JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 4624
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

はじめまして。 遺産分割が調停から裁判へ移り、和解で決着しました。 原告の一人として委任状を代表者に託したのです

解決済みの質問:

はじめまして。
遺産分割が調停から裁判へ移り、和解で決着しました。
原告の一人として委任状を代表者に託したのですが、弁護士報酬を払えと言われました。
明細を見せてほしいと言ったのですが、「立て替え払いをしたので早く払え」と電話で毎日言われます。
弁護士事務所の方に直接明細を問い合わせても良いものでしょうか?
弁護士との契約にしても、方針にしても何も聞いてもいませんし、釈然としません。
どうか、よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 相続・遺言
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 本来は、訴訟に関することですから、弁護士の先生がよろしいかも

しれませんが一般的なアドバイスを差し上げます。

 一般的に、民事訴訟においては、敗訴した方が、裁判費用を支払うことに

なっています。とは言え、弁護士費用は含みません。

裁判費用自体は、かかって数万円で、弁護士費用が相当な額になります。

例外と言う訳ではありませんが、民事訴訟の不法行為の慰謝料請求の場合は

相手の弁護士費用を支払うように言われることもあります。

不法行為が無ければ弁護士の先生を雇う必要も無かったと言う考え方です。

今回は、遺産分割の裁判ですし、裁判上の和解となれば和解調書が出ている訳で

和解調書に弁護士費用を支払うか書かれているかどうかです。

それ以外は、弁護士費用は、勝訴しようが敗訴しようがご依頼した方が支払うしかないのです。

そう言いう意味では、今回は、複数人で弁護士の先生を雇ったと言う形であれば

その人数で弁護士費用を頭割りするのが妥当かもしれません。

 ただ、弁護士の先生の費用が、口約束的なものではないでしょうから

本来は明細があるのでしょうが、その方が横領でも企んでいるのかもしれません。

遺産分割関係の弁護士費用は、一般的なものよりも高いはずです。

 当然、ご相談者が直接、弁護士事務所にお伺いされても全く問題は

ありません。

 ただ、弁護士の先生にご依頼して、裁判方針等を教えなかったのは

対応としてはまずいでしょうね。そこは、その代表の方に苦情を言って少しは譲歩して

もらっても良いでしょう。

他の原告の方もいれば、共同して、そのような不正があれば

問い質した方が良いでしょうね。

弁護士費用が判明したら、妥当な額を支払うと内容証明等で伝えると良いでしょう。

内容証明等の作成は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると

良いですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問