JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級職合格。
62133260
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

相続にまつわる損害賠償判決を8年前に受けました。 強制執行のついたものです。 原告5名私たちは被告5名です。

質問者の質問

相続にまつわる損害賠償判決を8年前に受けました。
強制執行のついたものです。
原告5名私たちは被告5名です。
原告の中心人物Aは、原告の他の4人には遺留分放棄のをさせ、
被告の2名には強制執行をちらつかせ、代物弁済承諾書にを判を押させています。
◎こういう状況でも判決は時効までそのままな生きるのですか?
◎原告Aの要求できるのは判決で言い渡された金額なのですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。この度は大変な事態に遭遇されまして、心中お察し申し上げます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

原告の中心人物Aは、原告の他の4人には遺留分放棄のをさせ、

遺留分を放棄させるには、家庭裁判所の許可が必要です(民法1043条)。家庭裁判所の許可を得たものなら有効ですが、それ以外の方法では認められません。

 

被告の2名には強制執行をちらつかせ、代物弁済承諾書にを判を押させています。

判決は通常は強制執行が出来るものです。従って、両者が合意すれば代物弁済承諾書は取り交わせますが。 「ちらつかせ」となっていますが。どのような様子だったかは当方は知る由もないですが。 方法次第では、無効または取消の対象になることはあり得ると思います。


◎こういう状況でも判決は時効までそのままな生きるのですか?

(代物弁済承諾書の件は別として)判決自体は有効だと思います。
◎原告Aの要求できるのは判決で言い渡された金額なのですか?

特に定めなかった場合は、法定利息である年5分の利息が発生すると思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
遺留分を放棄させるには、家庭裁判所の許可が必要です(民法1043条)。家庭裁判所の許可を得たものなら有効ですが、それ以外の方法では認められません。

すみません、説明が不十分でした。
代物弁済承諾書にサインした、ということでした。原告の一人は、Aが相続する 、とあったので放棄と同じと考えたようです。

強制執行については、給料の差し押さえ等するぞ、などです。
その他にも、身内を使って同情めいた電話をかけさせ判を押せば終わるんだ、というようなアメとムチを使います。

◎代物弁済承諾書は、全員のサインが必要と思うのですが、Aが痺れを切らして強制執行をしてしまったら了承済みのものは紙切れになるのでしょうか?

◎-それと、強制執行は、判子を押さない被告だけ、とかいうことはできるのでしょうか?ー

◎そもそもなにも相続していないのに、うけるべき相続人に対して損害賠償なる訴訟というのは、けっこうある話なんでしょうか?








相続・遺言 についての関連する質問