JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

相続放棄したあとの車の処分について

質問者の質問

去年の7月に父がなくなりました。父には腹違いの子供が6人(私を含め 認知の子供2人います)おり、一番上の子供…といっても60歳近いのですが、公正証書による遺言書により全てまかされることになっていますが、そのことは父が亡くなって本当は遺言書があるのではないか?と何回か聞いたところあると答えられて知りました。私は父が亡くなる前に父親名義の車 を借りており、返すことなく亡くなりました。何故なら亡くなったのを知ったのは父親の家に飾られた花輪を見て知ったからです。そのくらい私と母親は一番上の子供からは関係のない人という扱いを受けており、49日も1周忌も何も言われませんでした。相続放棄はしたのですが、車の処分の仕方に困り自分でも色々調べましたが下手に手をつけると相続したとみなされる事などを知り、そのままの状態にしてあります。一番上の子供 は私が車に乗っていたのを知っているので、今まで父が払っていた税金を払うようにと用紙が送られてきましたが、これも手をつけずにいました。そして今日、車の税金を支払い、廃車処理をするように。連絡ください。連絡がなければこちらで盗難届を提出します。 とのことでした。正直もっと早くに動く予定でしたが今年の春に体調を崩し病院通いが続き、やっと最近になってどうにか動けるようになってきた程度なのです。まず知りたいのは一番上の子供には、どのような内容を連絡すればよいのか、どう処理を進めて行けばよいのでしょうか。ちなみに車は今年の6月に車検は切れています。6人いる子供のほとんどが除籍を見て存在を知ったので話したこともなく、全国に散らばっております。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

遺言書で一番上の子供が全てまかされることになっているとのことですので、自動車の所有者もその一番上の子供です。

あなたは所有者ではないので、勝手に車を廃車にする権限は当然ないことになります。

一応所有者から廃車にするようにと言われてはいますが、口約束を信じて廃車した後でそんなことは言っていないと翻されると困りますので、委任状等の書面で指示をもらうまでは手を出さない方が安全です。


自動車税の納税義務者も、所有者である一番上の子供です。あなたは自動車を父から無償で借りていただけであり、相続を放棄したのですから税金を負担する法律上の義務もないのです。

ただし自動車の返還を請求された場合は相手のところまで届ける義務がありますので、一番良いのはすぐにでもレッカーで相手の家に届けてしまい、それ以外の請求は拒否することでしょう。

 

もし一番上の子供の家が遠方で届けるのに過分な費用がかかるようであれば、委任状をもらってあなたが廃車の処理をした方が安上がりですので、一番上の子供には自分が廃車の手続きをするので委任状を書いてくれ、と伝えてください。

 

盗難届については、盗難した事実はないのですから心配無用です。
警察は事情を聞けば届出を受理しませんし、万が一相手が嘘をついて受理された場合は事情を話せば済むことです。
虚偽の盗難届を出すのは軽犯罪に当たる行為ですので、困るのはむしろ相手の方です。

 

法律的には上記のような処理で構いませんが、相手と円満に解決したい場合は1年分の税金と廃車費用ぐらいは負担しても良いと思いますよ。


以上、参考になりましたら幸いです。
下記の署名欄をよく読み、ルールを守ってご利用いただきますようお願いします。

質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます。
私が相続放棄をしたことを一番上の子供にメールしましたところ次のように返信がきました。
車は、自分のしたことの責任です。早く税金と廃車をするように。

警察にいうとの事も書かれていましたが相手側の文章が途中で切れていて、よくわかりませんでした。

廃車の手続きをする場合、私が自力で調べた限りでは沢山の書類や亡くなった父の印鑑証明など必要と書かれているのもありましたが、実際のところはこの様な場合何の書類が必要になるのでしょうか?
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
一番簡単で費用的にも安くすむのは、中古車買取業者に買い取ってもらうことです。
年式が古いものでも買取ってくれたり、タダで引き取ってくれることがありますので、まずはこれを検討すると良いでしょう。
買取が無理な場合は、解体業者に依頼して解体してから自動車登録の抹消を行います。

所有者でも相続人でもないあなたが行うには、上記のどちらの場合も、車検証、自賠責保険証書、父の戸籍謄本、遺言書、一番上の子供の印鑑証明書、委任状といった書類が必要です。
正確な必要書類は状況により異なるため、買取の場合は業者に、登録抹消の場合は運輸支局に確認をしてください。
登録抹消の手続きを自分で行うのが難しい場合は、行政書士に依頼することもできます。

もしこれらの書類を一番上の子供からもらうことが困難な場合は、ひとまず解体して税金だけを止めるという方法があります。
まずは解体業者に依頼して自動車を解体してもらいます。解体業者は特に書類を要求しないことが多いため、費用を払って引き渡せば済むことが多いです。
解体が終わったら解体業者から解体証明書を発行してもらい、県税事務所に届け出ることで、今後の税金の請求は止まります。手続きの方法は地域によって微妙に違うことがあるため、県税事務所に問い合わせてください。
本来は抹消しなければならない自動車登録が残ってしまいますが、残っていることで不都合は特に生じないので大丈夫です。

参考になりましたら、プラスの評価をお願いいたします。
AEをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
自分がどうすればいいのか、やっと知ることが出来ました。
本当に助かりました。AEさん、ありがとうございます。
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
ご丁寧にありがとうございます。
お役に立ててなによりです。

相続・遺言 についての関連する質問