JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 499
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

お願いします。 代理弁護士を付けて兄が申立人、私と妹が相手方として調停が終了しました。私達姉妹には弁護士はつい

解決済みの質問:

お願いします。

代理弁護士を付けて兄が申立人、私と妹が相手方として調停が終了しました。私達姉妹には弁護士はついていません。

兄と私達姉妹は絶縁状態にあ ります。もともと兄は法定通りの3分割すると言う事を、私たちには伝えていたのですが、結果的に要求されたのは、土地家屋を自分のもの、証券類は私と妹で分けるということでした。(比率的には土地家屋の方が価値が高いです)

兄がなんども難癖をつけてきていたのですが、結果として、早く終わらせたかったので上記の要求を呑む形で終わらせました。
条件は、証券を現金化して兄より証券の額面分の代償支払いをしてもらう事。当然期限も定めました。
但し、父母の生前中また、調停中もなにかと兄のウソに振り回されてきた私達姉妹としては当然兄を信用していないので、不安がある旨を調停員と兄側の代理人に伝えましたが、大丈夫だろうと…

第1回目の支払日が本日(8月31日)でしたが、2日前に1週間遅れるとの書面が突然兄から届きました。
理由は、証券会社の手続きが終わらないとの、一方的通知です。
当日のうちに相手方代理人にその旨を確認した所、代理人は知らず、確認をとるとの事でしたが、折り返しの連絡はくることはありませんでした。もちろん兄にも連絡をしましたが、当然ように連絡はつきませんでした。

何度か私から代理人の方に連絡したところやっとつながり兄に連絡をするように伝えてほしいと言いましたが、喧嘩になるので代理人である私が聞くとの事でした。私は当然遅延に対する、謝罪を求めましたが、兄が証券会社のせいにするばかりか代理人まで証券会社をうそつき呼ばわりする始末です。(証券会社とは私も話していて兄及び代理人が言っている内容と食い違っています)
私達姉妹は遅延にたいする謝罪がほしいのに。払えない物はしょうがないと(代理人)。

そこで、質問なのですが

相手及び弁護士は調停書による事項を軽視しているようですが、(払わないって言ってないでしょとのセリフをはかれました。)そんなものなのでしょうか?

相手方弁護士は、上記のやり取りで私の言葉にたいして、確認すると言ったきりで連絡がこないので、何度かこちらから連絡すると一方的に電話を切られたり、自分を通せと言ったのにも関わらず本人に連絡させると逆ギレされました。…代理人の対応としては適当なのでしょうか?

遅延に対する謝罪をうける方法はあるのでしょうか?

兄や代理人に連絡がつかない今、今後の支払いを待つほかないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  dai60962000 返答済み 5 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

相続手続きがこじれると、それぞれが身内であるがために、余計な心労・感情を抱くものです。少し冷静になって行動しましょう。

まず、調停にて遺産分割を合意し、「調停調書」ができたということですね。調停調書は裁判の判決と同等の効力があります。

相手が、手続きを行わないのであれば、いつまでも待っている必要はなく、相続人であるあなた方が、調停調書でもって、証券会社に名義変更手続きを行えばよいのです。あなたの兄の印鑑証明や署名は必要ないはずです。その他名義変更に必要な書類を聞いて、提出すればよいのです。調停調書以外に必要と想定されるのは、非相続人の除籍謄本、あなたたちの住民票・戸籍謄本といったところでしょうか。

弁護士がどう言おうと、あなたたちは受け取る権利があるわけですから、自ら手に入れましょう。

「払えない」ということは、もうすでに現金化しているともとれます。 証券会社に問い合わせ、もうすでに現金化されているのであれば、催告したうえで、裁判所に差し押さえの手続きをしてはいかがでしょうか。土地があるはずなのでそれを差し押さえ、売却・現金化して回収してしまうのです。

調停調書にはそれだけの強制力があるのです。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.


早速のご返答ありがとうございました。

 

冷静に読み返してみると、文句ばかりでお恥ずかしい限りです。

 

また、曖昧な点がありましたので再度確認させていただきます。

 

現在兄は、証券を現金化していますが、その手続きに思っていた以上に時間がかかったので、期限内に支払えない・・・旨の通知がありました。

 

故意にではないことはわかっていますが、調停条項の不履行ということではないのでしょうか?  また不履行を行った場合でも、故意ではないので仕方のないことなのでしょうか?

それによって、また何か約束事は発生しないのでしょうか?

 

それに付け加えると、代償支払いの設定が2度に分かれています。このままだと2度目の期日も守られないことが懸念されるのですが、それを防ぐ方法はないのでしょうか?

 

どうぞ、宜しくお願い致します。

専門家:  dai60962000 返答済み 5 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

証券はすでに現金化されている、とのことですが、実際支払いはな されたのでしょうか。手続きは結構手間がかかることは予想されますので、多少の遅延は目をつぶるべきでしょう。調停調書に2回に渡って支払うとなっている、とのことですが、その理由は何でしょうか。他の証券会社にも預かりがあって、2回にとされたのでしょうか。それであればよいのですが、全額換金が済んでいるのであれば、2回に分ける意味があまりありませんよね。理由が前者であれば、入金を待つことも必要ですが、後者の場合、期日を定めた「覚書」を交わしておくべきでしょう。その中に期日を守れなかったときの措置、たとえば金利を設定する、強制執行承諾付き公正証書にしておくなどをしておいてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.


ご回答ありがとうございました。

 

公正証書を作成ということですが、この場合相手の同意はもちろん必要になりますよね。

代理人からは本人に直接電話してくれ、と言われたので兄には連絡を取っているのですが、連絡が取れない状況で困っています。

 

よろしくお願いします。

 

 

専門家:  dai60962000 返答済み 5 年 前.

代理人は本人(兄)から委任状を取って仕事をしているはずなので、「本人に直接」というのは、委任契約を解除したのか、仕事を誠実に行おうとしていないのでしょう。代理人が兄に代わって、立会いをすれば公正証書の作成は可能なのです。契約を解除していれば、公正証書の作成は、本人の立ち合いが必要になります。

なので、2回目の支払いの期日が過ぎても入金がなく、「もう待てない」とお考えになったら、前述の通り、差し押さえの手続きを進めていくしかないでしょう。

dai60962000をはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

 


それではとりあえず待つことにします。


 


何度も回答ありがとうございました。


 


 

相続・遺言 についての関連する質問