JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4801
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

4月1日に同居の父が他界しました。 私の家族は他に母がいますが、塩分や水分の制限、認知もあり、今は特養で生活してい

解決済みの質問:

4月1日に同居の父が他界しました。
私の家族は他に母がいますが、塩分や水分の制限、認知もあり、今は特養で生活しています。
父は三年前の秋から在宅酸素生活で、病院通院も一人では無理で同行していました。

父は兄弟とも疎遠のため、父の兄弟には知らせずに葬儀は私が喪主をつとめました。
ただ、父には離婚歴があ り、前妻の子である長男がいます。
この人は私が高校1年の頃まで同居していましたが、家を出たきり25年も音信不通で行方知れずでしたので、葬儀の連絡もしていません。

こういう事情があり、いま私の住むマンションは、元々住んでいた家を売って生前贈与という形で私名義で購入したものです。

父の葬儀のあと、母も何度も救急車で運ばれたりしてワタシも相続を放置していて、最近ようやく、手続きについて考える余裕ができました。
いろいろやっかいなことが多いのですが、まずはどう動けば良いでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 基本的に、葬儀に関しては、お呼びしていなくても、お父様が亡くなったことは

皆さんにお伝えはしてあるのですよね。

そうすると、推定相続人は、お母様とご相談者様と前妻のご長男様の3人と

言うことですね。

 とりあえず、最初に「遺産分割協議書」の作成をしなくてはなりません。

(遺言書は無かった前提でお話いたします)

遺産分割協議は、時効がありませんのでじっくり腰を据えてやることも

できますが、遺産分割協議書が無いと金融機関の預貯金を引き出すこともできません。

それと、時効がないと言っても相続税があれば申請の時期は、10か月以内です。

 お母様に関しては認知症がございますから、本来は成年後見人を立てなければ

なりません。法定後見人(保佐や補助もあります)になりますから

家庭裁判所に申請することになります。

 お兄様に関しては、戸籍の附表の住所で、もしいなければ

行方不明者ですからそう言うことはないと思いますので

手紙か何かで連絡を必ずとって下さい。

 お母様の成年後見人と、ご相談者様とお兄様で遺産分割協議をして

遺産分割協議書を作成して各金融機関等に対応して下さい。

必要書類等が金融機関ごとに違ったりしますので

 やはり、相続手続きを民事法務専門の行政書士か弁護士の先生に

ご依頼した方がよろしいと思います。

とにかく、法定相続で分ければ問題はないと思いますが

その場合でも手続の問題がありますから

すべて、関係機関に相続でと、お問い合わせいただければ

丁寧に説明はされると思いますが、ご面倒な場合はやはり

前述の専門家にご依頼された方が良いでしょう。

行政書士の先生の方が比較的お安くできると思います。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

父の死については、母方の親戚には伝えていますが、父方の親戚には伝えていません。
無論、行方知れずの兄にも伝えていません。
そこに問題はありますか?

ただ、父の墓が父方の墓の隣のため、伯父(父の
弟)は、墓標に刻まれた名前で父の死を知ったようです。

10か月の相続税の申告と知り、早急に母の成年後見人の申し立てをすべきですか?

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お父様が亡くなったことを知らせる知らせないは個人的な問題でしょうが

法的なトラブルは無くても、後で不平不満がでるかもしれませんので

その対処は必要でしょうね。

また、そうなると、祭祀承継者はご相談者様と言うことですね。

 仮に、お兄様が行方不明と言うことであれば、家庭裁判所に不在者財産管理人を

選任してもらいます。

 さらにもしお兄様が25年も行方不明であれば、もう亡くなってるかもしれないと

思われれば、家庭裁判所に失踪宣告を出して、もう亡くなったと推定してもらいます。

お兄様の家族がいなければ、それで進めます。

 相続税は、現在、基礎控除5千万円、相続人の数3人で一人1千万円で

8千万円の控除があります。相続財産がそれ以上の場合でなければ

問題はありません。それ以上の場合は、仮申告しておけば、遺産分割協議は

幾らでも延ばせます。

 とは言え、今後のことを考えれば成年後見制度はご利用した方がよろしいでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
失踪宣告には7年かかると以前聞いたことがあります。
その場合には、相続自体が遅れることになり、税金が高くなりますか?
また、私にはいまの住まいの生前贈与分があり、残りの預貯金の合計のほうが
多分、生前贈与より少ないと思いますが、どうなるのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
失踪宣告には7年かかると以前聞いたことがあります。
その場合には、相続自体が遅れることになり、税金が高くなりますか?
また、私にはいまの住まいの生前贈与分があり、残りの預貯金の合計のほうが
多分、生前贈与より少ないと思いますが、どうなるのでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

失踪宣告の起算点は、最後に生存が確認された時ですから

今から7年間待つと言うことではありません。

 手続等は、家庭裁判所にご確認されると良いでしょう。

どこかで生きているかもしれないと推測される場合は

不在者財産管理人が必要になるかもしれませんが

候補者をご相談者様の方で指定できると思います。

信用できる行政書士の先生等がいらっしゃれば

ご依頼されると良いですね。

 相続税の申告が遅れる場合は、どちらにしろ修正申告になるので

多少の延滞税がある場合もありますが

あまりお気になさらず他の手続きを進めていくことです。

生前贈与の場合、その時点で贈与税(年間110万円以上の場合)を

納めていれば問題はありませんが、相続時精算課税の場合は

翌年までに手続きをする必要があります。

多分、どちらもされてない場合は、税務署でのご確認になると

思いますが、実際に管轄の税務署で、お兄様のことがはっきりしてから

ご確認されると良いと思います。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
重ね重ねご回答ありがとうございます。

成年後見人についてですが、私自身が後見人として申し立てした場合、相続に関しては利害関係が生ずるので『特別代理人の申し立て』が必要と聞いたことがあります。
この、特別代理人は私の知人でも大丈夫なのでしょうか?
成年後見人と一緒に申請出来るのですか?

また、特別代理人となった場合、遺産分割協議等に常に顔出しなどしていただかないといけないのでしょうか?
行政書士さんや司法書士さん等になっていただいた際は、その都度謝礼なども必要なのでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

まず一般的なお話です。

あくまで成年後見人は、被後見人の方が亡くなるまでの話で

亡くなった後の、問題は、死後事務委任契約をしていないと

成年後見人は関わりません。死後事務委任契約は、任意後見から関わるので

法定後見ではない考え方です。

 相続の場合は、相続人間で遺産分割協議をするのですから

特別代理人と言う考え方は必要ないと思われます。

 ただし、今回のケースのように利益相反行為にあたる場合は

お父様の相続において、ご相談者様がお母様の成年後見人になるのですから

同じ相続人同士と言うことで利益相反行為になります。

この場合は、家庭裁判所に特別代理人を選任してもらうことになります。

 そうなると、どういう方が関わるかわかりません。

たいてい弁護士の先生が選任されますので、結構報酬額がかかる可能性はございます。

逆に、お母様の成年後見人を、頼れそうな行政書士の先生にご依頼すれば

比較的安く済むと思います。

今後のことも考えても、その方が、ご相談者様のご負担は軽くなると思われます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問