JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 489
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

5年前に主人が死亡、その10か月後に義母が死亡(義父は15年前に死亡)相続人は一人息子(29歳)と義姉の2名です。義

解決済みの質問:

5年前に主人が死亡、その10か月後に義母が死亡(義父は15年前に死亡)相続人は一人息子(29歳)と義姉の2名です。義姉とは義父の死亡以来絶縁状態にあり、相続の話合いが出来ておりません。私が電話をしてもいつも留守電(誰がしてもいつも留守電状態)。架かってはきません。訪ねて行っても玄関先で門前払い。息子が行けば少しは対応が違うかなとも思うのですが、県外にいる為、帰省した時しかチ ャンスが無く、私が困ってる様子を話しても耳を傾けません。田畑が約1300坪、屋敷が200坪程あります。名義は1000坪の田が義母と義姉と息子(主人名義を相続)の共有です。義姉が放棄しない為仕方なく3名の共有名義にしたと聞いています。屋敷と残りの田は義父名義のままです。一部20、30坪ですが,曽祖父名義の物も残っています。田は農業委員会にお願いして植えてもらっておりますが、屋敷や畑は剪定、草むしり等管理が大変です。固定資産税も掛ります。弁護士にお願いするしかないとは思うのですが、費用も心配です(事情があり現金は一切残っておりません)。息子が取りあえず一度は話に行くべきだと、親戚の物も言いますが、期待できそうにありません。どうしたらいいかほとほと困り果てております。良きアドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  dai60962000 返答済み 5 年 前.

お問い合わせいただきありがとうございます。

税理士には、「交渉」する権限がありません。また、遺産分割協議書を作成してはいけないことになっています。そのため、息子さんご本人に、という話をされたのでしょう。このような場合、弁護士を雇って相手に遣わし、交渉してもらうことになります。

曽祖父名義の物件があるようでは、相続人の数も相当数になっていることと思います。息義姉さんだけでなく、合ったこともない方が相続人になっている場合もあります。

弁護士は、着手金〇十万円+相続財産の5%程度と思われます。弁護士費用の工面が難しいようであれば、相続で土地を売却して換金し、一部を弁護士報酬に充てはいかがでしょうか。

弁護士は、都道府県の弁護士会に相談すれば紹介してもらえます。

まず、相談してみたい、ということであれば、「法テラス」を利用されてはいかがでしょうか。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
弁護士にお願いした場合、全てやっていただけるのでしょうか?息子が家裁に出向くのは難しいと思います。依頼人は私が代理でと言う事になるんでしょうか?
専門家:  dai60962000 返答済み 5 年 前.

返信ありがとうございます。

弁護士に正式依頼した場合、相続人の一人が、委任状を書くことになります。これで弁護士は、相続案件について代理人となり、解決に向かって動くことができます。

基本的にすべて任せることになりますが、相手の主張に対して、あなた方はどう対応しますか、というような判断を求められることがあります。裁判所や相手方に出向くことはありませんが、方針・判断は、弁護士から聞かれますので、身内で話し合いましょう。

dai60962000をはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問