JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 246
経験:  行政書士事務所 所長
67515089
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

先日(7/6)実父(82歳)が亡くなりました。告別式も終わり、今色々な手続きに追われています。 そのなかで、遺産相

解決済みの質問:

先日(7/6)実父(82歳)が亡くなりました。告別式も終わり、今色々な手続きに追われています。
そのなかで、遺産相続があります。 母は10年前に自死で他界、子供は私しかいないのですが、父には母存命から付き合っている彼女がいて、母が亡くなってからは彼女と半同姓という形で10年近くきたようです。私は、彼女がいるのは分かっていましたが、たまに泊まるぐらいだとの認識で、父に苦言しつつ、病気で入院する8ヶ月前まで、一人暮しの父の所に掃除、洗濯、食事作りのために週2~3回往復2時間かけて10年通ってました。
父の入院で初めて彼女にあって、父が暴れるため24時間体制の看病に入りました。ほぼ、二人で24時間ですので、仕事のある私より彼女中心の看病で、本当によくしていただきました。
葬儀には親族として、私と主人の次に並んでもらいました。そこで、父の遺産ですが、彼女は49日まで私の実家で父の遺骨を守り、その後自分の家に戻られるそうです。父の預貯金は、80万のみで、葬儀代が約200万、お寺のお布施が16万と戒名代が60万で足りない分は、父の保険金500万から支払いました。
残り300万の保険金(受けとり人は娘の私)のなかから、彼女にお礼としてお渡しするとしたら、いくらぐらいが良いのでしょうか?父には、孫が二人います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

さて、私は法律の専門家ですから、法律的観点から回答いたします。質問者様の状況や考えからいって困難なものもあるかと存じますが、あくまでも当職からの一つのご提案であると思っていただければと存じます。

 また、個別の事情に対応した回答はできず、一般的な法情報の提供や、相談機関の紹介のみになります。ご相談者様にとっては、もの足りない部分もあると思いますが、ご容赦願います。

ご存じと思いますが、彼女や、内縁の妻は、法律上の配偶者ではないので、相続権はありません。婚姻届を提出していない(法律上の妻でないと)と、相続権はありません。

ただ、本件では、ご相談者様が唯一の相続人ですから、ご相談者様が相続財産などを受け取り、その中から贈与をするにおいて、法律上の妻の相続分を参考にされてもいいかもしれません。

>父の預貯金は、80万のみで、・・残り300万の保険金(受けとり人は娘の私)のなかから、彼女にお礼としてお渡しするとしたら、いくらぐらいが良いのでしょうか?父には、孫が二人います。

そして、生命保険金が相続財産となるかどうかは、受取人が誰と指定されているかによ
って変わってきます。

生命保険の受取人が亡くなった本人であった場合、つまり、自分を受取人とし
て自分に生命保険をかけていたときは、生命保険金は相続財産となります。

これに対し、受取人が亡くなった本人ではなかった場合には、生命保険金は相
続財産とはなりません。

ですから、ご相談の件では、生命保険金は受取人である相談や様の固有の財産とな
るのです。

法律上の妻の相続分は、2分の1、つまり預貯金80万円の半分の40万円になりますね。ただ、ご相談者様としては、これと同様に扱うことには抵抗もあるでしょうし、お孫様2人のことも考えないといけませんよね。

あとは、彼女が尽くしてくれたことをどのように評価されるか、ですね。

この40万円を基準として、ご主人と相談したりして、金額を増減されてみてはいかがでしょうか。

拙い回答ですが、一助にしてください。

rikonnsouzokuをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問