいる日本人の場合、印鑑証明書に代えて領事館等の在外公館で取得できる在留証明書、サイン証明書でも手続きをすすめることは可能なのですが、原則として手続きごとに異なる書類に証明を貰う必要があり、あまり協力的ではなく体調も思わしくないという状況ではかえって大変になってしまうと思われます。

 

お書きいただいた事情からするとまだご住所は日本に置いているようですので、役場の指示に従い印鑑登録カードの交付を受けて、印鑑証明書の交付を受けることが最善でしょう。

印鑑登録カードがあれば代理人でも簡単に印鑑証明書を取ることができるようになりますし、一度もフィリピンに行かずに完了させることも可能です。

 

なお、役所や金融期間等で指示される書類に本人署名と言われることがありますが、本人の承諾を得て行うのであれば代筆で他の方が署名をしても法律的には問題ありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有難うございました。


最後に提案戴きました「本人承諾を得て行う代筆」これは、「代理人選任届」と


云う事でしょうか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

そうですね。まずは、「代理人選任届」ですが、今後もいろいろな場面で本人署名でと言われます。

 

「代理人選任届」は弟さんが代理人に印鑑登録カードの発行を依頼したことの証明のために提出するよう役場から言われる書類ですので、本人が署名するようにと言われる訳です。

その際に代筆はダメと言われる可能性があるのですが、現実的に本人が署名するのが困難であり、本人に不利益も無く本人の承諾があるのであれば法律的には代筆で問題は無いので、そのことを注意的に申し上げました。

AEをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

再三、有難うございます。


『本人の承諾』これは、状況でいいのでしょうか?


「相続処理に印鑑証明が必要」だから、「印鑑証明書」を送るよう要請した。


「カードは所在不明…よって、実印を送る」と今回、印鑑を送ってきた。


本人も、身体不自由と云う事もあり、携帯メール交換してるのですが、


ローマ字で簡単な文章で詳細の要領が掴めません。


 


印鑑は、登録されてるものと、確認取れました。


理解力不足で、相すみませんが、どうぞ、宜しくお願いします。


 


一応、フィリピンに「代理人選任届」に自署するよう送ってみようと思います。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

そうですね。本人が自分で署名できればそれが一番ですので、まずは送って自署を求めるのは良い考えです。

 

相続手続きでは何度も署名を求められる場面が出てきますので、今後本人の自署が困難な場合に代筆を考えましょう。
「手続きに必要な書類に代筆するよ」とお話して承諾を貰うのが確実ですが、実印を送ってきて手続きを頼んでいる状況ですので、弟さんに不利益にならないようにという点に注意すれば厳密に考えなくても大丈夫ですよ。

AEをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

そうでしたか!


有難うございました。


ようやく、不安が薄らぎました。


懇切丁寧にお答え頂き感謝感激しています。


初めて、参加させて戴きましたが・・・。


すごく役立ちました。有難う。。


 

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。
またわからないことがありましたら、ご質問くださいね。

相続・遺言 についての関連する質問