JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属司法書士・土地家屋調査士事務所で10年実務を経験
67942392
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

実家にサラ金とか不動産を担保にしてお金を借りて返せなくなったのを、息子の代わりに返しました。こんな息子を、相続排除す

解決済みの質問:

実家にサラ金とか不動産を担保にしてお金を借りて返せなくなったのを、息子の代わりに返しました。こんな息子を、相続排除することはできますか?合計で1000万円です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

相続排除をするためには、家庭裁判所に、相続人廃除の申立を行うか、遺言書を作成し、その中で廃除の意思表示を行い、申立が 認められれば、当該相続人の相続権を喪失させることができます。

相続人の排除をするためには、その要件が定められています(民法892条)
1、被相続人に対する虐待
2、被相続人に対する重大な侮辱
3、その他の著しい非行が合った場合

その他の著しい非行とは
・被相続人の財産を不当に処分した
・賭博などを繰り返し多額の借金をつくりこれを被相続人に弁済させた
・浪費、遊興、犯罪行為など親泣かせの行為を繰り返した
・重大な犯罪行為を犯し有罪判決を受けている
というものです。

ですから、今回のケースは「その他の著しい非行が合った場合」に該当すると考えられます。

ただし、相続人の廃除は家庭裁判所が決定することですので、上記の行為に当てはまったとしても、廃除の決定が認められないということもあり得ます。必ず認められるということではありません。その点ご注意ください。
shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

家庭裁判所で認められない場合、親が生存中に、その子の相続放棄の書類を作成してはいけませんか?公証人役場において作成できませんか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
残念ながら、家庭裁判所に相続人の廃除が認められなかった場合、個人が 廃除できるという法律はありません。公証役場においても作成できません。

ただ、質問者様が遺言を作成して、息子さんは「息子さんに一切財産を残さない」ということを記載することはできます。
しかし、その場合でも、息子さんには財産は相続されないものの、「遺留分」の権利を持っていますので、財産を全く相続させないということはできません。
家庭裁判所で相続人の廃除が認められない限り、遺留分の権利は残ってしまうからです。

しかし、まだ相続人の廃除が認められないと決まったわけではないでしょうから、一度家庭裁判所に相続人の廃除を申し立てみてはいかがでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.
申し立ては、今でもできますか?何か書類は、いりますか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
相続人の廃除の申立ては、期間の制限はありません。いつでも申し立てが可能です。

質問者様の住んでおられる住所地を管轄する、家庭裁判所に申し立てます。
必要な書面は、質問者様の「戸籍謄本」と息子さんの「戸籍謄本」です。質問者様と息子さんが同じ戸籍謄本上にのっているなら一通で差し支えありません。

さらに、手数料として印紙代1200円と郵便代(裁判所によって違うので確認が必要です)が必要です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
実家にどれだけ迷惑をかけたかという書類等は、提出しなくていいんですか?親の生存中は、むつかしくありませんか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
それらの書面が必要かどうかは、家庭裁判所で審理する裁判官が判断されることですので、申し立ての際には必要ありません。
審理をしていき、話しを進めていく上で、提出を求められることはあると考えられます。
質問者様の生存中でも、申し立てできます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

家庭裁判所へは、何回ぐらい行くのでしょうか?申し立ては、受理される可能性は高いでしようか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
裁判所に足を運ぶ回数は裁判所によって、また担当する裁判官によって違いますので、はっきりとしたことは申し上げられませんが、おそらく数回は行くことになると思われます。

廃除が認められり可能性は、息子さんが借金をした理由が浪費やギャンブルといったものであれば、金額も高額ですから、認められる可能性としては高いと思いますよ。
shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
借金の理由をはっきりいいません。裁判所で言わせたほうがいいですか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
一緒に行く必要はありませんよ。息子さんが借金を何に使ったか言わない事も、審判において影響を与えると考えられるからです。
shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

昨日家庭裁判所へ、、行ってきました。お答えとは違って
審判で受け付けても、途中から調停に代わることもあるといわれました。そうなると本人が裁判所へ行くことになります。相続排除を本人にわかってしまいます。知らないうちにできると思っていたので、これではできないと思いました。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
以前の質問を見返してみましたが、息子さんに知られずに相続排除したいとはおっしゃっていませんよね。
単に息子さんは借金の理由を言いたくないだけで、裁判所に連れていくのが難しいかと思ったので、とりあえずは裁判所に一緒に行かな くてもよい、と回答したのです。

裁判所や裁判官によって、審判のしかたは様々ありますので、途中から調停になることもあります。そうなれば息子さんも裁判所に行くことになります。

回答が不完全だったことは申し訳なく思いますが、詳細を記載していただけなければ詳細な回答もすることができないこともご理解ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

そうですよね。質問が、不適切で申し訳ありませんでした。立ち直ってくれたら、こんなことを考えなくてもいいんですが。有難うございました。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
こちらこそ、言葉が足りなくて申し訳ありませんでした。
何とか良い方向に問題が解決するといいですね。
shihoushoshikunをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問