JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 498
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

はじめまして。父の約束不履行について相談します。 母が本年1月8日に急死しました。 私は、ショックのあまり様子が

解決済みの質問:

はじめまして。父の約束不履行について相談します。
母が本年1月8日に急死しました。
私は、ショックのあまり様子がおかしい喪主の父に代わり、補佐して葬儀ひと通り執り行いました。
妹と私の息子もおりましたが4日めには帰り、翌日には私も神奈川に帰り仕事に復帰するという
5日めの夜、父は改まり、私の名前を呼んで座らせ、「将来の 安定した生活のためにも、青森の
土地を売って(私の住む町に)不動産を買ってやろうと思うから、探しておきなさい。」と言いました。
その時書面にしておけば良かったと今になれば思いますが、しませんでした。
 母が生前「お金があったらすぐ買って(私の住むマンションに)住みたい」と言っていたマンション
の一室を3月4日に父は見に来ました。しかし、一階は値打ちが無いと断りました。
 その後理想の三階以上の部屋が売り貸しに出る度私は真剣に見に行き、とうとう真上の物件が
売りに出たので私は真剣に購入計画を立て、担当者もあらゆる手立てを考えてくれました。私は保
険からの借入で現金を用意して、後は父の資金待ちとなった段階で、父は「金の話はするな。うるさ
い!」とこちらからかけた電話に要件も聞かず繰り返し、都合が悪くなるとすぐ電話を切ってしまうこ
との繰り返しです。その後、保佐人の話も賛成していたので進めていましたが、「自分でやる」と言い
出したので用意した書類を送りました。何も返答が無いので電話で問い合わせたところ、
「(自分は)そっちに住む気が無いから。妹には公正役場で(妹が父から安く借りて住んでいる)土地
家屋とその隣の土地家屋をやる証書を作って来た。」その後は「(汚い方言で罵るように)うるさい、う
るさい」と気が狂ったように言って話にならないので私から電話を切りました。
 私はマンション中で一番好条件な上の部屋を是非入手しようと奔走た。ローン計画も上手く行かず
一旦は担当者と話を白紙に戻している状態です。その部屋は借りることもできますが、そうすると好
条件での賃貸業が出来ません。
 父は、今、母の死後五日目に私に申し出たことを「忘れた」と言います。いつも困った時だけ頼りに
され、真剣に動いた私は仕事も手につかず何日もそのために費やし、疲れ、振り回され、挙句には
「そんな話は忘れた」ととぼけられ、さすがに怒りを感じ、情けなく、脱力感も伴い、つい神経がまい
りそうになります。
 江ノ島女性センターで女性の弁護士さんには、人間として情けないが、民事で訴える要素はないと
言われました。ただ、母の着物・毛皮・宝石の箪笥移動に関しては、妹と父を裁判所の手続きで
動かすことは出来るとアドヴァイス受けました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

お母様がお亡くなりになったとの由、ご心痛申し上げます。

お父様の約束不履行に付きましては、家族間の争いの範疇であるので、弁護士さんの言われたように、取りたてて、対処すべき方法はありません。

ただ記述の中に「保佐人」という言葉があることから、認知症にかかられているのでしょうか。言ったことを忘れたり、突然怒り出したり、言動が変化することは認知症の症状の一部です。

このようなことがあるから、あなたは近所に住まわすことに賛同し、その準備を進めていたということなのでしょうね。

住まいがかなり離れているということもあって、意思疎通もなかなか難しいところもあるでしょう。でも、「親父は病気なのだから」と、心のうちに収めてあげましょう。

保佐人の話は、本人が事を進めることは少なく、身内が家裁へ申し立てるケースがほとんどです。自身の責任能力が問われているのですから。症状が進んでいる様であれば、あなたから、管轄の家庭裁判所に申し立てをしましょう。

一方母親の遺産についてですが、基本的には、名義分の財産を含む身の回りの物は、遺産分割の対象となります。よって、勝手に処分分け与えをすることはできません。親子そろった上で、宝石等の高価なものを除いて、分け合いを行い、高価な物品や預貯金などの財産は、遺産分割協議を行い、遺産分割協議書の作成をもって、名義変更する必要があります。あなたの法定相続分は4分の1です。

dai60962000をはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問