JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

父が残した遺産:賃貸マンション。ローンが残っています。 私には少しの土地と現金をくれるそうですが、少しでも相続をす

解決済みの質問:

父が残した遺産:賃貸マンション。ローンが残っています。
私には少しの土地と現金をくれるそうですが、少しでも相続をすると、ローンの返済義務が生じるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

相続人の方は相続放棄しなければローンの支払い義務を負うことになります。

そして、相続放棄は相続開始(お父様の死亡)を知った時から3カ月以内に家庭裁判所に申立てをする必要がありますが、遺産の一部でも取得や処分した場合には放棄できなくなります。

 

ですので、プラスの遺産とマイナスの遺産のどちらが多いか等、諸般の事情を踏まえて、遺産を受け取るか、放棄するのかご検討する必要があろうかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
遺産放棄をしなかった場合、ローンの負担の割合は相続額によって決められるのですか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

負債は、法定相続分によってその負担分が決まります。

よって、例えば相続人が配偶者と子2人の場合、配偶者1/2、子は各自1/4となります。

プラスの遺産を遺産分割協議等で、相続人の一人が全て相続した場合でも、負債は上記のとおり、法定相続分に応じて支払い義務を負うことになりますのでご注意ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
今から放棄することはできません。分割案は法定相続分からは程遠いものですが、それでもローンを支払う義務が生じるのですか?マンションの家賃は全て母が受け取ることになるのですが。
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

残念ですが、先に述べたとおり、負債は法定相続分に応じて、その支払い義務を負うことになります。

厳密にいうと、遺産分割協議の中で家賃を全て受け取るお母様が、ローンの支払い義務を負うよう相続人の間で定めることは可能です。

しかし、この定めはあくまで相続人の間の約束でしかなく、お母様が支払いを怠った場合、債権者からの請求に対して、負担部分の支払いを拒むことはできませんのでご注意ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ローンが万一滞った場合は、抵当に入っている土地と建物が競売にかけられると思うのですが、それでも私が請求されるのでしょうか??
質問者: 返答済み 5 年 前.
ローンが万一滞った場合は、抵当に入っている土地と建物が競売にかけられると思うのですが、それでも私が請求されるのでしょうか??
質問者: 返答済み 5 年 前.
ローンが万一滞った場合は、抵当に入っている土地と建物が競売にかけられると思うのですが、それでも私が請求されるのでしょうか??
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

おっしゃるとおり、支払が滞った場合、まずは請求がきますが、それでも支払いがされない場合、まずはマンションを競売されようかと存じます。

そして、競売後も残債が残るようであれば、先に述べているとおり負担分の請求が継続されることになります。

ローンの残債が少なく、オーバーローン(不動産の価値以上にローンが残っているケース)ではなければ、実際に支払いをする必要はなかろうかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
スッキリしました。ありがとうございます。万が一の時、土地と建物を処分して、負債が残るとはおもえないのですが、可能性はゼロではないので、私もある程度相続しておいた方が良いですよね。母や兄が安心だということですね?!
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

そうですね、相続で結果的にマイナスになることがないよう、ご自分の取分(1/4)に相当する遺産を取得できるようご主張されたほうがよろしいかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問