JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

川島と申します。よろしくお願い致します。 先月28日、兄が亡くなりました。兄は結婚しておらず すでに両親も他界して

解決済みの質問:

川島と申します。よろしくお願い致します。
先月28日、兄が亡くなりました。兄は結婚しておらず すでに両親も他界しており 北九州 で独り暮らしておりました。三人兄弟で、私は名古屋 弟は山口に住んでおります。
相談内容ですが、
一年の闘病で入退院を繰り返しておりまして、入院給付金のみの保険に加入していたことがわかりました。預金はないと思います
あとは、債務があるかないかもわかりません。死亡後、最期を迎えた日までの給付金を申請できるそうなのですが これが相続に当たるのであれば申請はやめようと考えております。
現在わかっている入院費やアパ-トの解約料は、兄弟できちんとしてあげたいねと話してはおりますが
請求が高額なので お聞きしてからと思いメ-ル致しました。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

兄が契約者・被保険者であった保険契約の入院給付金は、法律上は原則として相続財産ではなく、保険解約に従い定まっている受取人固有の財産となります。
したがって、受取人として特定のご親族の方が指定されている場合や、保険契約の約款で受取人が決められる場合には、相続を放棄する場合でも保険金を受け取ることができます。

一方で、入院給付金の受取人が兄自身となっており、約款によっても受取人が決まらない場合は保険金も相続財産になってしまいますので、相続を放棄する場合には受け取ることができなくなります。
このように受取人が誰か、保険契約の約款がどうなっているかによって異なりますので、保険会社に対して保険契約の内容をよく確認してください。

 

以上、参考になりましたら幸いです。
下記の署名欄をよく読み、ルールを守ってご利用いただきますようお願いします。

AEをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問