JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

一人娘の為・・相続をし家を売却いたしました マイホームも妻(私)の名義です 主人には前妻の子供がいますが・・

解決済みの質問:

一人娘の為・・相続をし家を売却いたしました
マイホームも妻(私)の名義です
主人には前妻の子供がいますが・・
私名義のものは私の実子に残したいと思います

遺言状はどこまで有効なのでしょうか??
遺言を残す方法は法的にどのように手続きすればいいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
司法書士のgyoenlegalと申します。
分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

回答を作成するにつきお伺いしたいことがございますがよろしいでしょうか。

・ご主人の前妻のお子さんをご質問者様は 養子縁組されておりますか?

・今ご自身でお持ちの財産は預金と不動産ということでよろしいでしょうか?ご主人は不動産の所有権を一切お持ちではないということでよろしいですか?

>遺言状はどこまで有効なのでしょうか??
・どこまで有効という意味は、一切ご主人に遺産はあげないあげずに、すべて娘さんに渡す遺言を書いてもいいのかというご主旨ですか?

>遺言を残す方法は法的にどのように手続きすればいいのでしょうか?
・法律上有効な遺言書を残すにはどういった手続きが一番よいかということでよろしいでしょうか?

大変恐縮ですが、以上を教えていただけますと幸いです。
宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

上記に変更はないです


前妻の息子とは養子縁組をしてません


以上


よろしくお願いいたします


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございま す。
司法書士のgyoenlegalです。
上記を基に回答させて頂きます。

>私名義のものは私の実子に残したいと思います
遺言状はどこまで有効なのでしょうか??
→遺留分の兼ね合いで気になさっているように感じましたが、遺言の内容については、基本的に自由であり、遺留分を無視した遺言も当然に無効になるわけではありません。ですので、不動産、預貯金等全財産を娘一人に相続させるという旨の内容でもかまいません。

とはいえ、ここで問題となるのは、やはり遺留分です。
しかし遺留分を取り返す権利を行使するかどうかは相続人(今回のご質問ですと旦那様)の自由であり、自己の遺留分の範囲まで財産の返還を請求する『遺留分減殺(げんさい)請求』がなされるまでは遺言は効力を有します。

逆に遺留分減殺請求権を行使されると、受遺者(今回のご質問ですと娘様)が侵害している遺留分の額の財産を相続人に返還しなければなりません。

つまり、遺留分減殺請求さえされなければ全財産を相続させる旨の遺言によって娘様に全財産を移すことができ、仮に遺留分減殺請求をされたとしても、侵害している遺留分の価格分を現金が用意できれば不動産名義は娘様のままにしておけます。

>遺言を残す方法は法的にどのように手続きすればいいのでしょうか?
→遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類の方式があります。
一番簡単なのが自筆証書遺言であり、どこかに行って手続きをすることはありません。直筆で、日付を記入し、署名押印さえしておけばよい方式であり、誰にも知られずに作ることが可能な半面、亡くなった時に家庭裁判所で検認という作業を経なければならず、また遺言は無効だと言われかねない方式なので、

ご質問の回答として、私は公正証書遺言という形でお作りになることをお勧めいたします。
手続きとしては、公証役場に出向いて作成します(文案はお近くの司法書士とともに作成するとよいと思います)。
公証役場で遺言書を保管してくれますし、公証人が関与しますので、遺言の中身について遺言者の意思を汲んだ遺言が作れます。また自筆証書遺言のように家庭裁判所の検認を経る必要もございません。日本全国の公証役場で、故人が公正証書遺言を残しているか否か照会することもできます。
公証役場の手数料がかかりますが、ご質問者様の意向を考えますとこちらがよろしいかと思います。

わからない点がございましたら、マイナスの評価の前にご返信ください。
参考になりましたら幸いです。
gyoenlegalをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
司法書士のgyoenlegalです。
回答についてご理解いただけましたでしょうか?
わからない点がございましたら、補充説明をさせていただきますので、お気軽にご返信ください。
宜しくお願い申し上げます。

相続・遺言 についての関連する質問